海外研修・レポートの書き方

pixta_tegami_01

海外研修へ行ったら、学校や会社等からレポートの提出を求められます。学校、会社が、海外旅行を行った目的を理解した上で、取り組めていたのかどうか、それが分かる内容にすれば問題はないでしょう。しかし読む人がわかりやすく、海外研修の成果がわかりやすいレポートにする必要があります。気をつけなければいけない点をしっかりと押さえた上で、読む人にとってわかりやすく、読みやすい、そして自分を評価してもらえるような文章を書くことが重要です。

 

  1. 1.5W1Hを上手に使いこなす
  2. 2.作成時の注意点について
  3. 3.理想的なものに仕上げるために
  4. 4.見栄えを綺麗にする
  5. 5.わかりやすいものにするために

 


5W1Hを上手に使いこなす

pixta_tegami_02

海外研修のレポートを作成する際の書き方ですが、重要な点として5W1Hの使い方です。これが使えるかどうかでただの感想文なのか、それともレポートなのかそれが違ってきます。誰が、何を、いつ、どこで、なぜしたのか、どのように、これがしっかりと盛り込まれた内容でしたら読んでいる側もイメージしやすいですしわかりやすいはずです。

 

文章を作成する上で書き方としてはとても重要なことで、身につけておくべきことです。これを踏まえて書くのと書かないのとでは内容に違いが出てきます。ただの感想文で終わってはいけませんので、レポート全体をしっかりと構成するためにはこれを身につけなくてはいけないでしょう。

 


作成時の注意点について

pixta_tegami_03

レポートを作成する際に注意点がありますので見ておきましょう。注意点を押さえておくことでクオリティがあがりますし、身につくまでは意識して書かなくてはいけないかもしれませんがただの感想文で終わらないためにも重要なことです。まず語尾を統一することです。まとめているのはあなた個人です。

 

会話調でまとめるのもおかしいのに文章の中で口調が違う筆者がいればおかしいので統一してください。語尾の表現が入り乱れていると統一感もなくなりますし、ビジネス文書として使えないことになります。ですます調でいくのか、だである調でいくのか統一させましょう。そして次にまっすぐに書くことです。

 

これは歪ませて書かないという、書き方の問題ではなくて、話をそらさないということです。書いているうちにだんだん本題から逸れてしまう人が居るのですがそれではいけません。学んできた内容から大きく逸れないようにしっかりまっすぐに書く事を意識しましょう。

 


理想的なものに仕上げるために

pixta_tegami_01

まずは目的に合わせましょう。なんの目的で書いているのか、それを明確にします。一言で報告するなら50時程度、簡単に報告するスタイルなら200文字ですし、報告書として提出するなら400文字1枚で要旨を書いて、その後2枚から3枚で詳細の内容をまとめていきます。構成のつくり方についてですが、最初に覚えておきたいことは表題はない仕様の趣旨にすることです。そして内容趣旨は詳細内容というようにします。

 

標題>内容趣旨>詳細内容、これが流れとして内容に組み込まれている必要があります。こうした書面を書き慣れていないと、どうしても標題から順番に書いていこうと思っても難しくなるのですが、頭の中でレポートが仕上がっているなら問題ないかもしれませんが、そんな人はなかなか少ないと思いますので、最初は詳細内容から書き始めると意外とスムーズに最後まで書ききることが出来るでしょう。

 


見栄えを綺麗にする

pixta_tegami_01

やはり内容がどれだけ良くても見栄えが悪くては読む気がしません。見やすい、読みやすい、これは高く評価するポイントでもありますので、見栄えにも注意しましょう。そのためには文章がまとまっていること、適度に余白を入れていることが重要です。読んでいて目のやり場に疲れるようなものではいけないのです。

 

文字がびっしり詰まっているのでは読みにくいので、読む一言を考える必要があります。そして構成、レイアウトですが、整っているものにするためには、一文の長さ等も工夫する必要があるでしょう。また一番わかってもらいたい点がひと目でわかるかどうかも重要です。

 


わかりやすいものにするために

pixta_tegami_01

わかりやすく仕上げるためには上司から高い評価を付けてもらいたいという考えを最初からもって作成していてはいけません。それでは何のために書いているのかわからなくなります。率直で取り繕うことがないようなまっすぐな研修の結果、感想を書いたほうがいいでしょう。思っても見ないことを書いたり、心にもないことを書くようなことがないようにしましょう。人の書いたものを例文として参考にするのもいいでしょう。

 

例文丸写しはいけませんが構成やレイアウトの参考になります。こうしてスキルをちゃんと身につけて、読みやすく、わかりやすいものを仕上げることが出来れば、高く評価されますし、自分が海外で何を学んできたのか、成果として得られたものがなんなのか、今後の自分にとってどのように役立つのかということが相手に伝わりやすくなります。相手に何かを伝えたいと思っているのなら、それなりに構成を考えたりレイアウトも工夫して読んでもらいやすい内容にしなければいけません。

 

レポートの書き方やビジネスの書類の書き方などは下記の記事も参考になります♪
タイトル:フィールドワークレポートの書き方
タイトル:店舗見学レポートの書き方
タイトル:会社レポートの書き方
タイトル:旅行レポートの書き方

知っておきたい封筒の宛名の書き方

大人のマナーとして文字を美しく書くことは重要ですが、さらに冠婚葬祭などの様々なシチュエーションにあわせられる文章・文字の作成は品格を左右することから知っておきたい情報の1つでもあり...

入学の辞退届の書き方

入学の辞退届を書く場合、まず書く前の心構えが問われます。書く人のバックグランドに応じて書き上げることが大切になってくるからです。   1.入学辞...

手紙の書き方とお礼:お客様

お仕事をされている方の中には直接お客様の応対をする接客業などをされている方は多いとされていますが、何か商品をお買い上げいただいた時などに合わせて、商品の使い心地などを確認す...

商品のお礼状の書き方~ビジネス~

  1.注文された商品を贈るとき 2.お礼状の書き方 3.お礼状のポイント   注文された商品を贈るとき ...

文章を違和感なく書くコツ

仕事やブログ、はたまたメールなど、日ごろ文章を書く機会はとても多いかと思います。「こんな文章でいいのかな?」「あれ、これはおかしくないかな?」そんな悩みや不安をちょっとした書き方の...

ブログの書き方について

今は自分でブログを書く人が増えています。なぜブログを書こうと思うのかは人それぞれです。   例えば、自分の日記として日々を残したかったから 新しい自分を...

縦書き封筒の書き方

手紙の宛名、差出人名は相手が初めて目にする場所です。楷書で丁寧に、読みやすい字で書いて、良い第一印象を与えましょう。封筒には縦書きと横書きがありますが、相手が目上の方や改ま...

1月の挨拶(書き出し・文頭)の例文と時候の挨拶と書き方

きちんとした手紙を書く際には 書き出しにその季節を表した文章を付け加えることがあります。これを時候の挨拶といいます。これらは、月ごとにある程度用いられるものが決まっており、1...

レポートの書き方で評価が決まる

教育の現場において、特に大学生の場合にはレポートとよばれる課題を提出する場面が多々でてきます。それぞれの科目によって学習課題も異なり、レポートの書き方も連動して異なってきます。 ...

前職の年末調整の書き方

  1.年末調整とは 2.年末調整の対象となる従業員 3.年末調整の対象とならない従業員 4.前職がある場合はどうなるの? 5.源泉徴...

スポンサーリンク