就活面接作文の書き方

pixta_tegami_01

 

  1. 1.就活面接作文に必要な文章構成
  2. 2.内容と構成の関係
  3. 3.冒頭の形式の書き方
  4. 4.中身の書き方について

 


就活面接作文に必要な文章構成

pixta_tegami_02

就活面接作文において重要なのは中身だけではなく見た目もです。まず文体を揃えることが重要になります。何何です。というようなですます調と、何何である。というである調が混同している文章は見た目にもよくありません。

 

就職試験だからといってですます調のような丁寧語にしなければいけないというルールはありませんので、普段からである調で記載している方は無理にですます調に変更しようとせず、そのまま文章を作成しましょう。次に1文の長さにも気をつけます。1文は句点で区切られた文章の長さですが、おおよそ40文字から60文字が望ましいと言われており、マス目がある原稿用紙などではその文字数を目安に、マスの無い用紙では1行から2行で1文が目安です。

 

完成した時に文章の長さも確認してみて、1行の半分にも満たない短い文章があれば、前後の文と繋げられないか考えましょう。反対に3行以上にもわたってしまう長い文章があれば、読点のどこかを句点にして2つ以上の文章に分けることができないか確認してください。文章の内容によっては、それができない場合もありますが、読みにくい文章ばかりでは面接官も苦労し、そのような文章を書く人と今後も付き合わなければいけないのかと採用を見送ってしまう可能性が高いので、できる限り修正は行ってください。

 


内容と構成の関係

pixta_tegami_03

基本的に文章は意味が変わらない限りは次のマスから続けて書きます。改行は段落が変わる、文章の内容に変化が訪れた時に行ってください。そして文中の構成ですが、まず句読点はそれだけで1マス使って書く事を覚えておきましょう。例外としては、句読点は文頭、つまり1マス目に来るのは良くないとされているので、文末の文字が行最後のマスにある時のみ、同じマスの右下に句読点を打つ事が許されています。

 

また、クエスチョンマークなどの感嘆符も1つで1マスを用います。中点の場合は1点のみの場合は1マスに1つですが、三点リーダを用いる場合は3点とも1マスに収めます。また三点リーダを用いる場合は1回に2つ繰り返す使い方が一般的です。そして会話文を入れる場合も注意が必要です。本の登場人物のセリフや、テーマに関する話題を発言した人の会話を引用したい場合は、会話だけ別の行にします。

 

前の文の下にマスが余っていても続けず、次の行の頭に鍵括弧を付けて会話文を開始するのです。鍵括弧を付けないで会話文を示すことも可能ですが、その場合は改行する旅に1マス開け、通常の文章と区別できるようにしてください。

 


冒頭の形式の書き方

pixta_tegami_01

作文は本文だけではなく、それ以外の部分も忘れてはいけません。まず題名を1行目に記します。題名欄が別途用意されている場合はそこに記載すれば良いです。通常上から3マス開けて書き出しますが、題名が長い場合は2マスで構いません。就活面接作文において読書感想文を提示されている場合は題名には本のタイトルを書きます。

 

本のタイトルは2重鍵括弧でくくり、読んだ感想についてという例文のような本のタイトル以外も題名に入れても解るようにしてください。2行目は氏名を書きますが、下詰めで書き、また苗字と名前の間は1マス空けてください。次は本文なのですが、名前との間は1行あけ、3行目ではなく4行目から書き始めてください。書き出しは段落の区切りでもありますので、冒頭は1マス空けて書き始めます。

 


中身の書き方について

pixta_tegami_01

就活面接に限らず、作文を書く場合は文の流れ、起承転結を念頭に置いて書くと読み手にも伝わりやすいです。つまり、文章のテーマに対して漠然と思っていることを初めに述べ、次に具体案に入っていきます。具体案といっても初めは自分と関連付けて、日常の出来事や思うことを挙げた上でテーマと絡め、初めに思っていたことより深く詳しく書きましょう。

 

最後にその結果現在はどう思っているのか、具体的な経験や行動はあったのか、ない場合、今後は何か行いたいことがあるかなどを述べて締めます。深く掘り下げる転の段階では、テーマに対して疑問点や反論を記載することもできます。ただし、文章の中で何度も意見が変わってしまうような書き方は御法度です。初めはこう思っていたが、こういう経験を得て疑問に思った、もしくは反対意見を持つようになった、結果的に今はこう思っており、将来的にこういう行動をしたいと考えている。という流れを考えましょう。

 

その結果、テーマに対して否定的、批判的な考えになったとしても、それで評価が下がることはありません。文章を構成する前に自分の意見を整理し、初めの印象、反論や疑問、それらを踏まえての最終的な結論という3つの思いを書き出し、それぞれに対応する経験を併記すると文章に起こす際に役立ちます。予め作文のテーマが決まっている場合は、自宅で構想を練り、メモを持参するのもひとつの手段です。会場でメモを見ながら書く事が可能であれば、ぜひ利用しましょう。

 

作文の書き方など色々な書き方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:作文の書き方:起承転結

お祝いのし袋の書き方

祝儀袋といっても種類が色々ありますので、用途に応じて選び方や書き方、包み方にも正しい決まりがあります。祝儀袋は、正しいマナーにあった方法で書けるように知識を身につけて行き、...

アンケートの書き方

  1.アンケートの重要性 2.Webアンケート実施で気を付けること 3.設問数や所要時間も最初に記載しておく 4.宛名に個人名を記載する...

所見の書き方~中学校~

通知表所見の書き方は教員に取っては難しいことであり、なかなかかけない人も多いでしょう。その内容を読んだことによって親子ががっかりしたり、モチベーションを下げたら困りますし、...

折りたたみ式巻紙の書き方

結婚式、入学式をはじめとした様々な式典で訪れる、祝辞や謝辞、挨拶の機会。暗記だけでは不安です。かと言って原稿用紙を確認しながらお祝いや感謝を述べるのでは、「読む」ことに集中...

辞任届の書き方

辞表を提出するとよく言いますが、具体的には上司の方に辞任届を提出することになります。辞任届は単に封筒の表に辞表と書いて出せば良いだけではなく、中身の文書など他にもルールが決...

家計簿の書き方

  1.まずは一ヶ月つけてみましょう。 2.自分に合った記入方法を見つける 3.マイルールを作ってしまおう 4.つけることより、見直すこと...

念書の書き方

誰もが一度は耳にしたことのある書類、念書。なんとなく理解しているつもりでも、正しい知識のある人は意外と少ないものです。相手に書かせておけば、いついかなるときも効力を発揮する...

書類遅延謝罪の書き方

  1.書類遅延謝罪とは 2.書類遅延謝罪の書き方を教えて貰う 3.どの手段で顧客に伝えるか? 4.対応次第で顧客との関係性も変わる ...

字の綺麗な書き方

  1.文章のバランス 2.バランスに注意 3.トメやハライやハネに注意 4.丸や横線、縦線を引く練習   文章...

履歴書資格の書き方

  1.免許、資格欄の書き方の基本 2.記入欄に書いても困らないものについて 3.特殊な資格や免許などを書く場合 4.取得予定の資格につい...

スポンサーリンク