お礼文の書き方

pixta_tegami_01

人間、生きていればさまざまなシチュエーションでお礼文が必要となってくることがあって、書き方、作法を知っておくと必要となった時に役立つのです。それではお礼文はどういった場面で必要とされるかというと、プライベートとビジネスシーンの二通りがあるのです。

 

  1. 1.お礼文が必要となる時は
  2. 2.はがきに書くときのポイント
  3. 3.手紙に書くときのポイント
  4. 4.メールでのポイントとは

 


お礼文が必要となる時は

pixta_tegami_02

人間、生きていればさまざまなシチュエーションでお礼文が必要となってくることがあって、書き方、作法を知っておくと必要となった時に役立つのです。それではお礼文はどういった場面で必要とされるかというと、プライベートとビジネスシーンの二通りがあるのです。プライベートに関しては今さら説明する必要もなく、感謝の意を伝えるために送るものです。

 

例としては広い意味で助けられた、お祝いの品をもらったなど、普通に暮らしていれば思い当たることは多々あるはずです。最近では電話やメールなどを使うことも多いのですが、儀礼的なものが求められることもあるので、そういった時は書状の形をとった方がいいのです。もっともメールに関してもお礼文として構わないケースもあって、相手との親しさによって媒体を選択するのが大切になってくるのです。

 

それではビジネスシーンの場合はどうかというと、商品やサービスを提供している場合、それらを購入してくれた相手に対して、返品や相談事などの場合、さらにはクレームを訴えてきて解決した後などがあります。こういったものに対してはその後にリピーターとなってくれる可能性が高いので、

 

積極的に行っていくことがよいのです。それゆえメールよりも手紙やはがきといった形状の方がよく、仕事の場合は雛形を作っておけば時間を短縮できますので予め作成しておくことが望ましいのです。ただし同じ文面にするとおざなりな印象を与えてしまうので、その時々で変えていくことが求められます。

 


はがきに書くときのポイント

pixta_tegami_03

それではお礼文を書くとして媒体をどうするのかを考える必要があります。はがき、手紙、メール、どれも可能となっていますが、それぞれメリットとデメリットがあるのです。でははがきの場合はどうかというと、まずは特徴を知ることが大切です。ポイントとしては内容を書くスペースに限りがあるということ、長文を作成しなくていいというのが大きいのです。

 

また写真やイラストなどを利用することで、季節感やオリジナルティを演出することができますので、ショップや企業からのお礼文を書くのに適しているのです。ではビジネスシーンの書き方として必要なポイントはなにかというと、お礼状というのは、特にはがきの場合はシンプルなものがよく、気候の挨拶なども必要はないのです。

 

拝啓などの頭語からはじまって、お礼、それが必要となったシチュエーションの説明、そして感謝の意と結語というのが基本になります。ただし頭語と結語は拝啓と敬具のように必ずペアになっているものを使用することが大切です。そしてプライベートの場合ですが、こちらに関しては親しさによって書き方や内容も変わってきます。

 

同じくはがきというスペースが限られているものなので簡潔さが求められ、内容がすぐに理解できるものが良いのです。ただし相手によっては文体をあえて崩すことも可能となってきて、年齢や親しさなどによって変えるのもよく、相手に合わせた文章にすることが望まれるのです。またデザインなども相手に合わせたものを選ぶのがいいでしょう。

 


手紙に書くときのポイント

pixta_tegami_01

はがきに対して難易度が高そうに感じられる手紙ですが、書き方を学んでおけば特に問題になることはなく、むしろバリエーションが広がるだけはがきよりも書きやすい場合もあります。ただしポイントとしては封筒があること、宛名の書き方から学ぶ必要があるのです。個人の氏名の後は様、企業や部署に出す場合は御中と使い分ける必要があるのです。
 

まずはそこから始める必要があって、次に中身になっていきます。日本語で書かれることの多い縦書きを例にすると、頭語となる語、「拝啓」などは一文字下げずに書き、各段落の書きはじめは、一文字下げて書いていきます。そして文中で自分について述べる場合には、行の最後につめて書き出し、続く文章は次の行の先頭から書いていくのです。

 

