御霊前の書き方

pixta_tegami_01

突然の訃報の連絡などによって、バタバタとお香典の用意をするという方も少なくないのではないのでしょうか。日頃から意識をしていないのでその時になって慌てる「御霊前の書き方」今回はこちらについて解説していきたいと思います。そもそも御霊前とは何なのか。それについて説明します。

 

  1. 1.御霊前とは
  2. 2.御霊前の書き方
  3. 3.古くからの慣習を知っておく
  4. 4.宗派・宗教別の書き方とは
  5. 5.香典の渡し方

 


御霊前とは

pixta_tegami_02

そもそも通夜や葬儀、告別式に香典を持参する時ですが、正式な決まりでは喪主・喪家の宗教に合わせて不祝儀用の熨斗袋の表書きを書くのが正式なマナーとなっています。「御霊前」というのはこの表書きを意味しています。

 

この言葉は宗教を問わず、比較的どの宗教にも使えるため、喪主・喪家の宗教がわからない場合等にも用いることができます。また、御霊前は、通夜・葬儀(告別式を含む)のどちらでもでも使えます。ちなみに「御佛前」「御仏前」「ご仏前」という香典表書きは、一般的には四十九日の法要以後に使われます。

 


御霊前の書き方

pixta_tegami_03

では御霊前の意味が分かった所で、本題の書き方について解説していきます。用意する物は、市販の不祝儀袋に薄墨の筆ペンです。今後お付き合い等で必要になる事は出てきますし、常に常備しておいても損はありません。慌てない為にも前もって用意しておくのが良いかもしれません。

 

ここで注意していただきたいのは祝儀袋の水引きは白黒、もしくは双銀などの結び切りのものを用います。上段に「御霊前」と書きます。 下段には会葬者のフルネームを書きます。以上が書き方になります。

 


古くからの慣習を知っておく

pixta_tegami_01

また知識として、不祝儀袋に入れるお金は新札は使わないという習慣が古くから残っています。地域などにも違うでしょうし、現代ではこだわらないという考え方もありますが、ご遺族の中には年輩の方もいらっしゃいます。特に年配の方は習慣を重んじますので、旧習に従ったほうが無難です。

 

もし新札しか持ち合わせがないときには軽く折り目をつけてから香典袋にいれれば大丈夫です。かといってあまりにもくしゃくしゃにしわをつけたお札を用いるのはむしろ失礼にあたります。ほどほどに違和感のないレベルで常識の範囲で考えていただければ大丈夫です。

 


宗派・宗教別の書き方とは

pixta_tegami_01

では今回は御霊前の書き方についての解説でしたが、宗派・宗教によって表書きは異なると書きました。ここでは他のパターンにていて解説します。当日慌てない為にも知識として頭に入れておくと困りませんね。
 
仏式の解説です。
まず不祝儀袋ですが蓮(はす)の花の柄の入った不祝儀袋は、仏式専用となります。他の宗派・宗教で使用しないように気をつけたほうがいいですね。表書きですが、種類としては御霊前・御香料・御香典などがあります。
 
このうち「御香料」「御香典」は仏式のみで使う呼び方になります。御霊前は前にも書きましたようにその宗派・宗教でも共通して使える便利な表書きになります。自信のない方は御霊前で良いですね。ペンは同じく薄墨を使用します。のしは付けません。
 
水引きですが、白黒・双銀・双白の結びきり、またはあわび結びを使用します。ちなみに京都では黄白の香典袋を使います。その土地にもよって変わってくるようです。

 

浄土真宗に関してですが、注意していただきたいのが「御霊前」の表記は使えません。通夜、葬儀とも「御仏前」となります。(本来は前提として先方の宗教を確認しなくてはならないのですが、急な訃報や、やむを得ない理由で宗教を確認できない場合もあります
 
そんな場合は事情を説明し、表書きを「御霊前」とした香典を持参しても許されるという解釈もあります。ですが、面倒なトラブルを避ける為にも前もって確認しておくのが最善かと思われます。)

 

キリスト教式の解説です。
まず不祝儀袋の種類ですが、ユリの花、十字架などの絵が描かれた熨斗袋はキリスト教式用です。はすの花の絵柄の入った不祝儀袋は使わないよう注意が必要です。表書きの種類としては、御霊前・御花料・御ミサ料などがあります。ここで注意していただきたいのが、キリスト教の福音派では御霊前は使えないとされています。
 
その場合は御花料を使います。のしはつけません。又、水引は特に決まりはありません。ミサや告別式は故人が親しんでいた教会で行われるのが一般的とされています。葬儀ミサの後、告別式で、順番に祭壇に花を捧げていくという流れになります。またその際には生花しか飾らないという決まりがある為、供物はいりません。

