ゆうちょ銀行の払戻請求書の書き方

pixta_tegami_01

ゆうちょ銀行を利用した時に払戻請求書と呼ばれる書類を使ったことがあるという方は少なくないでしょう。払戻請求書とは自分の口座からお金を引き出す時に使用する書類です。払戻請求書に記入する項目は預金者の住所や氏名等ですが、口座を作る時に記入した住所を書かなければなりません。

 

  1. 1.ゆうちょ銀行の払戻請求書について
  2. 2.ゆうちょ銀行を利用するメリットとは
  3. 3.ゆうちょ銀行の賢い使い方とは
  4. 4.ゆうちょ銀行が扱う魅力的な商品をチェック

 


ゆうちょ銀行の払戻請求書について

pixta_tegami_02

ゆうちょ銀行を利用した時に払戻請求書と呼ばれる書類を使ったことがあるという方は少なくないでしょう。払戻請求書とは自分の口座からお金を引き出す時に使用する書類です。払戻請求書に記入する項目は預金者の住所や氏名等ですが、口座を作る時に記入した住所を書かなければなりません。

 

もし書き方が間違っていたとしてもゆうちょ銀行の窓口の方で教えてくれるので、心配する必要はないでしょう。ただ間違ってしまうと書き直しすることにもなりかねないため、聞きながら書き込んでいった方が無難です。印鑑を押す欄もあり、口座を作った時の届出印でなければなりません。

 

各種の取引の際には必要な書類があるので、窓口に行く前にインターネット等で確認してから出かけることをおすすめします。新規で預け入れをする時は預入申込書をはじめ、印章と本人確認書類が必要になります。運転免許証や住民票、健康保険証のコピー等で本人確認が取れます。

 

他にも国民年金手帳や児童扶養手当証書、母子健康手帳、パスポート等の書類も提示する時が有効期間内であれば問題はありません。個人の名義で新規の口座を開設する時は、名義人となる本人が直接窓口に行って手続きを行わなければなりません。

 

法人の場合は本人確認書類が異なり、登記事項証明書や印鑑登録証明書といった書類が必要になってきます。窓口に行く人物の本人確認書類として、運転免許証や健康保険証等も用意しておきましょう。ゆうちょ銀行の預入限度額は一千万円までとなっています。

 


ゆうちょ銀行を利用するメリットとは

pixta_tegami_03

ゆうちょ銀行に口座を作ると、自分の口座からお金を引き出す際に払戻請求書を記入することになります。窓口に設置されている用紙ですが、書き方に慣れてしまえば簡単に書けるようになります。ゆうちょ銀行に口座をお持ちの方は既にメリットを実感しているはずですが、

 

これからどこかの銀行で口座を開設する予定があるという方にはおすすめです。様々なメリットがありますが、中でも実感しやすいメリットと言えば日本全国に多くの店舗とATMが設置されているという点が挙げられます。どの都道府県に行っても必ずATMを見つけることができますし、

 

大きなショッピングモールに行っても銀行のATMと並んでゆうちょ銀行のATMがあるので、どこに居ても自分の口座からお金を引き出すことが可能です。他の金融機関よりもネットワークが広いことが最大のメリットと言えるでしょう。ATMを利用する際、銀行等の金融機関では窓口が休みになる土曜日、日曜日、祝祭日は手数料が発生します。

 

自分の口座からお金を出すのに手数料を支払うのは勿体ないと考えている方は多いですね。平日は仕事が忙しくてATMが利用できないという方は多いですが、そのままお金を引き出し忘れていて週末に利用すると手数料が発生して損をしてしまいます。

 

その点ゆうちょ銀行なら週末でも気兼ねなく利用できますから、大きな魅力となるはずです。さらに同じゆうちょ銀行同士で送金する場合の手数料も無料になるというサービスも提供しています。回数制限があるため確認しながら操作しましょう。

 


ゆうちょ銀行の賢い使い方とは

pixta_tegami_01

ゆうちょ銀行に口座をお持ちの方は多いと思いますが都市銀行や地方銀行だけを利用しているという方は、ゆうちょ銀行にも口座を作っておくと何かと便利です。お金を貯める口座を作るなら、通常預金の他に通常貯蓄預金や定期預金といった口座があります。

 

投資を始めたい方にはゆうちょ銀行で投資信託を初めてみるのもいいでしょう。ゆうちょ銀行でも他の金融機関と同じようにインターネットバンキングが利用できます。ゆうちょダイレクトを申し込んでおけば、自宅に居ながらにして自分の口座が管理できます。

 

