反論・不服・抗議の言葉の例文と書き方

日々の暮らしは平穏なことばかりではありません、ときには相手の言い分に反論したり不服を感じ抗議をしたくなることもあります。

 

それでも面と向かって意見を交換したり、電話などでしっかりと話しあえば、お互いが歩み寄れることもありますが、文章でのやり取りとなると、難しいことがでてきます。

 

それは自分の言いたいことを文章に表すというのはなかなか難しいことが多いです。よほど気を使った文章を書かないとニュアンスが違って伝わってしまうことで余計に誤解をうけたり反感を買ってしまうことが多いからです。

 

自分の中でも冷静に論理だてて書かないと、文章はわかりにくくなってしまいますし、感情的な文章になりがちで、ときとして、ただのクレーマーのように扱われてしまうことがあるからです。ですから抗議や反論の文章というのは文面をしっかりと吟味して書いていかないといけないのです。

 

そう考えると反論や抗議の文章を書くのが怖くなってしまいますが、どうしても文章にしなくてはならないというときもあります。そんなときには、例文を集めたサイトを参考にしてみるのがいいのです。

 

ネットを検索するとたくさん文例集を集めたサイトがありますが

とくにお勧めなのが、例文JPというサイトです。こちらには、さまざまな文例が載っていて参考になります。抗議や反論についての文例についても載せられています。

 

サイトを確認してみると、改まったときの文面と親しい人に当てた文面の例分が書かれていました。たしかに知人にあてるものやもっと改まった機関への抗議や反論の文章というものは書き方が違うはずです。その書き方だけで相手の受け止め方が違ってきますので、例文をしっかりと参考にして書いたほうが相手に正確に伝わりやすいのです。

 

またこちらの例文JPにはビジネスの例文や季節の例文なども載せられています。ビジネスにおいて、文章を書く機会はとても多いです。先方の会社に対してお礼状を書いたり、謝罪文を書いたりすることは特に多いのです。

 

とくに謝罪文に関しては、その言葉の選び方が重要です。

言葉の選び方を間違えてしまうと、その後の商談にも大きく影響してしまう可能性もあるので、慎重に言葉を選ばなくてはなりません。謝罪の文章のはずが、いつのまにか自社の言い訳になってしまったら、かえって反感を買ってしまうことになりかねないからです。ですから、この謝罪文の文例を参考にして書いたほうがいいのです。

 

さらに日本は四季がはっきりしていますが

その季節によって挨拶の例文というのが変わってきます。それを上手に使うことにより、相手に好印象を与えることができますし、間違えると恥をかくことになります。

 

親しい人に向けたもので間違えても、それは笑い話になりますが、改まった相手やビジネスでそれをやってしまうと常識はずれということになってしまいますから、この文例をしっかり頭に入れるといいのです。

 

また、この例文JPには、文章の基本も載っています。ちょっとした言葉ですが使い方の違いなどを説明してくれています。たとえば、「貴殿」、「貴公」、「貴台」の使い方と意味とか、「おります」、「います」の意味と使い分け、あるいは「お喜び」と「お慶び」の使い分けなど、私たちが普段なにげなく使っているけれど、実は使い分けがよくわからないという言葉を丁寧に説明してあるのです。どうせ使うのでしたら、正しく使いたいものです。

 

この文書の基本の文例は

文章を書くときだけでなく、知識として頭に入れるためにも参考にしたいサイトです。さらには、就職活動の例文とかお中元、お歳暮のお礼状というものもあるのです。

 

就職活動での文章というのは

かなり気をつかうものです。大勢のライバルに勝つためには、自分の文章に、ほかの人にないキラリと光る文章があることが優位になります。その中には誤字は持ってのほかですが使い方を誤ってもマイナスポイントになってしまいます。

 

ですから、就職活動で企業あてに文章を書く必要があるときには、例文を参考にするほうがいいのです。さらには、日々のなかでお中元やお歳暮を頂くこともあると思いますが、お礼状となるとなにを書いていいかわからないということもあります。

 

ちょっと気の利いた文章を書きたいけれどいざとなるといったいなにを書いていいかわからないということもあり、ありきたりのお礼状になるということも多いのです。そんな方も、この例文JPを参考にして書くといいでしょう。

 

このように私たちの生活には、文章に触れる機会は多いのですが、いざ書こうとなると難しいルールがあるのではないかと、敬遠することが多いです。でも、このサイトを参考にして書くことに慣れていけば、正しく美しい文章を書くことができるのです。

 

はじめは時間はかかっても習慣にしていくことで、次第に慣れてそれが日常になっていくことができるのです。日本には日本語という美しい言語がありますから、美しい文章を書けるようになりたいものです。

 

色々な書き方は下記の記事も参考になります♪
タイトル:学校の抗議文の書き方

文章作成のポイントとコツ

文章を書くことが苦手な人は、一体どうすればうまくなるのか悩むと思います。人それぞれ得意不得意があるため、特に意識しなくても上手な文章を書いてしまう人もいます。   ...

「次第です」の意味と例文と書き方

私たちは人との関わり合いのなかで日々の生活を過ごしています。自分一人で生きているという人がいたとしても、他人とまったくかかわりを持っていないという人はいないはずです。 &nb...

趣意書の書き方

  1.趣意書の添付が必要となるとき 2.趣意書を作成するための準備とは? 3.趣旨が伝わる文章の書き方 4.グラブチームの募金について ...

職務経歴書の書き方についてご案内いたします。

  1.職務経歴書を主に使うのは転職者の方々です。 2.まずは手書きなのか、パソコンでの書面なのかについてです。 3.次に作成の流れについてご案内します。...

謝罪メール(お詫び状・謝罪文)の例文とマナーと書き方

  インターネットが普及し、仕事の場面においてメールは必要不可欠なツールとなりました。時間を短縮して連絡を取れることや、連絡内容に関して記録を残せることなどがメール...

筆を使った文字の書き方と書道の楽しみ方

日常生活において、文字などを書く場は徐々に減ってきていると言われています。その理由としては、パソコンやスマートフォンの普及が挙げられます。現在、1人に1台以上パソコンやスマートフォ...

弔電の正しい送り方とマナーと書き方

弔電のマナーや効果的な送り方を詳しく知りたいという場合、インターネットで調べてみると良いでしょう。まず弔電とは、人の死をいたみ悲しむ気持ちをあらわした電報のことであり、故人の訃報を...

人に読みたいと思わせる書き方のコツ

  1.文章に見出しを載せる 2.文章全体だけでなく、段落ごとにも起承転結をつくる 3.パソコンで描く場合は、字体は明朝よりMeiryo UIの方が読みや...

昇任・上申書の書き方

  1.部下を昇任させるために作る上申告書 2.上申告書の書き方 冒頭 3.上申告書の書き方 核心部分とまとめ方 4.既成のテンプレートで...

縦書き封筒の書き方

手紙の宛名、差出人名は相手が初めて目にする場所です。楷書で丁寧に、読みやすい字で書いて、良い第一印象を与えましょう。封筒には縦書きと横書きがありますが、相手が目上の方や改ま...

スポンサーリンク