 

神道の解説です。
はすの花の柄の入った不祝儀袋は使いません。のしはつけません。表書きは御玉串料・御霊前・御神前・御榊料などがあります。水引きは双銀・双白の結びきり、または、あわび結びを使います。以上が簡単な宗教等によっての表書きの書き方についてでした。

 


香典の渡し方

pixta_tegami_01

では、肝心の香典の渡し方について説明します。渡し方のポイントについてまず受付でお悔やみの言葉を述べます。そして記帳をするときに香典もわたします。それでは香典の渡し方のマナーを下記にご紹介します。受け付けでのお悔やみの言葉の例と香典の渡し方
受付で「このたびはご愁傷様でございます」とお悔やみを述べます。

 

受付の係りの人に「お忙しいところご会葬頂き恐れ入ります。こちらに記帳をお願いします」などと言われますので、まずは記帳をします。記帳を済ませたらふくさから香典を取り出します。その際に先方から見て名前が読めるように袋の向きを改めます。

 

そして「どうぞ御霊前にお供え下さい」などと一言添えて香典を渡します。その際に香典は必ず両手で差し出します。片手は良くありません。そして一礼して受付は以上となります。ちなみに場合によっては、記帳と香典を渡す順序が前後します。

 

受付でふくさから香典袋を取り出し「このたびは御愁傷様です」といって受付係に手渡します。香典は必ず両手で差し出します。
 
その後受付係から「御丁寧に恐れ入ります。こちらに記帳をお願いします」と指示されますので、記帳をします。
 
記帳が終わったら一礼して受付は以上です。

 

又、どうしても都合がつかず香典を郵送などする場合は、弔電を打ち不祝儀袋ごと現金書留封筒に入れ、一言手紙を添えて喪主あてに送ります。以上が御霊前の書き方から渡し方までの流れになります。当日慌てないようにしっかりと流れを確認してくださいね。

 

書留封筒の書き方など色々な書き方は下記の記事も参考になります♪
タイトル:書留封筒書き方

未加入期間国民年金適用勧奨の書き方:勤務先事業主

未加入期間国民年金適用勧奨とは、文字通り未加入期間の国民年金の支払いを促す通知書のことであると言えます、全国各地にある年金事務所から個人宅に発送されており、あくまでも勧奨な...

相続放棄申述書の書き方

家族が多額の借金を背負ったまま他界した場合、その借金の責務は法定相続人に継承されますが、法定相続人は相続を拒絶することもできます。これを相続放棄と言います。   ...

1月の挨拶(結び・文末)の例文と結びの挨拶と書き方

手紙やメールを出す際には、季節に応じた挨拶を入れるようにしますが、1月の挨拶をどのような結び、いわゆる文末にしたらいいかを説明します。   1月の挨拶と言えば...

招待状の書き方

招待状というのは、結婚式やパーティーなどの催事の情報を相手に伝えるための書状のことをいいます。結婚式の場合であれば、招待状は結婚の初めの一歩ともいえるものであり、非常に重要...

生命保険の控除証明書の書き方:アクサ生命

日本では生命保険への加入率が非常に高く、子育て世代の三十代ではおよそ八割の方が生命保険に加入しているとされています。自分が加入してる保険会社から毎年控除証明書と書かれた書類...

2月の挨拶(結び・文末)の例文と結びの挨拶と書き方

2月は暦の上では立春を迎えます。 立春とは二十四節気の1つで新暦では2月上旬にあたりこの日から春とされます。旧暦では年末か正月の初旬にあたり約1か月ほどの季節感のずれがありま...

身上書の書き方:受験

身上書とは身の上に関することを書いた書面であり、恐らく身上書という言葉が使われることが多いのはお見合いの場面ではないでしょうか。   1.受験の...

在職証明書の書き方

在職証明書は子供を保育園に預ける場合や、児童預かり機関等に提出を求められることがあります。また、過去にその企業に在籍していたかどうかを証明するために提出が必要になるケースも...

クリーニング提案書の書き方

社内や取引先に対してのアイデアや意見、企画をまとめた文章である提案書は、職種により内容は当然異なっていますが、基本的な部分は共通しています。   ...

弔電・お悔やみ電報(祖父・祖母・義祖父・義祖母)の例文と書き方

訃報は突然伝わってくることが多いため、こちらの都合でやむをえず出席をできない場合があります。祖父母が亡くなった時や、義祖父母が亡くなった時は、遠方で生活をしているとお通夜や葬儀に出...

スポンサーリンク