窓口やATMには時間に限りがありますが、インターネットバンキングのゆうちょダイレクトなら夜間でも週末でも取引が可能です。振込サービス等はネット上で操作はできても実際に指定の口座に振り込まれるのは翌日になる場合もありますが、それでも直接店舗やATMまで足を運ぶ必要がないので非常に便利です。

 

ゆうちょダイレクトでは各種のサービスを取り扱っており、残高照会はもちろん入出金の照会や振り込み、送金、連動振替決済サービス等、色々な使い方ができるようになっています。取引の内容は限られますが、パソコン以外にスマートフォンを利用して操作することも可能です。

 

基本的なサービスだけを利用する方ならお手持ちのスマートフォンを使って賢く取引しましょう。新規の登録は簡単で口座をおもちの方なら利用申込書を作成してポストに投函するだけで手続きを進めることができます。プリンターをお持ちではない方は資料を請求しましょう。

 


ゆうちょ銀行が扱う魅力的な商品をチェック

pixta_tegami_01

ゆうちょ銀行では様々なタイプの商品を取り扱っています。お金を貯めたり投資を目的とした口座を開くことも可能ですし、お金を借りることもできます。お金を借りたい時は貯金担保自動貸付や個人ローン、国債等担保自動貸付といった商品が利用できます。

 

また将来に備える商品としては、変額年金保険や確定拠出年金、セミナー相談会等が利用できるようになっています。将来は年金だけで生活しなければならないと考えるだけで不安が大きくなるという方は多いですが、若いうちから積極的に資産運用を行っていれば安心です。ただ資産運用に関する知識を持っていないと失敗する可能性もあるので、

 

実際に始める前にしっかりとした知識を身につけておくことが大切です。資産運用セミナーに参加することで必要な知識を身につけることができるので、自信を持って運用が始められるでしょう。資産運用セミナーだけでなく、ライフプランセミナーやライフプラン相談会も開催しています。

 

自分や家庭のお金に関することをライフプランと照らし合わせながら設計していけるようになるでしょう。各種のセミナーや相談会に関しては、ゆうちょ銀行のホームページから確認することができます。地域ごとの情報が載っているので、

 

最寄りのエリアで行われるセミナーがあれば参加してみましょう。ゆうちょ銀行ではクレジットカードとキャッシュカードが一つになった便利なカードも発行しています。ショッピングの際はクレジットカードとして使えるので非常に便利です

 

請求書の書き方など色々な書き方は下記の記事も参考になります♪
タイトル:請求書の消費税の書き方

一筆箋の書き方

普段お世話になっている方に何かの贈り物をすることはありませんか?そのような時、ただ物を差し上げるだけでなく、言葉が添えられていると相手は喜ぶものです。もちろん贈り物事態うれ...

規約改正の書き方

公共機関や政府、条例に限らずとも、規約やルールは存在します。例えば学校のクラブ活動や大学のサークル活動などです。これらの決まりは年を経る事にふさわしくなくなっていくものもあ...

小学生の作文の書き方

小学生になると幼稚園や保育園の時と違った作業が学校でたくさん出てきます。その中の一つに作文があります。幼稚園や保育園の時は文字を覚えて単語を書くという所までできればよかったのですが...

手紙の書き方~季節の挨拶~

改まったものから、気軽なものまで送る相手や内容によってそのスタイルは違います。内容を構成する基本のルールをしっかり押さえておくことで、失礼なのない手紙が書けます。正しい手紙...

新しい機械購入のための稟議書の書き方

どの会社でも、お金を使用するときには、その役職やポジションによって自由に使用してよい範囲内があります。それを超えて使用したいときには、何らかの制限を設けているものです。 &n...

刑事事件の謝罪文の書き方

刑事事件を犯してしまったら、または刑事事件を犯したことを認めたら、まずは被害者の方やその家族の方に心を込めて謝罪することです。このような謝罪は簡単なようでなかなかできること...

開店式次第の書き方

開店式次第とは、開店式の式の順序をまとめて記した物です。式次第のわかり易い例を挙げると、学校で行われる運動会や文化祭の時に「プログラム」や「進行表」として配られた、催し事の...

FSWIKIのテーブルの書き方

FSWIKIは正式名称としてはFreeStyleWikiとも呼びます。FSWIKIはPerl(パール)と呼ばれるプログラミング用語を使用したWikiCrone(ウィキクロー...

式次第の書き方

  1.忘年会の式次第の書き方 2.新入社員歓迎会と送別会の式次第の書き方 3.社員旅行宴会での式次第の書き方 4.謝恩パーティーでの式次...

ひらがなの書き方を子供に教える

保護者にとっての子供の教育上の悩みの1つにひらがなの書き方があります。いつ・どのように教えたらスラスラとキレイな文字として書けるようになるのか・書き順やどの文字から教えるべきかなど...

スポンサーリンク