懸賞のはがき書き方

pixta_tegami_01

懸賞はがきを出す際に、欠かせないのがクイズの答えや所定のキーワードが必要になるので、まず、一番先に分かりやすく記述しておきます。この点があやふやでわかりづらい文字で書いたり、隅の方に書いたりすれば、受け付けた会社などが見落としてしまう可能性もあり、その時点で条件を満たしていないと判断される場合もあるので、注意をしましょう。

 

  1. 1.答えやキーワードを明確に
  2. 2.応募シールなどはしっかりと貼る
  3. 3.感想や要望などを書き添える
  4. 4.あて名や個人情報を抜かり書く丁寧に書く

 


答えやキーワードを明確に

pixta_tegami_02

懸賞はがきを出す際に、欠かせないのがクイズの答えや所定のキーワードが必要になるので、まず、一番先に分かりやすく記述しておきます。この点があやふやでわかりづらい文字で書いたり、隅の方に書いたりすれば、受け付けた会社などが見落としてしまう可能性もあり、その時点で条件を満たしていないと判断される場合もあるので、注意をしましょう。

 

出来るだけ、答えやキーワードは目立つように大きく明確に書くことで分かりやすくなるので、それだけ受け付けた会社なども一目で条件を満たしていると判断してくれます。
答えやキーワードは、正確に記述されているかを確認するので、丸い枠を書いてから丁寧に記入をしていきましょう。

 

大文字や小文字の違いも注意して記入するようにするためにも、丸い枠を予め書いておくと間違いを無くせるようになります。要は、受け取る側に見やすくはっきりとした文字で丁寧に記入することを意識して書くのが、懸賞はがきの書き方のまず第一歩だといえます。住所や年齢、氏名、電話番号などの自分の個人情報を書くことに意識が行ってしまったり、

 

応募に関して商品の感想や要望を書いたりすることに意識が行ってしまうために、肝心の答えやキーワードを忘れてしまったというケースも少なくありません。それでは、条件を満たせないので、非該当となってしまうので元も子もありません。そのためにも、まず、はじめに答えやキーワードを記入することを意識して書き始めるようにすることを心がけるようにしていきましょう。

 


応募シールなどはしっかりと貼る

pixta_tegami_03

懸賞はがきに必要な条件として、商品を購入してそれについている応募シールを貼ることが条件になっている場合があります。応募シール以外でもバーコード部分やシール部分を切り取って貼る場合もあるので、応募の条件を満たしているかどうかをまず確認をしましょう。それらの応募シールなどを貼る際には、枠が予め用意されている専用はがきの場合にはその枠内にしっかりと貼っていきます。

 

自分で用意したはがきでも応募できる場合にも、出来るだけきちんと枚数が分かるように貼りつけて行きます。糊では剥がれ落ちてしまう可能性もあるので、セロテープが適しています。きちんとわかりやすく貼ることで、受け取った会社などが分かりやすいということももちろんあるのですが、送る自分も枚数の確認が出来るので、不足しているというような事態にならずに済むメリットもあります。

 

懸賞を募集している企業や会社では、応募シールなどを貼りつける際に枚数によっても、プレゼントのコースが違う設定をしている場合もあるので、詳しい募集内容を商品のパッケージや公式サイトで確認をしておくのが賢明だといえるでしょう。どこのコースを選ぶかも、

 

しっかりと明記をしておく必要があるので注意を行ってください。コースを選ぶ記載がないと、条件を満たしていないと判断されてしまうこともあるので、じっくりと確認をしておくようにしましょう。せっかく集めた応募シールを無駄にしないためにも、入念な確認をしておくように心掛けましょう。

 


感想や要望などを書き添える

pixta_tegami_01

懸賞はがきを出す際に、感想や要望も適切にまとめて書くと受け付けている企業や会社の目に留まりやすくなります。たとえば、商品を実際に使ってみた上での感想や食べ物や飲み物であれば味わいにどんな感想を持っているかを、ありのままに書きましょう。企業や会社は、消費者の生の感想を求めているので、ありのままに書く方が役立つといえます。
 

その後の商品開発やコスト面の改善などに大いに参考になる消費者の声ですので、出来るだけ省かずに記入をするのがお勧めです。それだけ、感想や要望の記入をしてくれている応募者であれば、当選の確率が上がる可能性も出てきますので、自分なりの思いを自分の言葉で書くように意識をしてみましょう。

 

