例文の書き方

pixta_tegami_01

例文は、閲覧する方が作文の参考にする文書です。作文は老若男女問わず生活の様々な場面で必要なものですし、作文の機会があると、しっかりした文書を書きたいと思うでしょう。その需要は意外に大きなものがあるのです。

 

  1. 1.例文の書き方の基礎と基本
  2. 2.例文作りを上達する方法
  3. 3.実用的な例文の作り方
  4. 4.例文作りについてのまとめ

 


例文の書き方の基礎と基本

pixta_tegami_02

例文は、閲覧する方が作文の参考にする文書です。作文は老若男女問わず生活の様々な場面で必要なものですし、作文の機会があると、しっかりした文書を書きたいと思うでしょう。その需要は意外に大きなものがあるのです。実際に例文を作成するには、閲覧する方が文書のひな形として利用しやすく、

 

作文の参考になる文書を書く必要があると言えるでしょう。とはいえ、作文は多様な分野で必要とされているものですから、万人の万事に対応できるひな形や参考文というものはありません。そこで、例文の作成にはテーマの絞り込みが大切になります。まず、どの分野で使うのか、そして、何を伝えるのを目的とする物なのかを明確にしましょう。

 

例えば、読書感想文の例文として作るなら、国語や文学といった分野で、読書から感じたものや思った事、考えた事等をわかり易く簡潔にまとめた物を作ります。実際に作り始める前には、基本を意識して準備をしておきましょう。例文は、作文の参考にしたいと考えている方の為に、わかり易く書く必要があります。

 

わかり易く仕上げる方法はいくつかありますが、代表的な方法の1つは、参考する方達にとって、馴染みのある物を盛り込む事です。例えば、読書感想文の例文であれば、一般的な認知度の高い作品を利用すると良いでしょう。これならば読む方も大まかな内容やイメージが掴めている状態ですから、

 

作文の要領が掴みやすくなります。敢えて一般に馴染みの薄い作品を選んで作る方法もありますが、これは魅力のある文書の書き方を指南する方向性になります。取り上げる題材一つで例文の持つ意義が変わるものですから、題材は慎重に選びましょう。

 


例文作りを上達する方法

pixta_tegami_03

例文作りを上達するには、まず、他の方が書いた文を真似するのが大切です。文の書き方は書籍やインターネット等、様々なメディアで紹介されていますが、どれだけ基本や基礎を身に付けても実際に作ってみない事には上達しません。例文は文書の数としては比較的少なく、

 

小説や物語に比べて目にする機会もあまりないものです。記憶に頼って曖昧な文を作るよりは、他の方が書いた文を真似て書いて、作り方に慣れることが大事と言えます。通常の作文と異なり、他の方の作文の参考になる文書ですから、作文上の決まり事を間違いなく使っている文を作らなければいけません。

 

ただし、表現上の概念や技術は定義が曖昧なものや、人によって解釈が異なるものも多くあります。あまり複雑な概念を取り入れたり、凝った技術を使うと、読む人に分かりにくくなるでしょう。例文は他の方に作文の参考としてもらうものですから、基本的な文法を守って、理路整然としている事を優先して書きます。

 

また、上達には書く事だけでなく推敲も大事な要素です。作成に慣れていない場合は文に過不足が生じがちです。文書を書き終えたら、一文ずつ内容を確認していきましょう。一般に馴染みの薄い単語を使っていないか、分かりにくい表現を使っていないか等、例文に相応しい内容である事を確認していきます。

 

この時、意外と忘れがちなのが文書全体を俯瞰する事です。例えば、全体を見て文書が短すぎる、あるいは物足りないと感じる時は、どこかに書き残しがあるはずです。逆に文書が長すぎる、冗長であると感じる時は、不必要な要素を書き入れています。馴染みの薄い題材なら短く、親しみのある題材は長くなる傾向がありますので、注意して推敲します。

 


実用的な例文の作り方

pixta_tegami_01

単純に例文らしい文を作るのであれば、基礎と基本とを守って書けば問題ありません。ただし、他の方が見て参考にしやすい実用的な物を作るには、客観的な添削が必要不可欠です。文は他の方が見て参考になると思える物でなければ、実用的とは言えません。どれだけ高度な技術を駆使した文でも、

 

作文の要領を把握できるものでなければ、その文は役に立たないからです。そこで、例文を作成したら、それが役立つ物かどうかを人に見せて判断してもらいましょう。作文は、文法上の誤まりや表現上の違和感等がつきもので、作家やライター等の文書作りのプロフェッショナルでも間違う事がよくあります。

 

