貸金裁判の陳述書の書き方

pixta_tegami_01

貸金裁判の陳述書は、民事の訴訟で訴えた本人から提出される書類のことです。証拠の一つで、本人の署名が必要になります。決められた定義はないのですが、本人の署名と日付を記載されていることが求められています。

 

  1. 1.貸金裁判の陳述書とは
  2. 2.陳述書のメリット準備書類の違い
  3. 3.貸金裁判の陳述書の書き方
  4. 4.陳述書を書くときに注意

 


貸金裁判の陳述書とは

pixta_tegami_02

人証を行うことがある事件では必ず両関係者の陳述書が提出され、関係者からの主張や書類の証拠が全て出てから提出します。民事裁判ではこの陳述書が利用され、法律上では本人による主張を裏付けるための証拠書類になります。照明したいことを文章や書面にしたものだけでなく、

 

証明したいことをきちんと証拠として残しておくための書類なのです。裁判で何も証拠を提出しないと相手が認めない限り、証拠がない証言になります。証拠として契約書や日記帳などがあれば問題はないのですが、誰かの証拠を証明してくれも出来ないときに陳述書を利用します。誰かの主張や証言は話しただけでは正しいものとはされないので、

 

証明力を高めるためにもこれらの書類を提出します。さらに相手の証言や主張の効力を弱めるためにも、利用することがあります。日本の裁判ではいきなり証人尋問や本人の尋問をすることがないので、事前に陳述書を提出します。これによって裁判官は事前に内容を把握して、的確に裁判を進めることが出来ます。

 

本人が作成する場合や、担当している弁護士が作成することがあります。ただし代理人が作成した場合でも、作成者は名義人になります。内容をきちんと確認して、間違えがないと判断されると裁判所に提出します。

 


陳述書のメリット準備書類の違い

pixta_tegami_03

陳述書を提出するメリットは裁判をスムーズに進めることだけでなく、相手との話し合いをより円滑に進めることが出来ることです。調停や裁判の時間や期間は限られているので、事前に書類を提出することで時間の短縮と効率化を図ります。事前に提出することで裁判官が内容をしっかり理解し、吟味した状態で裁判を始めることが出来るのです。

 

また訴えた本人も事前に書類を作成することで本当に言いたいことや、厳選した主張をすることが出来ます。口で説明するよるも話しのポイントを押さえることができ、裁判をスムーズにすることが出来ます。客観的に自分の主張を確認することが出来るので、感情的にならずに裁判に挑むことが出来るのもメリットの一つです。

 

実際に起きた出来事を文章にすることで、分かりやすくすることも可能です。起こった出来事を通じて自分の気持ちを伝えることが出来たり、裁判官に確実に言いたいことを伝えることが出来るというメリットもあります。貸金裁判では本人の主張が認められるのか、

 

またその主張を裏付けることが出来る証拠があるのかによって勝敗が決まります。訴状や準備書面は事件への主張を書いた書類で、陳述書はその証拠になります。言いたいことを主張したものには、準備書面の他に答弁書などがあります。その主張を裏付けることが出来るのが、陳述書になります。

 

陳述書と同じ位置づけなのが、写真や証言になります。写真などの証拠品がない場合に陳述書を使って、証言や主張を証明します。

 


貸金裁判の陳述書の書き方

pixta_tegami_01

陳述書の始めの項目である「申立人の経歴等」には、過去の収入や職歴、家族関係などのプロフィールを書きます。職歴の欄には就職していた期間を現在からさかのぼって、書くようにします。高校や大学を卒業してから就職した企業や、退職して新しい環境で働き始めたことを活気舞うs。現在に至るまでに就職した会社やその期間、

 

以前の職場を退職したときから新しい職場に就職するまでの期間を記載します。無職の期間がある場合でも、きちんとその期間を記載するようにします。仕事を掛け持ちしている場合も、全ての期間を書くようにします。裁判所によっては現在から何年前の期間と決められているものもあるので、書式に添って作成するようにします。

 

陳述書の5枚目からは、申立者と債権者の現在の関係について書きます。事前に裁判所から届いた書類や、キャッシング会社と交わした契約書などを用意して正確に書くようにします。お金を借り入れた経緯や原因などについて、出来るだけ詳しく説明出来るように作成します。自分の学歴や職歴、

