奨学金申し込み理由の書き方

pixta_tegami_01

奨学金は未納問題が起きていることもあり、貸し出しの際の審査は非常に慎重になされています。さまざまな情報を記入する中で唯一文章を入力しなければならないのが、奨学金を志望する理由です。

 

  1. 1.奨学金が必要な理由を明確に
  2. 2.学習意欲が高いことをアピール
  3. 3.資金援助の必要性と返済の決意をアピール
  4. 4.申し込み理由の書き方で大切なこと

 


奨学金が必要な理由を明確に

pixta_tegami_02

奨学金は未納問題が起きていることもあり、貸し出しの際の審査は非常に慎重になされています。さまざまな情報を記入する中で唯一文章を入力しなければならないのが、奨学金を志望する理由です。奨学金は教育機関に入学する際に学習意欲があるにもかかわらず、資金面でそれが不可能な場合に一時的に貸し出される借金のことです。

 

ですので志望理由にはまず学習意欲があることをよく示すことが肝要です。もう一つ大切なのは、奨学金がないと入学を断念しなければならない明確な理由をしっかりと具体的に示すことです。主にこの2つが志望理由の文章の大半を占めることになります。これらを詳細に記述することができれば奨学金の貸与を受けることができるでしょう。

 

またそれでも短すぎる文章になってしまったのであれば、必ず奨学金を返す決意表明を示すことができれば評価は高くなります。また奨学金が借金であることも前置きとして述べておくと、制度のことをしっかりと勉強していることをアピールできます。

 

この制度をよく勉強せずに申込みをして、あとから返済する必要があることを知ったという事例もあるので、そもそもこの制度を理解しているのかということもよく審査の材料となっています。これらについても言及することで通過率は上がるでしょう。

 

まとめると志望理由の書き方で大切なことは、奨学金のことを理解していることを明確にし、その制度がないと就学が困難であることを具体的に訴えかけ、貸与を受けた際は必ず返済する決意を示しましょう。

 


学習意欲が高いことをアピール

pixta_tegami_03

学習意欲を示す方法は難しくありません。しかし安易な文章だと評価としては下がる可能性があります。なぜなら学習意欲がなく途中で退学してしまうと、その後の給与面に響くばかりか返済が滞ることがあるからです。学生支援機構はしっかりと教育機関を修了する人を求めています。だからしっかりと学習意欲を示すことは重要だといえます。

 

その方法としてたとえば自分の目指している学部、学科などについて言及する方法が挙げられます。自分が目指すきっかけとなったきっかけなどをストーリーとして語ることで感情に訴えかけます。そのとき、どれだけ努力しているかを具体的に述べておくと真実味が一気に増します。

 

例としては資格を勉強していることや、関係するアルバイトをしていることなどを書くということが挙げられます。また学部、学科で書くことがないのであれば、別の方法として先生を挙げるというものがあります。自分が進学した教育機関にずっと目指して続けている人物がいるなど、教育機関自体ではなく、教育機関にいる人物や物に焦点を当てることも有効です。

 

学習意欲を示す方法で大切なのは、熱心さを持って教育機関に就学しようとしているにもかかわらず、奨学金が受けられなければ今まで行ってきた自分の努力が全て台無しになってしまうことを切々とアピールすることです。またそれを示すために教育機関に就学することができてうれしいという気持ちも一緒に添えておくととても良いと思います。しかし文章の量には限りがあるため、コンパクトにまとめましょう。

 


資金援助の必要性と返済の決意をアピール

pixta_tegami_01

奨学金は月々に何万円の貸与を受けるかを設定し、申込みをします。つまり資金面で就学が困難だと思われない学生は貸与を受ける必要がないと判断されてしまいます。そうならないためにも、資金の援助がどうしても必要な理由を具体的な数字で示すことによって、自分が直面している状況を伝える必要があります。

 

申込みをする際、親の年収を記入する項目があります。その数字を頼りにしましょう。たとえば、親の年収を書き出し、次に自分でもアルバイトをして学費納入に充てていることを書きます。このとき自分のアルバイトの月収や年収も必ず書きましょう。そして学費を照らし合わせて、それでも足りない、あるいは不安定であり、

 

支払い猶予願いをしなくてはならなくなる可能性もあるというところまで、理路整然と示すことが大切です。またそのとき、教育機関修了後のことにも言及して収入を得て、返済を行いたいという意思を少し固い表現で書きましょう。奨学金制度は現在返済している方がいるからこそ成り立っている制度です。

