新聞記事の感想文の書き方

pixta_tegami_01

新聞記事の感想文の書き方は、本を読んだ感想とは違って少ない情報から自分の意見をふくらませて書かなくてはいけませんから意外と大変です。新聞を見てどのような感想を持つのか、一冊の本を読んでそこから得たたくさんの情報を元にして感想文を書くのとは違って文章量、情報量がとても少ないですし、記事を書いた記者の意図が既に明確になっている新聞記事の感想を書くというのはかなり難しいと思えるかもしれませんが、逆に本の感想文を書くより簡単だったりします。

 

  1. 1.感想文の書き方のポイント
  2. 2.誰に向けて書くのか
  3. 3.記事の選び方について
  4. 4.テーマの選び方について

 


感想文の書き方のポイント

pixta_tegami_02

感想を書くことだけに限られたことではないのですが、文章を書く場合は目的と対象をはっきりさせます。なぜこれを書くのか、誰に向けて書くのか、それを明確にしなければいいものが書けないでしょう。例えば新聞記事感想文の目的はどのようなことでしょうか。新聞を生きた社会教材として読んで、そこから情報を得て、考えたこと、思ったことを言葉で伝えることを目的にしているのではないでしょうか。

 

新聞は身近にある情報源ですが、例文はなく、それを活用して活字に親しむ、また社会や地域に対しての関心を深めてコミュニケーションを深める意図もあるかもしれません。なぜ感想文を書くのか、それは感想文をかけと提示した側の目的が分からなければ難しいでしょうし、もしかするとその目的から自分で考えなければいけないこともあるかもしれません。

 

しかし先ほどの目的、文章としてみていると複雑に思えるかもしれませんが短文にしてみるとそれほど難しいことではありません。生きた社会教材を使う、新聞を読む、情報を得る、考えて言葉にする、新聞を活用する、社会に関心を高める、家族とコミュニケーションをとる、このようにして完結にしてみれば目的は明確になるのです。

 


誰に向けて書くのか

pixta_tegami_03

目的が明確になったところ、次に考えなければいけないのは、誰のために書くのか、また誰がそれを読むのかということです。誰に向けて書くのかを明確にすることはとても大事なことで、それによって内容が違ってきますし、イメージもふくらませられるかどうかも関わってきます。

 

誰に向けて書いているのかが明確になるような文章の構成をする必要があるでしょう。例えばコンクールに出す文章なのでしたら、入賞しなければいけませんから主催者、審査員に向けて書くことを前提にしていたほうが入賞に近づけることが出来るでしょう。自分の書きたいものを書く、それはもちろんいいことなのですが、入賞を目的にした場合にはやはり誰に向かって書いていくのかということは重要なことです。

 


記事の選び方について

pixta_tegami_01

記事が指定されていないのであれば、自分が興味を持つことができる記事を選んだほうがいいでしょう。自分が興味を持つことができないのに、その記事を元にして感想を書くというのは至難の業ですから、自分が興味を持った、意見を持った記事があればそれを選んだほうがスムーズに書くことができるのです。

 

あなたがそれに対して賛同なのかそれとも反対なのかそれによっても違いがあると思いますが書きやすさの面から考えれば、やはり自分が興味を持つことが重要です。しかし場合によってはあらかじめテーマが決められており、そのテーマに沿った記事を読み、それについて書かなくてはいけないこともあるでしょう。

 

もしテーマが自分が興味がないことだったとしても、記事が指定されているわけではありませんので、そのテーマのなかでも特に自分が興味を持てる物を探す等するといいでしょう。

 


テーマの選び方について

pixta_tegami_01

テーマの選び方、指定されている場合でも例えば社会福祉がテーマになっていたとしても様々な記事が新聞のなかにはありますね。その中で色々と読んでみて、興味が持てた、なにか少しでも思うことができた記事があればそれは感想を書きやすいと言えるでしょう。何も書くことがない、何を書けばいいのかわからない、感想を持つことができない等の場合にはそれはふさわしくないテーマなのかもしれません。

 

自分がその記事を読んで何かしら少しでも思ったことがあればそれは書くことができます。興味が万が一持てなかったとしても、なにかそれに対して思うことが出来ればそれだけで感想を書くことはできるはずです。賛成しなくてもいい、反対しなくてもいいのです。
 

新聞記事という少ない情報から得られた情報をもとにして感想を書く、自分の意見を述べるというのは難しい作業だと思われがちですが本のようにたくさんの情報を得たからかけるというものでも実はないのです。少ない情報だからこそ、まだ自分の考えが染まっていないからこそかけることもあります。

 

少ない情報から様々なことを引き出してきて、イメージをふくらませて書くことはとても楽しい作業になるといいでしょう。それがスラスラと頭の中で色々イメージできるようになれば、あなたが選んだ記事はあなたにぴったりだったと言えます。もし選んだ記事がスラスラかけないようなら別のものに変えるといいでしょう。

 

感想文の書き方や色々な書き方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:感想レポートの書き方
タイトル:小学生のための読書感想文の書き方
タイトル:感想文の書き方
タイトル:新聞の見出しの書き方

ブログの書き方について

今は自分でブログを書く人が増えています。なぜブログを書こうと思うのかは人それぞれです。   例えば、自分の日記として日々を残したかったから 新しい自分を...

論文の基本構造と書き方

論文とは、名前からもわかるように、論理的な文章という意味です。論理的な文章を書く際に、最も重要なことは、筋道をつけて書き手が伝えたいことを、いかに読み手に伝えるかということなのです...

就活での志望動機の書き方

まずは大原則で当たり前のことですが、手書きで丁寧に志望動機は書きましょう。もちろん志望動機に書かれている内容に関しても重要ですが、それ以外に表面上に出ない裏に隠れたその人の...

衛生講習会の感想文の書き方

  1.食品衛生責任者とは 2.食品衛生講習会とは? 3.食品衛生講習会の感想文の書き方 4.過去の食品衛生講習会の講演 5.テンプレ...

請求書の消費税の書き方

請求書を書く目的は相手方に確実に入金をしてもらうということなので、必ず入金日を書くようにしたり、請求先の担当者の名前を記入したりするようにしましょう。   ...

文字の書き方はなぜあるのか

子供が初めて文字を認識するとき、それは何から始まるのでしょうか。数字の子もいるでしょう。カタカナの子もいるでしょう。はたまたアルファベットの子もいるでしょう。しかし、通常日本人は、...

人物評価の書き方

人物評価を行う際、ベースとなるのは「立てた目標に対してどの程度達成したか」と「その人物の職域の中で、どの程度の能力を発揮したか」という2つの要素で判断します。従ってまずやる...

一筆箋の書き方:ビジネス

一筆箋とは一般的に使用される便箋とは違い、縦長の小さな便箋のことです。文章を書く欄も5〜6行しかなく、たくさんの文章を書くことは出来ません。基本的にはちょっとした一言を添え...

英語の推薦状の書き方

  1.「推薦人」としての心構え 2.依頼者の目的を把握する 3.英文推薦状の書き方 4.英語表現を理解する 5.内容は正直に ...

上手で綺麗な手紙の書き方

電子メールが社会に浸透し、手紙を書く機会が著しく減っている人も多い昨今においてふと手書きの手紙をもらうと新鮮な気持ちであったり嬉しくなったりします。勿論電子メールはすぐに相手に届く...

スポンサーリンク