要望の場合には、商品を実際に使ってみて使い勝手がもう少し改善してくれたらいいと思う点などを出来るだけに具体的に書くようにしてみましょう。消費者からの声を反映して、商品をより使いやすく改善することのヒントにするので、企業や会社側としても参考になる要望は歓迎してくれるからです。

 

懸賞はがきを書く場合には、こういった点にも注意をして出来るだけ伝わりやすいように工夫をして書くことで、印象に残りやすくなるメリットも得られるので、それだけ当選枠に入りやすくなる可能性も上がるかもしれません。ちょっとしたひと手間ですが、まじめに考えて言葉にすれば、注意深く企業や会社は読んでくれている場合が多いので、書く際には意識をしてみることをおすすめします。

 


あて名や個人情報を抜かり書く丁寧に書く

pixta_tegami_01

最後に、懸賞はがきを出す際の書き方で注意が必要な点は、個人情報を抜かりなく書くことです。応募の内容によっては、住所、電話番号、氏名、年齢などだけではなく、メールアドレスの記載を求められる場合もあるので、募集している内容に応じてきちんとわかりやすく記入をしていくようにしましょう。

 

この点は、懸賞で当選した場合に、送られてくる時に欠かせない内容ですので、不備があったり見えづらい書き方をしていたりすれば、きちんと配送されなくなる可能性もあるので、丁寧に分かりやすく書くことが重要です。また、懸賞はがきのあて名もしっかりと間違いのないように記入していくようにしましょう。

 

専用はがきがある場合には、予め、あて名が記載されているのでその心配はいりませんが、自分で書く場合には正しく書くようにしなければなりません。懸賞を行っている会社や企業は、様々な部門があることが多いので、同じ会社内に配送されたとしても部門が違っていることでしっかりと募集先へ届かない、あるいは、遅れてしまう可能性が出てきます。

 

そのためにも、あて名を間違いのないように抜かりなく正しく書くことが重要です。公式サイトを見ても良いですし、商品のパッケージを保存しておけば、間違いなく書けるようになるので捨てないようにしておきましょう。最終的にあて名を書くところまで済ませれば、懸賞はがきのすべての記入が確実に出来た状態になりますので、懸賞の募集期間や締切日を確認した上で投函をしましょう。

 

産地証明書の書き方

産地証明書は、手書きは認められていません。必ず、プリンターで印刷してください。記載が必要な項目は10項目です。また、英語で記載するため、スペルミスや書式には十分注意が必要で...

ブログの書き方について

今は自分でブログを書く人が増えています。なぜブログを書こうと思うのかは人それぞれです。   例えば、自分の日記として日々を残したかったから 新しい自分を...

「ご多様・ご多忙・お忙しいところ」の違いと使い分け方と書き方

先方に対して用件を伝える場合、あるいは、依頼などの本文に入る前の前置きとしてや詫びとして、使う言葉では「お忙しいところ申し訳ありませんが」や「お忙しいところ恐れ入りますが」という文...

企画書のコンセプトの書き方

仕事で新しい取り組みを行うときに必要なのが企画書です。コンセプトなどをしっかりして正しい書き方をしないと事業そのものが失敗しかねないです。誰にどのような商品を売っていくかを...

「幸甚」の意味と例文と書き方

幸甚という言葉。普段の日常生活を送る上ではなかなか聞きなれない言葉です。まず読み方ですが、「こうじん」という風に読みます。幸という字はまさに読んでそのままの「幸せ」という意味でつか...

旅行反省会手紙の書き方

旅行反省会手紙の書き方についてですが、これは主に大勢で行く旅行を企画した幹事や数名でも一緒に旅行を行った人に対して送る手紙です。反省会とは名前がついていますが、反省すべき点...

質問状の書き方

質問状は仕事でもプライベートでも簡単に利用することが出来、テンプレートに沿った書き方をするだけで初心者でも楽に記入することができます。また、相手にも失礼がないですし、わかり...

反省文(社会人)の例文とマナーと書き方

社会人の書く反省文は、学生が書くものとはやはり異なります。 また、業務の中で発生した不始末や失敗を記す書類には始末書もありますが、反省文は始末書とは少し異なります。 &...

手形領収書の書き方

現金の持ち合わせがない場合に代わりに用いる手形領収書にも、正しい書き方が存在します。基本的には表には手形を支払った人、裏面には受け取った人の情報が記されています。 &...

欠席するときの手紙の書き方

小学生の子どもが学校を欠席するとき、保護者は学校に電話で連絡しなくても連絡帳に欠席の連絡を書いてお友達に届けてもらうことができます。   1.小...

スポンサーリンク