百分率貸借対照表の書き方のフリーソフト

pixta_tegami_01

各貸借対照表勘定科目金額と総資産金額における計算式である、百分率の貸借の場合の対照表のことを百分率貸借対照表と言います。

 

  1. 1.フリーソフトを有効的に活用
  2. 2.流動資産計や資産計を記載
  3. 3.金額表からグラフを作成
  4. 4.パソコン内にインストール

 


フリーソフトを有効的に活用

pixta_tegami_02

決算シーズンに会社の事務担当者の方や会計担当者の方が書かなければならないことが多い資料であり、集計した数字を羅列させる通常方式の書類と、分かりやすく視覚化させたグラフ形式の書類をそれぞれ用意するような会社が企業が多いといった特徴があります。この百分率貸借対照表を個人で一から作ろうと考えると、

 

時間も労力もかなり必要になってくることから完成まで数日程度かかるということも珍しくありません。会社や企業の資産や負債が多ければ多いほどその傾向が強くなり、グラフとして書類をまとめるまでの苦労は相当なものであると捉えておいてください。しかし百分率貸借対照表は書き方をテンプレート形式で指南してくれて、

 

利用することでそのまま書類として印刷できるようにもなっているフリーソフトが沢山実在しているといることでも知られています。完全無料で誰であっても利用できるフリーソフトを有効的に活用することで、作成時間の大幅な削減が見込め、グラフの製作も苦労することなくソフト上で自動で行えてしまえるのだということをまず覚えておいてください。

 

百分率貸借対照表を作るときは専門のフリーソフトを利用する、その上でパソコンに打ち込んでいく数字の打ち間違いにだけは気をつけるといった点を守れば、簡単に百分率貸借対照表を書き上げられると言えるでしょう。

 


流動資産計や資産計を記載

pixta_tegami_03

フリーソフトを利用した上で書き上げる、百分率貸借対照表の書き方としては、グラフ用としても流用できる一枚目の通常形式の金額表から書いていくべきであると言え、流動資産計や固定資産計を細かく記載していくことが好ましいと言えます。前期の金額表なのか後期の金額表なのかをタイトルとして明確に記載してから、流動資産計、固定資産計、

 

流動負債計、固定負債計、純資産合計といった項目を書いていきます。その項目の横にそれぞれの金額を記入していくのですが、流動資産計と固定資産計を同じ列に、流動負債計と固定負債計、そして純資産合計を同じ列に書くなど、二列形式にして資産と負債を分けるような形で書くのが望ましいとされています。

 

最終的にグラフにすることから金額は全ての列に羅列させても構わないのではないかと考える方もいらっしゃるでしょうが、資産と負債を別々に分けるだけで見栄えは格段に良くなるため記憶しておいてください。資産と負債の合計額の計算はフリーソフト上で自動で行ってもらえるため、ご自身で電卓などを使用して計算する必要は無いと言えますが、

 

数字の打ち間違いがないかの確認を行うためにも、一度自身で合計額の計算を行っておくといいでしょう。合計額が間違いないようなら金額表はその時点で完成します。流動資産計や流動負債計などの比率をこの時点で書き足しても構いませんが、グラフを別途で用意するなら無理に比率を付け足さずともいいの、簡潔で見やすいものを作るといいと言えます。

 


金額表からグラフを作成

pixta_tegami_01

百分率貸借対照表は完成させた金額表の数字を視覚化させるためにグラフを作っていくのですが、このグラフの作成はフリーソフトを使用すれば全てをソフト上で行ってもらえるため、百分率貸借対照表の作成担当者が何もせずともグラフ表が完成すると言えるでしょう。フリーソフトで作成されたグラフに何らかの手を加えたいという場合には、

 

グラフツールのデザインタブデータの行と列の入れ替えを行ったり、数字がある項目だけが表示されるような設定を行う必要があると言えます。流動資産計、固定資産計、流動負債計、固定負債計、純資産合計をそれぞれ違う色でグラフ化し、0パーセントから100パーセントまでのグラフ比率の中でどのような流動があったのかを、

 

