香典の金額の書き方

pixta_tegami_01

人間には誰でも誕生がある限り必ず死が訪れます。昨今では身内だけで葬儀を執り行うことが少なくないため、葬儀についての知識が希薄になりがちですが、やはり身近な人の死にさいしては、何らかの心遣いをすることが大事です。

 

  1. 1.なぜ人が死んだら香典を備えるのか?
  2. 2.故人との関わりによって異なる金額の相場
  3. 3.宗派によって異なる表書きの違いと書き方
  4. 4.知っておきたい香典袋のマナー

 


なぜ人が死んだら香典を備えるのか?

pixta_tegami_02

人間には誰でも誕生がある限り必ず死が訪れます。昨今では身内だけで葬儀を執り行うことが少なくないため、葬儀についての知識が希薄になりがちですが、やはり身近な人の死にさいしては、何らかの心遣いをすることが大事です。そのなかでも欠かせないものが「香典」と呼ばれるものです。

 

香典とは、仏式で執り行われる葬儀において死者の霊前に供えられる金品のことですが、もともとはお供え物や線香などの代わりを意味するものです。元来ならばお香をあげさせてもらうとか、お供え物をするという意味合いでしたが、今日における香典の意味は、経済的なことだけでなく精神的にも世話になった故人への恩返しの気持ちであったり、

 

突然のことで何かと出費の多い遺族への経済的な支援であることが多くなっています。また本来は仏式の葬儀で用意されることの多かった香典も、神式やキリスト教式においても渡すのがマナーとされています。不祝儀袋とも呼ばれる香典袋に入れて通夜および告別式で遺族に手渡すものであり、遺族が執り行う通夜や告別式の宗教および宗旨や宗派によって使い分けます。

 

金額にかんしては後述いたしますが、故人や遺族との関係でおおよその相場があり、ただいたずらに高額を差し出しても、むしろ遺族が困るケースが少なくありませんので注意が必要です。大切なのは金額の大小ではなく、故人を弔う気持ちです。形だけの香典ではなく、心から故人の往時を偲びつつ、遺族への心配りこそが最も大切なポイントとなります。

 


故人との関わりによって異なる金額の相場

pixta_tegami_03

故人を弔う気持ちが一番大切であるとはいえ、その気持ちを香典でしめすとき、どのぐらいの金額を包むのがマナーであるのか知りたいところです。住んでいる地域や故人との付き合いの深さ、さらには送り手の収入や宗教などによっても金額は前後してきますし、さらには自分の家で葬儀をしたとき故人の家から香典を頂いている場合は、それと同額の香典を渡すことも一つのマナーです。

 

以上のような事例を考慮しつつ、一般的な香典の相場をご紹介しましょう。送り手の年代別に見ますと、送り手が20代の人であれば、祖父母が亡くなった場合は10000円、両親のいずれかが亡くなった場合は30000円から100000円、親戚等の親族が亡くなった場合は10000円、友人や知人さらには勤務先の上司やスタッフが亡くなった場合は5000円が相場となります。

 

送り手が30代になれば経済的にも余裕が生まれ、さらには故人との関係がより濃密であるケースが多々考えられます。よって祖父母が亡くなった場合は30000円、両親のいずれかが亡くなった場合は100000円、親戚等の親族が亡くなった場合は20000円、友人や知人さらには勤務先の上司やスタッフが亡くなった場合は10000円が相場となります。

 

そして送り手が40代の人であれば、祖父母が亡くなった場合は50000円、両親のいずれかが亡くなった場合は100000円、親戚等の親族が亡くなった場合は30000円、友人や知人さらには勤務先の上司やスタッフが亡くなった場合は10000円が相場となります。これらはあくまで一般的な相場ですので、無理して守る必要はありません。また昨今では金品を受け取ることを辞退する遺族も増えています。

 


宗派によって異なる表書きの違いと書き方

pixta_tegami_01

宗教や宗旨そして宗派によって、それぞれ異なる教義や作法があるのと同じように、香典袋の表書きにも、それぞれにふさわしい用語があります。また包む金額によってもそれにふさわしい香典袋があることを忘れてはなりません。まず、もし先方の宗教がわからないまま通夜や葬儀に参列する場合は、

 

御霊前ならびに参列者である自分の名前を表書きしておけば、たいていの宗教では問題視されません。ちなみに親鸞を開祖とする浄土真宗および真宗系で執り行われる通夜および葬儀の場合は、逝去後に往生して仏となるという教えから御仏前と記しておきます。より汎用性がある表書きとしては御香典があり、現金のみならず御供物にも使える表現であるだけでなく、通夜や告別式の他に四十九日等でも使えます。

 

