レポートの書き方で評価が決まる

教育の現場において、特に大学生の場合にはレポートとよばれる課題を提出する場面が多々でてきます。それぞれの科目によって学習課題も異なり、レポートの書き方も連動して異なってきます。

 

大学までの間は点数によって自分自身が評価されていた科目も、考え・発見を他人に伝えるためにレポートとして提出し、その内容で評価される機会が増えはじめます。ですので、大学生からはレポートの書き方で評価される意識を持ち、真剣に取り組む必要性がでてきます。

 

しかしながらレポートを書くと一口にいっても

書き出し方が分からない・文がまとまらないなどの悩みが多いのも特徴で、コツを掴むことでこうした悩みも解消される魅力があります。

 

例えば、テーマ分析・課題の理解を事前に行うこともポイントの1つです。レポート課題は一定した内容からのものが多いのが特徴で、課題によっては具体的に書き出す内容が明確に示されているケースもあるので、その場合には分析の必要性がないのですが、抽象的な課題である場合には速読してみただけで書き出しに悩む場合が多くあります。

 

例えば、課題についての知識に乏しい場合には基礎学習から始める必要がありますが、分析せずにダラダラと進めるよりも高評価にしっかり繋がりやすい魅力があります。その後、基礎知識を踏まえた上で課題分析へと進みます。

 

分析では例えば

障害者の方の生活とはどういういうものか考えてみるという課題がある場合には、1つ目に生活についての定義・2つ目に障害者の生活を明確にする必要があります。さらに課題への理解として、レポートを書くということは講義などで得た情報・知識をまとめることでもあります。

 

理解を深めることにより

学習内容を淡々と書き出した羅列や感想文などの書き方にはならず、内容を整理して深く掘り下げることができた段階で、伝え・表現することに繋げるとしっかりまとまった文面が出来上がります。

 

さらにインターネットでのみ得ることができる情報である場合には、サイトを引用文献に挙げることもコツの1つでもあり、コピーするのではなく、理解をした上で自分なりの伝え方で書き出します。

 

さらに書式・体裁でのコツとしては

読みにくさがあるアンダーラインを引くのはあまりオススメできず、強調したい部分の論旨が明確である場合に関しては、特定用語を括弧で示す程度にしておくと読み手側も内容がすんなり入ってきます。

 

さらに書き方としてレポートは誰が読むのか、ということにも意識を持っていくことも重要で、文章レベル・語彙の適切な選択を考えるとレポートの評価を高めることに繋げられ、こうした書き方を参考にすることも悩みを持つ方にはオススメです。

 

他のレポートの情報を知りたい方は、こちらもご覧ください。
タイトル:大学での論文やレポートの書き方のコツとは
タイトル:レポート表紙の書き方

レポート表の書き方

大学などで提出するレポートにおいて統計などの資料を掲載する場合、表は欠かせません。文章で説明するよりもわかりやすいからです。しかし、項目をただ並べればそれで良いというわけで...

就活面接作文の書き方

  1.就活面接作文に必要な文章構成 2.内容と構成の関係 3.冒頭の形式の書き方 4.中身の書き方について   ...

謝罪メール(お詫び状・謝罪文)の例文とマナーと書き方

  インターネットが普及し、仕事の場面においてメールは必要不可欠なツールとなりました。時間を短縮して連絡を取れることや、連絡内容に関して記録を残せることなどがメール...

地方法人税の書き方

税金には、毎日の買い物と切り離せない消費税を始め、所得税や法人税、平成27年に大改正があった相続税と、関連性が強い贈与税などのほかに、耳になじみがないところでは軽油引取税や...

フランスの郵便の書き方

フランス語でエアメールを意味する言葉があるので、どちらを使っても問題はありません。しっかり届くので無理にフランス語を使う必要もないでしょう。   ...

小論文の書き方のポイント

  1.小論文とは 2.基本型を抑える 3.反対意見を受け入れることの重要性 4.自分の意見と理由の説明 5.結論できめる &n...

原本証明の書き方

  1.原本証明の概要 2.原本証明の必要な場面 3.原本証明の具体的な書き方 4.原本証明のアドバイスともう一つの方法 &nb...

支払調書の書き方

  1.支払調書とは 2.記入の前に 3.支払調書の書式と注意事項 4.記入項目   支払調書とは 支払調...

離職票の書き方

退職した際に会社から送られてくる離職票。その内容は失業保険を受け取る時に非常に重要になってきます。きちんと確認すればよかった、と後悔しないよう正しい離職票の書き方を知ってお...

感想文の書き方

  1.感想文は本選びから 2.あらすじから書き始めない 3.良いことばかり書かない 4.まとめの部分は前向きに   ...

スポンサーリンク