 

その役割を将来担う覚悟があることを示すことができれば、かなりの高い評価を得ることができるはずです。文章の中に短くてもいいので必ず書いておきましょう。資金援助の必要性を訴えることで大切なことは、さまざまな具体的な数字を示して訴えることです。そしてその数字を概ねで計算して就学の状態が安定しないことを示すことが大切です。返済の意思を示す際にも数字を示すことができればよいでしょう。

 


申し込み理由の書き方で大切なこと

pixta_tegami_01

再度まとめますと奨学金の申し込み理由の書き方のポイントは、奨学金制度に理解があり、この制度を利用しなければ就学が困難になる、または不安になる理由を具体的な数字と文章で示すことができ、かつ就学と返済に関して意欲的であることです。奨学金が適切に利用されるために、また利用できるようになるために、

 

以上のようなことに気をつけながら、理由を書いていくことが望まれます。またわかりにくい文章では気持ちが伝わらないため、要所毎に区切って書いていくことをおすすめします。そこで各順番になりますが、就学する理由を書き、次に「しかし」と続けて資金面の実情を書き、そして制度のことについて書くと非常にスムーズな流れにすることができます。

 

最後にそれら以上に大切なことは、どれだけ熱意を持っているかを感じさせることができるかです。奨学金を希望する人は非常に多くいらっしゃいます。その中から選ばれるためにはどれだけ強く願っているかを気持ちとして文章にできるかです。そのためだけの文章を最後に書くと印象に残りますので、文章の量に余裕があれば書き加えておきましょう。
 

最後に注意点です。決して偽って申し込みをすることをしないでください。本当に奨学金を望む方の妨げになるばかりでなく、あまりにもひどい場合は教育機関に連絡される可能性もあります。このようなことにならないように、自分に正直になって、奨学金が自分にとって本当に必要なものかどうか、申し込みをする前に考えてみましょう。

 

書道の書き方について学ぶ

日本の文化は、海外でも興味をもたれており、海外のニュースを見て、国内で日本の文化が見直される場合もあります。グローバル化社会を迎えた日本においては、今後も海外との異文化交流が盛んに...

お見舞い袋の書き方

お見舞い袋は、病気や災害にあった方をお見舞いする時や、新規開店や開業を迎えた方を励ます時に、見舞金を贈る為に使います。友人や親族等にトラブルが起きたり、独立して新しい活動を...

仕訳の摘要の書き方

経理の人なら知っておかないといけないのが、仕訳伝票の適用の書き方です。多くの会社では仕訳伝票の内容をパソコンに入力して処理をしていることでしょう。その入力内容が基となり、帳...

対策書の書き方

対策書は客観的に書くことによってトラブルを再び起こさないようにする書類です。書き方としてはトラブルが起こった原因を追及して、結果を考察して対策書に対策項目を記入していきます...

ビジネス文書の書き方について

社会人になると、様々なシーンでビジネス文書を目にすることになります。取り引き先などから送られてくる文書は、皆ビジネス文書の形式で書かれていますので、ビジネス文書の漠然としたイメージ...

お歳暮の礼状の書き方

日本には年の終わりにお歳暮を贈るという習慣があります。毎年12月の上旬から大体12月20日頃までのあいだに、お世話になった方に対して感謝の気持ちを表すために、また、これから...

お客様に対するメールでの詫び状の書き方

  1.詫び状は始末書ではない 2.複数人にメールで送る際の宛名 3.冒頭は挨拶とお礼で 4.本文以外の形式とは?   ...

簡単な文章の書き方について

これから、簡単な文章の書き方について説明しようと思います。すごく短かったり長かったりする文章では当てはまらないこともありますが、大体これを守れば読んでもらえる文章が書けます。 ...

労災の様式16の3の書き方

労働者が通勤途中及び勤務中に何らかの怪我や病気に見舞われたときにおいては事業主や被災者本人が労働基準監督署及び病院へと行って所定の手続きを申請する必要があります。 &...

大学の志望の書き方

まずは何と言っても、対象の志望大学について知識をつけることが大切です。 志望動機を書き始めるとしても、その動機自体が的外れになってしまっては裏目に出てしまうこともあります...

スポンサーリンク