弁護士のお礼状の書き方

pixta_tegami_01

交通事故や離婚などでの民事的な訴訟や調停や刑事事件の被告人を弁護はもとより、裁判所で訴訟の手続きをする以前の法律相談など人間が生きていくゆえでいつ遭遇するかわからない法的なトラブルを解決する弁護士。

 

  1. 1.感謝の気持ちが大切
  2. 2.お礼状とともに付け届けは必要なのか
  3. 3.お礼状を贈るときの書き方と注意点
  4. 4.お礼状を送った後に心がけたいこと

 


感謝の気持ちが大切

pixta_tegami_02

交通事故や離婚などでの民事的な訴訟や調停や刑事事件の被告人を弁護はもとより、裁判所で訴訟の手続きをする以前の法律相談など人間が生きていくゆえでいつ遭遇するかわからない法的なトラブルを解決する弁護士。弁護を依頼するにあたっては、事前にそれ相応の着手金を支払い、判決後も裁判の結果に応じて成功報酬を支払いますが、弁護士の仕事は部外者が想像する以上に心労の多い仕事です。

 

訴訟で有利となる証拠を集めるための事前調査をはじめ、ときには係争中でも相手側と示談交渉や債権回収などで折衝するなど、非常に綿密な交渉術とデスクワークおよび分析が求められます。しかも案件によっては何年もの月日を要してようやく和解や判決が下されることが少なくないだけに、想像以上に長く人間関係が構築されることもあります。

 

その間、不安なことがあったり、苦しい心のうちを吐露する貴重な存在であることでしょう。法的なトラブルを抱えている自分自身のために一心不乱に弁護する法廷の専門家だからこそ、すべてが解決したときの安心感や喜びは計り知れないはずです。着手金や成功報酬など金銭面での御礼をしていても、人間としてあるべき礼儀を忘れずにお礼状を出しましょう。

 

感謝の気持ちを手紙にしたためる行為はインターネットや電子メールが普及するにともない機会が減ってきましたが、長い人生のなかで弁護士との付き合いをする機会はそう多くないだけでなく、人生における大きな問題を解決するために弁護を依頼する人への気持ちは、ぜひとも自分自身の手で綴ってみましょう。

 


お礼状とともに付け届けは必要なのか

pixta_tegami_03

弁護士への報酬は、メニュー表のない高級寿司屋のようにお任せ料金ではなく、訴訟や調停そして示談などの内容や賠償金などによって、どこの弁護士事務所でも明示されています。ですから弁護士に仕事を依頼するときには、弁護士側が依頼者に請求する着手金や成功報酬などを期日どおりに支払えば、基本的に金品を謝礼として贈る必要はありません。
 

訴訟のケースによっては、依頼者から高額の金品を受領することで弁護士としてのモラルが問われるだけでなく、もし係争中の相手側弁護人に高額の金品を贈り受け取ったとしたら、法的には買収にあたります。また弁護士は基本的に遵法精神をもって業務にあたっているだけでなく、違法行為に敏感な立場にある人ですから、金銭面にかんしては書類として残るような関係のみで済ませたいものです。

 

ちなみに、着手金や成功報酬などは、弁護を依頼する司法試験合格者たる弁護士だけでなく、法的な問題にかんする調査などを行う事務所スタッフへの給料でもあります。事務所スタッフの地道な仕事も判決や和解の結果に大きな影響を及ぼしますから、係争中に事務所を訪れることがあっても、

 

事務所スタッフの労もねぎらい、感謝の言葉を忘れないようにすることが大切です。以上のようなことから、もし付け届けにお礼状を添える場合は、高額な貴金属類や酒類よりも、事務所内のスタッフ全員に御礼の気持ちが行き渡るような、お菓子やお茶あるいは紅茶やコーヒーなどの詰め合わせといったものが無難です。

 


お礼状を贈るときの書き方と注意点

pixta_tegami_01

いかに一般人から見て難解な専門用語を駆使して業務を遂行する弁護士といえども、仕事を離れれば一人の人間です。日ごろは依頼人の人生を左右するような案件のことで緊張とストレスにさいなまれることが多いだけに、係争案件が解決した後に依頼人から受ける感謝の気持ちや言葉こそが仕事へのモチベーションとなります。

 

お礼状の書き方についてですが、事務的な書類を送るわけではありませんから茶封筒などはできるだけ避け、宛先はプライバシーを考慮して弁護士の自宅よりも事務所宛にすることがエチケットです。郵便番号と住所に続いて「○○法律事務所 弁護士○○○○様」や、法律事務所スタッフ全員へ感謝の気持ちを伝えたい場合は「○○法律事務所御中」でもかまいません。

 