また結語となる「敬具」などは、行の一番下から1~2文字上げて書いていきます。また拝啓なら敬具というようにペアになる言葉を使うことが大切になってきます。さらに差出人の名前は、行の一番下のラインに揃えて書き、日付けは行の上から1~2文字下げて書き出し、宛名は行の一番上から書き出していくのです。

 

またはがきに対して手紙、便箋は文章量が多くなるので気候の挨拶などからはじめていくことが大切となってきて、また相手の健康や安否を尋ねるなど、さまざまな必要事項が出てくるのです。もちろん形式に則って書くことが求められるのですが、これも相手によって変えていくことが大事になってきて、これも相手に対する思いやりとなるのです。

 


メールでのポイントとは

pixta_tegami_01

では近年、多くなってきたメールでの場合はどうかというと、これも従来通りのマナーを守って書いていけば問題はないのです。ただしメールというのはやはり軽い印象があるものなので、正式なお礼のものとして使用するのはやや格式にかけるものとなってしまうのです。それゆえシーンによっての選択が重要となってくるのです。

 

ただしメールというのは即座に、多くの人に送れるという利点があるのです。それゆえ正しく使えば効果的なものとなってくれるので、しっかりと選択することが大切になってくるのです。そしてもっとも大切なのはお礼文はなるべく早く出すことで、それこそが重要となってくるのです。どういったシーンに利用するにも、マナーを守ること、そして気持ちを込めることが必要となってきて、また手書きの場合は丁寧に書くことが大切です。

 

お礼文というのは堅苦しくも感じられますが、大切なのは感謝の気持ちを相手に伝えることであり、そういった気持ちで書くことが大切となってくるのです。またマナーというのは必要に応じて作られていったものなので、読みやすいようにと考えていけば特に大変なことではないのです。

 

お礼文というのはプライベートやビジネスシーンで必要となってくるもので、書き方やマナーを知っておくことでスムーズに進むことがあり、社会人になったのなら学んでおくことが求められるのです。難しいものではないので、最低限のポイントを押さえておくこと、そして気持ちを込めることが大切なのです。

 

自動車検査証返納届出書の書き方

ナンバー登録をして公道で走れる軽自動車の使用を一時的に中止するとき、一般的にナンバープレートを返納して廃車の手続きをしますが、このときに提出する書類のことを自動車検査証返納...

出産手続き申請書の送付状の書き方

一般的に出産手続き申請を行う場合は、例えば出産手当金の送付状を会社へと送ることで出産手当金を受け取るときなどに申請を行います。被保険者が出産のために会社を休むなどをしたとき...

文章の書き方

文章を書かなければならない場面というのは案外多いものです。報告の場かもしれませんし、主張の場かもしれませんし、ともすると誰かに手紙を書く場合、というのもあるかもしれません。...

調査記録の書き方

調査記録とは何らかの実験、何らかの業務内容、何らかの実質現状などを調査した後に、第三者に調査報告という形で提出する書類のことを指します。   1...

自己アピールの書き方のヒント

まず、企業が自己アピールを求める理由を知ることが、自分の長所を正しく伝えるヒントになります。自己アピールでは、自分がどのような人物であるか示すだけでは不十分です。 &...

説得力のある文章構造のノウハウについて

文章の書き方について書いていきます。自分の思っていることが正しく伝わらず、誤解されたりすると、書き手としては非常に残念に思います。そこで、そのようなことがないように、自分の意見を正...

エントリーシートの書き方について

  1.志望企業や志望業種への 2.また、その会社を選んだ理由を書く事も大切です。 3.言葉で指摘するかはともかく 4.片思いで終わらせない為にも ...

EMS宛名の書き方:会社宛

受け取り人の名前を英語(アルファベット)にして送りたい時はもちろんアルファベットで送られると、相手の受け取り人の方は喜ばれますのでおすすめです。宛名は英語で良いのですが、住...

文章で主張を明確に提示する方法とは何か

  1.自分が何を感じているのか 2.しかし、文章には言葉とは異なるメリットも存在します。 3.どんなによい主張であっても   情報...

貸金裁判の陳述書の書き方

貸金裁判の陳述書は、民事の訴訟で訴えた本人から提出される書類のことです。証拠の一つで、本人の署名が必要になります。決められた定義はないのですが、本人の署名と日付を記載されて...

スポンサーリンク