百分率の計算式を元に表すといった点を重視してグラフ表の手直しを行ってください。資産と負債と純資産を別々の色調に合わせたほうが分かりやすくなりますので、色の修正には力を入れてみることを推奨します。百分率貸借対照表は円グラフでも棒グラフでも表せますが、一般的には棒グラフのほうが分かりやすいとされていることから、

 

棒グラフによる書類を作っておいたほうが無難だと言えるでしょう。もし百分率貸借対照表の製作時間に余裕があるようなら、棒グラフだけでなく円グラフも付属させるとさらに完成度が増すと言えるため頭に入れておいてください。そして金額表とグラフ表を一冊にまとめれば百分率貸借対照表が出来上がります。フリーソフトを利用すれば一日で作ることも不可能ではありません。

 


パソコン内にインストール

pixta_tegami_01

百分率貸借対照表専用のフリーソフトは、インターネット上に多々存在しており、複数のソフトの中から使いやすいシステムを搭載しているソフトを選ぶということも十分に可能です。また百分率貸借対照表専用のフリーソフトを実際に利用したという、会社の事務担当者や会計担当者の口コミ評価が確認できるようなホームページも探してみると確かに存在していることから、

 

ダウンロードしてソフトを開く前であっても使い勝手の良さを確認することが可能になっています。口コミでの評価が高いソフトをダウンロードして、実際に使った上で好みだと判断したフリーソフトを、パソコン内にインストールしておけば来年度の百分率貸借対照表作成の際に役立てられると言えるためお勧めです。

 

百分率貸借対照表のフリーソフトの中には、百分率貸借対照表の書き方を解説してくれているといったソフトもあることから、どうしても百分率貸借対照表の書き方やグラフでの表し方が分からないという方は、初心者用の説明文や参考画像が見られるフリーソフトを選ぶようにすべきだと言えます。

 

一般的な会社の場合前期と後期の二回百分率貸借対照表は書かなければなりませんが、百分率による計算の表を行ったリストを利用して会議を頻繁に行うような会社もあるため、サラリーマンやOLなど会社勤めをしている方は百分率貸借対照表を覚えておいて損をすることはないと言えるでしょう。

 

フリーソフトを駆使すれば意外なほど素早く資料はまとめられるため、その点も合わせて記憶するよう努めてみてください。

 

医療費控除申請書の書き方

  1.医療費控除とは 2.医療費控除の対象となる医療費 3.保険金などで補填される金額について 4.医療費控除申請書の書き方 5.医...

ルーティングテーブルの書き方

  1.ルーティングテーブルとは 2.ルーティングテーブルの目的 3.ルーティングテーブルの構造   ルーティングテ...

原稿用紙の書き方

  1.原稿用紙の種類 2.原稿用紙の基本や決まり事 3.原稿用紙の台詞、利点 4.原稿用紙の文字 5.書き方を学ぶ方法 6.原稿...

面談記録の書き方

面談には様々な方法がありますが、その中でも客観的に見て整理しやすい記録を残すためには構造化面接という手法が使われる事が多くなっています。   1...

ブログの書き方について

今は自分でブログを書く人が増えています。なぜブログを書こうと思うのかは人それぞれです。   例えば、自分の日記として日々を残したかったから 新しい自分を...

会葬者名簿の書き方:金額の欄

通夜やお葬式に行くと、まず受付で住所や名前を記帳することになります。それはどなたが会葬してくださったのかを知るためです。   1.会葬者名簿の意...

志望動機の書き方について

仕事を探す際に必ず必要になるのが履歴書です。履歴書の書き方において多くの人が頭を悩ませるのが志望動機の欄です。学歴や職歴などはその時点ではどうにもなりませんが、志望動機というものは...

上申書の書き方

上申書とは、様々なケースで書く事になりますが一般的には部下から上司に対して意見を書いた文書を提出する書式になります。もともと上申書は、中国から来たものです。天子に文書を奉る...

交通費申請書の書き方

サラリーマンは、会社の出張などで交通費申請書を事前に提出しなければならない場合があります。   1.交通費申請書には申請の目的を記載 2.出...

病気療養による退職届の書き方

仕事をしていると、どうしても体調を崩してしまい、無理をすることもできないので退職することになってしまった、ということもあります。そのようなときには、きちんと病気のことや退職...

スポンサーリンク