よほど大きな法律事務所でないかぎり、またよほど過去の案件でないかぎり、弁護を依頼した人の氏名を把握しているでしょうから、特別な但し書きも必要ありません。具体的な文章の内容については、時節の言葉などに続いて弁護士ならびに事務所スタッフへの感謝を気持ちを綴っておけば、特別なルールがあるわけではありませんので問題ありません。
 

ただし、敬意をもって綴ることが大切であり、文頭では拝啓、文末には敬具を書き添えることを忘れないようにしましょう。そしてもう一つ気をつけたいポイントは、字を書くのが苦手だからといってパソコン等で文書を作成後にプリントアウトしたものを郵送することは、できるだけ慎みましょう。もし何らかの事情で印刷した手紙を送る場合は、できれば直筆で感謝の言葉を一筆添えて置くことがのぞまれます。

 


お礼状を送った後に心がけたいこと

pixta_tegami_01

一般的に、弁護士を依頼するまでに至った法的な問題は、その人の人生のなかでも重大な問題であることはいうまでもありません。だからこそ、もし問題が解決し弁護に満足した場合、今後もいつ何があって弁護人として仕事を依頼するかわからないという思いから、お中元やお歳暮などを欠かさず贈る依頼人が少なくありません。

 

感謝の気持ちを形で包むことは日本の伝統的な習慣ではあるものの、金品や付け届けについては、弁護士事務所によってそれぞれ考え方があります。もし差し出したお礼状と付け届けへの返事が弁護士事務所から届き、付け届けなどの気遣いは不要といった文言が書かれていれば、相手の考え方を尊重して、次回からはお礼状や年賀状、暑中見舞い等にとどめておきましょう。

 

いっぽう、お中元やお歳暮などをお礼状とともに贈り感謝の返事が届いても、思いあまって贈答品がエスカレートしないよう、事務所内であると喜ばれるお菓子やお茶、コーヒーさらには石けん類などを選びましょう。また、弁護士事務所を訪れる人のなかにはプライバシーに対して敏感な人が少なくありません。

 

ですから、いたずらにお礼状を添えて付け届けを直接持参せず、できるだけ配達をお願いするように心がけましょう。法的な問題の解決まで長い月日を要すれば要するほど弁護人に対して依頼者が感じる精神的な距離感が近くなるものの、弁護士は他の人の弁護を抱えています。親しき仲にも礼儀ありという気持ちを肝に銘じつつも、感謝の気持ちをいつまでも忘れないで明るい生活を送りましょう。

 

ラボノートの書き方

ラボノートとは、その日行った実験の様子や結果など、実験者が実際にどういった実験を行ったかを示すための物的証拠になるものです。   1.ラボノート...

年賀メール(友人・同僚宛)の例文とマナーと書き方

  毎年12月になると、そろそろ年賀状を書かなくてはいけないと、気が重くなっている人が多かったのものですが、最近は携帯電話やパソコンの普及により、郵便はがきではなく...

戸籍謄本・住民票の写し等職務上請求書の書き方

  1.戸籍等の個人情報の取扱について 2.職務上請求書とは? 3.特殊な職種(行政書士)の業務 4.行政書士の職務上請求書の必要性 ...

大学AOのための自己PRの書き方:部活編

大学AO入試で必ず求められるといってもいいのが自己PRです。書くことがない、自分にはアピールすることがない、と悩む人もいるかもしれません。しかし、そんなに難しく考える必要は...

面接のお礼メールの例文とマナーと書き方

今の世の中は大変便利なものになりました 昔は会社とのやり取りをするとき、資料請求をするときにははがきを一枚一枚書いて、それを各企業に送って資料を請求するという作業が必要でした...

卒業式答辞書き方:大学

大学の卒業式答辞は在校生などから贈られる祝辞や送辞などに対して、お礼として述べる言葉や文章のことです。卒業式に出席してくれた在校生や関係者に対して、お世話になった感謝とお礼...

結婚式の引き出物の【のし】の書き方

引き出物ののしとは、贈るお品に感謝の気持ちを添えるものです。結婚式などはさまざまな方がいらっしゃるお祝いごとですので、どの方にも感謝の気持ちが伝わるように正しいのしと水引を...

報告書書の書き方

業務日報・報告書書を作成する場合には、まずその報告書の目的をはっきりさせる必要があります。一般的には日々の業務の記録化や、進捗状況の確認などが目的になりますので、そのような...

企画書の書き方

  1.企画書を書く目的について 2.企画書の書き方 3.企画書の構成   企画書を書く目的について 企画...

ビジネスレターの書き方

ビジネスレターの書き方は、何に利用するかによっても内容は異なります。基本的なビジネス文書の形式があるため、抑えておくと便利に応用がききます。   ...

スポンサーリンク