御仏前という表書きについては浄土真宗および各派の真宗教団を除き、一般的には忌明け後となる四十九日以降に使います。御香料や御供物料という表書きについても、四十九日以降の一周忌や三回忌といった法事で使うのが一般的です。香典袋に表書きする名前の書き方についても、夫婦そろって会葬する場合は、故人との付き合いによって連盟にするか世帯主名にするか決定します。

 

もし妻が夫の代理として参列する場合は、夫の名前の傍らに内と小さく書き添えるのがマナーとなっています。また三名以上の連名の場合は目上の人から順に右から書き、包む金額については均一にする必要はなく、故人や遺族との付き合いに応じて個々に用意します。そしてお金を入れる中袋には、住所や氏名、金額を筆ペンなどで記します。金額については「5000円」とアラビア数字で記さずに漢数字で「金五千円」と記すのが一般的です。

 


知っておきたい香典袋のマナー

pixta_tegami_01

結婚式や稽古事の謝礼、パーティでのご祝儀などでは、人の手あかやシワのない新札を包むのがマナーとなっていますが、通夜や告別式において新札を使うのは最も慎むべき行為であり注意が必要です。新札を包むことには、故人が亡くなることを準備していたという意味合いがあるからです。

 

ですから、もし急ぎで香典を用意しなければならないケースで新札しか持っていない場合は、一度、自分の手で二つに折るなどしてから中袋に包みましょう。ただし、新札がダメだからといってボロボロのお札は使えばいいという訳ではありません。また香典袋のなかに中袋を入れる場合は、表と裏のどちら側が手前になっても問題になりませんが、

 

上下にかんしては同じ向きになるように配慮する必要があります。いっぽう中袋にお札を入れるさいには、お札の顔が印刷されている表側が中袋の裏側になるように入れるのが通例となっています。その理由としては、通夜や告別式後に喪家がお札を取り出すとき、中袋の表側を手前に見ながらお札を取り出したときにお札の裏面が見えるようになるというケースが考えられるからです。

 

いずれにしましても、地域や時代さらには価値観が多様化しているため、喪家および故人のライフスタイルなどで、葬儀におけるマナーや考え方が異なってきます。ですから、香典の金額や書き方などの例は、あくまで一般的なマナーとして理解し、相手にとって失礼のない形で、送り手の心がこもった香典で故人を偲ぶことこそがのぞまれます。

 

日常生活に関する申立書の書き方

働く意欲があるのに、会社側から解雇通告を言い渡されて会社を辞めるのと自分の方から辞職を申し出るのとでは失業保険の給付に大きな違いが出てきます。会社側の都合で解雇された場合に...

卒塔婆供養料の書き方

各回忌法要や埋葬などの供養を行う時に、仏教では、追善供養のため卒塔婆を建てます。仏教でも、曹洞宗などでは必ず用いるのですが、宗派によって用いない場合もあります &nb...

横領の訴状の書き方

訴状とは、裁判所へ該当する相手を民事訴訟で訴えるときに必要となる書類のことです。この場合、裁判所へと提出する際に提出する正本のほか訴える相手へ送付する副本の二種類を作成して...

贈答品に対するお礼状の書き方:ビジネス文書

お得意先というのは、自分たちの会社にとって何よりも大切な相手ということはお分かりになると思いますが、以前からも繋がりが深く、またこれから将来的にも共にビジネスを成功させてい...

手紙の書き方について

近年、パソコンや携帯電話、スマートフォンなどが普及した事によって電子メールを利用する事が多く、手書きの手紙を書く機会が減った人が非常に多いです。しかし、たまに貰う手書きの手紙などは...

突然手紙を書く際の書き方・例文

  1.一般的な手紙のマナー 2.突然の手紙の書き方 3.手紙を出すときのマナー   一般的な手紙のマナー ...

農業確定申告の書き方

確定申告とは、税金に関して行う申告手続のことであり、個人の場合には1年間の収入・支出・掛かった医療費・寄付した金額・家族などの扶養状況から所得を計算し、税務署に申告書を提出...

吹奏楽スコアの書き方

吹奏楽とは、大勢の楽器演奏者が一団となって音楽を奏でる分野です。そして、その分野における「スコア」とは「パート譜(それぞれの楽器演奏者毎に違うそれぞれの演奏者専用の譜面)」...

英文手紙の書き方

英文手紙は日本分の手紙同様、書式の各部位にも決まった形式があります。先ず始めに差出人の住所を書きます。一行目には番地と居住番号、町村名や何丁目等を書きます。二行目は都市区名...

失業保険求人票の書き方

失業保険をもらうにあたり必要なことは求職活動を行うことです。そもそも失業保険は求職活動を行っている人に支給されるものですので、求職活動と認められる行動を行う必要があります。...

スポンサーリンク