自分ではなかなか気が付けない所が多いもので、特に実用性の高い文書を作るには、他者の添削を経なければ品質の向上が難しいものです。他者に添削してもらう事は、客観的な視点で内容を検証してもらえるだけでなく、丁度良い気持ちの区切りにもなります。

 

内容や用途に関係無く、自分で作った文書には、誰しもが愛着を抱きがちです。1人だけで作業をしていると、こうした先入観にとらわれて文書の改良や改善が難しくなります。他人からの指摘で内容の良し悪しに気が付けば、感情的な縛りが無くなりますので、

 

より理路整然とした物へ仕上げやすくなるものです。できれば、作文の得意な方だけでなく、作文が苦手という方にも見てもらって、多様な視点から検証をしましょう。より多くの方に使いやすい物に仕上げるには、こうした作業を手抜かりなく行うのが大切です。

 


例文作りについてのまとめ

pixta_tegami_01

例文は、多くの方にとって作文の参考になる文書です。ただ作って終わるだけのものでも、読んでもらって終わりというものでもありません。これから作文をする方の為に、適切な作文を行う助力となる必要があります。その内容は作文の基礎と基本に忠実で、かつわかり易いものでなければいけません。

 

奇をてらった内容や、独特の表現がなされた個性的なものでは作文の参考にはなないでしょう。この為、作文が得意で独特の文体を身に付けている方でも、意外と作るのに手間取るものです。作文の経験は誰しもにあるものですが、例文作りは1度もやった事がないという方が多いものです。

 

しかし、基礎や基本を守って書けば、そこまで難しいものではありません。自分の得意分野や、詳しい知識を身に付けている分野であれば、文書に盛り込むべき内容は大まかにわかっているはずです。あとは、簡単にわかり易い形で文書へ盛り込むだけで、意外と簡単にできあがっていきます。

 

ただし、作文と異なり、自分が書きたい事を書けば良いものではありません。多くの方の意見を聞いて、作文の参考になる内容かどうかを慎重に見極めながら仕上げていく必要があります。特定の目的の為に作文をするというのは、文書作りの能力を向上させるにも有効な方法です。

 

これまで例文を1度も作った事が無いという方も、機会があれば挑戦してみると良いでしょう。作文の能力も、文書を推敲する能力も向上しますので、文書作り全般の実力を底上げするきっかけになります。人から見てわかり易く、好感を抱ける文書を作る能力は、人生の多くの場面で役立つものです。

 

資金計画書の書き方

それがどのような種類のものであれ、事業というものを行おうとする場合には、必ず資金というものが必要になります。   1.事業を行うには資金が必要 ...

卒論のインタビューの書き方

まず、インタビューする前に相手の事を事前調査します。直近の活動は勿論、今後の行動について調べておくことも大事になっております。関連書籍や雑誌等は出来る限り目を通しておいた方...

移転式典出席者へお礼状の書き方

オフィスや店舗を移転する際は移転式典を開催することがあります。移転式典を催し多くの方に出席してもらえば取引先との関係を深めることができますし、移転したことを知ってもらう良い...

SOAPの書き方:栄養士

  1.管理栄養士の役割とは 2.SOAP形式とその書き方とは 3.管理栄養士で使うSOAPの書き方とは   管理栄...

美しい文字の書き方のコツは

字をきちんと書くことができる子は、書き順を守って正しい書き方で字を書いています。つまり、美しい字は、ただ書いてある字を真似するのではなく、書き順を守って書く必要があるのです。 ...

議事録の書き方

会社の会議や商談で議事録をお願いされたとき、何をどう記していいか迷ったことはありませんか?議事録というのは後から会議・商談で何が話し合われたか一目で確認できることはもちろん...

文章で伝えることは言葉より難しい

文章を書くこと、文章で思いを伝えることは非常に難しいことです。というのも、お互いの顔と顔を合わせ、お互いの表情をみながら会話をすることができる環境であれば、何か間違った認識をしてい...

遺言書の書き方

遺言にはいくつかの種類があります。まず大きく二つに分けることができます。普通方式と特別方式です。普通方式とは通常の遺言のことで特別方式とは死期が近い場合や、或いは伝染病で隔...

「存じます」の意味と例文と書き方

「存じます」という言い回しは、「思います」の謙譲語であり、ビジネスの場において使われることが多い敬語表現です。例えば「その他ご不明点等ございましたら担当○○までご連絡いただければ幸...

【7月】手紙の書き方

季節の挨拶状や手紙などには正しい書き方というものがあるということです。その正しい方法をしっかりと理解しておくことで、相手へ伝えたいことを書くことができるようになります。その...

スポンサーリンク