10月の挨拶(書き出し・文頭)の例文と時候の挨拶と書き方

季節によってそのときの書き出しや文頭が変わることがあります。これを時候といいますが、月ごとにかわる場合もあるということです。たとえば、秋になり、季節が変わったことがわかるようなころには、紅葉の候、ご健勝にてお過ごしのこととお慶び申し上げます、という始まりで文章を書き始めることがあります。

 

これはたとえば、10月の挨拶として文頭に書かれることがあるということです。錦秋の候、貴社益々ご隆盛のこととお慶び申し上げます、という文章や、秋晴のみぎり、ご機嫌も麗しくお過ごしのこととお喜び申し上げます、という文章を書くこともあります。

 

季節をあらわす言葉として

錦秋、というものや、秋晴という言葉を文章の頭につけるのです。そうすることで、季節もわかりやすいですし、だいたいの言葉で10月の挨拶だとわかるといいます。

 

親しい人へ送る場合の文章では、爽やかな秋晴れの今日この頃、皆様にはご健勝にて祝着に存じます、という風に書くと季節を感じさせる文章になり、また、相手のことを考えている雰囲気も伝わります。

 

もう少しくずした文章にするときは

いよいよ食欲の秋本番になりますが、美味しい秋の味覚を堪能していますか、という風に、季節をイメージさせるアイテムのような言葉を入れておくというのも素敵です。10月の挨拶としては、運動会や紅葉、読書、芸術など秋をイメージさせる言葉を取り入れるとわかりやすいです。

 

書き出しの文章は

季節を感じることができたり、その月をイメージさせる言葉を付け加えておくといいです。ビジネスでもプライベートでも、使えます。また、その人の興味のあるものを文頭に持ってきてもいいです。装いの季節になりましたがお気に入りのアイテムは見つかったでしょうか、という風に、秋のおしゃれを楽しんでいますか、というおしゃれが好きな人への挨拶になるのです。

 

ビジネスの文章としては

改まったものが多くあるので、いくつか常套句として使われることがある文章を選んでおくといいかもしれないです。たとえば、菊花の候、皆様ご清祥のこととお喜び申し上げます、という文章では、菊、という花が10月を指しています。

 

菊の花は10月の中旬から下旬が咲いていることが多いので、10月には最適です。灯火親しむの候、お元気にてお暮らしのこととお喜び申し上げます、という少し古風な書き方も人気がある文章です。

 

お客様の年齢や相手との距離感によって少しだけ文章を変える、という人もいます。ビジネスで使われる文章は親しい人へのものとは違い、正しい敬語と丁寧語が大切です。その文章で相手に不快な思いをさせてしまうこともあるので、気をつけて書く必要があるのです。

 

社会人にとって、言葉遣いはその人の印象を左右するものでもあります。なので、礼儀正しく、その場にふさわしい文章を書けるようにしておくと、印象がよくなることが多いということです。

 

また、相手への配慮を出来るということは会社のイメージもよくすることができるので、美しい文章というものを意識するようにしておきます。

 

天高く馬肥ゆる秋、ますますご繁盛のほどお喜び存じます、虫の声が秋を思わせるこの頃、皆様方にはお変わりございませんでしょうか、などその季節のイメージのあるアイテムといってもいい言葉を取り入れるというのもいいです。

 

その季節に感じる自然の風景を思い浮かべる言葉を加えるというのもいいということです。時まさに収穫の秋、ご多忙のことと存じます、という収穫という言葉を入れたり、菊の香りゆかしく、皆様ますますご健勝のこと、という風に先ほども書いたように、菊というアイテムで秋を連想させるというのもいいです。

 

季語というものがありますが

それを文頭にもってくることで、季節の挨拶にふさわしい文章を考えることもできます。秋というと、秋涼、爽涼、仲秋、夜長、秋麗、清秋、紅葉、錦秋という風にいろいろなものがあるのですが、使うときには、新涼のみぎり、秋晴の候、爽秋の折という風に使います。

 

ほかにも、結びの挨拶としてもいろいろなものがあります。紅葉が美しい季節です、ご壮健にお過ごしください、というものや、少しラフな書き方になると、ビールより熱燗が恋しい季節になって秋の味覚も楽しみですね、という風に書くというのもいいです。

 

季節ごとに感触が変わる風を取り入れて、朝夕はすっかり冷え込んできましたがお元気でお過ごしください、と書いたり、過ごしやすい季節になってきましたが無理をなさらぬようお気を付け下さい、という風に相手を気遣いながら季節のことを伝える文章もあります。

 

その月々で季語を変えたり、書きはじめを少し変化させるだけでも文章のイメージはまったく違うものになります。なので、いつも同じ文章で送っている場合などは、少しだけ季語を取り入れたりするといいかもしれないです。季節の挨拶は多くの例え方があるのでいろいろな文章を考えることができます。

 

他の挨拶の情報を知りたい方は、こちらもご覧ください。
タイトル:10月の挨拶(結び・文末)の例文と結びの挨拶と書き方

勧告書の書き方

勧告書は人にある行動を勧めるための書類のことです。行動を改めるように推奨する警告文としての意味合いもありますし、企業や団体を退職することを勧めるための文章としても使用します...

文章の書き方について

文章だけでなく、会話についてもあてはまることではありますが、「起承転結」という言葉があります。その内容は、話や文章の構成のことをさしています。   つまり「起...

中国 ビザの申請書の書き方

  1.ビザ申請書について 2.本人情報に関しての書き方 3.訪中情報に関しての書き方 4.家賃、仕事あるいは学習に関しての書き方 5...

手紙の書き方のポイント

ハガキやラブレターなども厳密に言うと手紙となっており、封書に入れなければならないなどといったルールが無いということを記憶しておいてください。   ...

出席可否の書き方

結婚式やパーティといった華やかで和やかな雰囲気の中で行われるイベントは、出席した人も変えるときには何となく幸せな気持ちになれます。   1.出席...

上申書の書き方

上申書とは、様々なケースで書く事になりますが一般的には部下から上司に対して意見を書いた文書を提出する書式になります。もともと上申書は、中国から来たものです。天子に文書を奉る...

突然手紙を書く際の書き方・例文

  1.一般的な手紙のマナー 2.突然の手紙の書き方 3.手紙を出すときのマナー   一般的な手紙のマナー ...

読書感想文の書き方:高校の出だし

読書感想文で必要なのは当たり前ですが本ですね。しかしどのような本を選ぶかで読書感想文の中身は違ってきます。本自体は薄いにもかかわらず内容が濃いものだと、感想文がすごく長くな...

論文の書き方:社会科学 経営学 日本経営史

大学などに入学しても、当然、試験がありますが、七自由科と称される、いわゆる一般教養試験以外の試験は、その殆どが論文試験です。全てと言ってもよいでしょう。論文ではない試験は、...

祝辞の書き方

小学校や幼稚園などのPTA会長になった場合に、学校・園内の各行事において挨拶をする場面が数多くあるでしょう。入学式や卒業式など大事な場面での挨拶を考えるのはとても大変ですし...

スポンサーリンク