 

収入などを参考に裁判官は判断するので、どのような経緯でお金を借りたのか説明します。見栄を張ったり嘘をついたりせずに、ありのままを書くように注意します。返済状況については返済や借り入れをしていた期間、明らかにトラブルが生じた時期などを書きます。最後には今後の見通しだけでなく、どのような生活を送るのかの意見を書きます。今までの反省点や自分自身の思いなどを全て書いて、正直に作成します。

 


陳述書を書くときに注意

pixta_tegami_01

陳述書を作成する上で一番大切なのは、事実を書くことです。自分に不利となる事実を隠して弁護士に依頼したり、司法書士に申告したりしないようにします。浪費やギャンブルなど貸金と関わった理由など自分の不利となる事実を隠しても、プロの弁護士や裁判官はすぐに見抜いてしまいます。

 

自分に不利となる事実を隠すことで借り入れの時期や内容に矛盾が生じることもあるので、つじつまをきちんと合わせるためにも嘘はつかないようにします。また陳述書は作文と同じなので、時系列にきちんとまとめることが大切です。タイトルは「陳述書」ついて、作成日や作成者、宛先や印があれば書式は決まっていないです。

 

あとは自由に書いてもいいので、分かりやすく簡潔にまとめるように注意します。体験者でしか感じたことがないことやリアリティーがあることを盛り込んで、裁判官に訴え掛けることが出来るような内容にします。証拠は出来るだけ引用するようにして、証拠の裏付けをきちんと行うことが大切です。作文やまとまった文章を作ることが苦手な人は、

 

箇条書きで書くようにします。誰が見ても内容や主張の裏付け内容が分かるように、時系列にまとめるようにします。起こった出来事を時系列に書く古都で、裁判官が読みやすい書類を作ることが出来ます。文章にすると長くなってしまう場合や、言いたいことがまとまらないときも箇条書きでまとめるようにするとスッキリした印象の陳述書を作ることが出来ます。例文などを参考にして、弁護士と相談しながら作ることも大切です。

 

「当方」の意味と例文と書き方

「当方」とは自分自身が属している側を指し示す謙譲語であり、所属している組織や団体等のグループ全体を表現するものです。そのため、自分がその組織や団体等のグループを代表として、相手方と...

例文の書き方

例文は、閲覧する方が作文の参考にする文書です。作文は老若男女問わず生活の様々な場面で必要なものですし、作文の機会があると、しっかりした文書を書きたいと思うでしょう。その需要...

本ののし 企業名の書き方

のしは一般的に、慶事や弔事に際してお金を包んで渡す為に使用されています。しかし、時には企業名を入れて利用される場合もあるものです。例えば、新しく店舗を開店する経営者の方へ、...

離職理由の書き方

  1.離職理由を書く場面 2.お礼状の書き出しについて 3.さまざまな場合に応じた離職理由   離職理由を書く場面 ...

文章の書き方:稟議書

  1.稟議書とは 2.稟議書の書き方の構成 3.稟議書で便利な文章と稟議書の書き方例   稟議書とは 稟...

企業アポイントメントを取る際のメールの書き方

どんなビジネスシーンにおいてもアポイントメントを取ることは必須といっても過言ではありません。それがないと何も始まらないのです。企業にアポイントメントを取る方法として主にあげ...

確定申告の不動産収入:固定資産税の書き方

日経平均株価が15年ぶりに2万円台を回復するなど、景気回復の傾向が顕著になっている一方で、預貯金の金利は依然として低い水準です。   1.不動産...

マインドマップの書き方 簡単

マインドマップは普段頭の中でおこなわれている思考を紙に書いて絵のようにしていくものです。考えがまとまらないときに、紙に文字を書いてみるとわかりやすくなる時がありまうが、マイ...

就活の封筒の書き方:採用担当

就活中は就職を希望する企業に対して書類を送ることがあるでしょう。例えば履歴書や資料請求の書類を送ることがありますが、受け取った相手企業に対して失礼のないような書き方をし...

貸金裁判の陳述書の書き方

貸金裁判の陳述書は、民事の訴訟で訴えた本人から提出される書類のことです。証拠の一つで、本人の署名が必要になります。決められた定義はないのですが、本人の署名と日付を記載されて...

スポンサーリンク