表彰盾プレートの書き方

pixta_tegami_01

 

  1. 1.トロフィー、表彰盾の使い分けは?
  2. 2.記念品の注文方法
  3. 3.表彰盾プレートの書き方

 


トロフィー、表彰盾の使い分けは?

pixta_tegami_02

会社内の表彰や、コンペティションの表彰、あるいは仲間うちでの表彰など、記念品を授与する機会がある人もいるのではないでしょうか。あまり普段見かけるものではありませんが、どのように準備するのが良いのでしょうか。

 

記念品には、代表的なものとしてトロフィーや表彰盾がありますが、現在はさまざまなデザインのものが出ており、記念品を考える際にはまずデザインを選択することから始めなければなりません。文字を打ってもらったりする関係上、どこかの業者に依頼し、制作してもらうことになります。

 

まずは、トロフィーと表彰盾、それぞれのデザインについて見ていきましょう。トロフィーは、昔ながらの金ぴかのものもありますが、最近では、クリスタルのトロフィーやアクリルのトロフィーといった、現代風のデザインのものもあらわれはじめています。

 

これらは透明感があり、洒落た印象を与えてくれるので、現在はこちらが主流になっているようです。以前は木製の土台にトロフィーが載っており、土台に名前などが打刻されているものが多かったのですが、クリスタルやアクリルのものはトロフィー本体に打刻されていることもあります。

 

対して表彰盾ですが、こちらは昔ながらのデザインが中心になっています。ガラスや木製のものが多く、最近ではカラー写真なども入れられる今風デザインも徐々に取り入れられつつありますが、現在でも、木製の盾に真鍮製のプレートでできている、

表彰盾といったときに思い浮かべる定番デザインがもっとも人気です。これは長い文章を表記できるために、その他の記念品と比べて、賞状に近いイメージになります。

 


記念品の注文方法

pixta_tegami_03

現在は、インターネットなどで検索すると、記念品を販売しているさまざまな業者がヒットします。既製品を一定の値段で販売しているところもありますが、多くの場合オーダー注文も可能で、記念品に文字を打刻してもらえることが多いです。

 

オーダーして、しばらくやりとりをしてから制作に入ることになりますから、記念品が必要な日から余裕をもって注文するようにしましょう。注文の流れは、細かな部分は業者によって異なりますが、大まかな部分はいっしょです。

 

まずは、土台となる製品を選択します。トロフィーなのか、盾なのか、それともメダルなどの他の記念品を選択するのか、ここで決めておきます。その後電話やメールフォームなど、指定の方法で連絡を取り、見積もりを出してもらいます。

 

その後、注文書をやり取りし、可能であれば細かなデザインを相談したり、打刻する文字について注文したりします。製品や、業者によっても差異がありますが、文字を打刻する際には、打刻用の機械を使用します。

 

場所によっては、一文字につきいくらといった料金体系をとることがありますので、文章の量によって見積額が変動することがあります。利用する予定のサービスを確認しておくのがいいでしょう。

 

多くの場合、注文書を受け取ったのち、完成データを一度見せてもらうことができます。修正の有無を確認してから、入金しだい制作が始まる、といった流れが多いでしょう。修正サービス、発送サービスや、入金方法はそれぞれの業者によってさまざまなので、これもまた確認しておく必要があります。

 


表彰盾プレートの書き方

pixta_tegami_01

トロフィーなどの記念品の場合は、表題と、受賞者の氏名、団体名など、必要そうな事項を書いておけばよいかと思いますが、表彰盾プレートの場合、書くスペースが多いぶん、どのような文章を書くべきなのか、またどのような書き方が正しいのか、迷われることもあるかと思います。

 

ここでは、基本的な表彰盾プレートの書き方について見ていきましょう。表彰盾に記載する内容は、基本的に表彰状と同じようなものになります。表題、副題、受賞者の氏名、団体名、主文、贈与年月日、贈与者氏名、団体名、肩書き。

 

これらが基本的な必要事項になります。とはいっても、特別決まりがあるというわけではないので、これが書かれていれば一般的だというだけです。上から順番に書いていくのが通常でしょう。

 

盾の場合には、手書きである程度字詰め調整ができる表彰状とは違い、文字を打ち込む、彫り込むことになるので、記載できるスペースにも物理的な限界があります。そのことを考えて文章を制作します。

 

本文を改行する必要がある場合には、行の両端をそろえておくと見栄えが良くなるので、そのような点にも留意して原稿を作成しましょう。最近では手書き文字やサインを刻印することもできるようになってきたため、自由度が非常に高くなってきています。

 

盾の種類によっては、カラー写真や、認定証などのロゴを転写することができるものまであります。なにかやってみたいアイデアがあったら、一度相談してみるのがいいかと思います。また、表彰盾の本文中には句読点を使わないのが一般的です。

 

というのも、正式な挨拶状や案内状では句読点を打たないのが昔からの通例なのです。これは、漢文の文化から来ています。句読点は、漢文の学習時に利用する補助的な記号なので、正式な文章で句読点を使用すると、相手に対して失礼にあたるとされているのです。
 

現在では句読点のある文章があたりまえになってきていますから、このような意味は薄れつつありますので、読みやすさの面から必要だと思えば、入れてしまっても構わないでしょう。単純に句読点を入れるとデザイン上間が空いてしまうため、避けたほうがいいという考え方もあります。

 

本文の中身については、さまざまな文例があり、注文の際にも相談ができるかと思います。多くの場合、表彰を受ける理由となった事柄を最初の一文に書き、次の文で、そのことを表彰いたします、と書く構成が一般的です。小学校や中学校でもらった賞状の文面を思いだしてみましょう。

 

あのような形式が一般的で、会社内でも、各種コンペティションでも利用できるため、無難な文面です。もちろんこれは堅苦しいものなので、個人から個人へ宛てるものや、退職する会社の同僚のために記念品を準備するときなどは、もっとくだけた文面を準備しても構いません。

 

養子縁組届の書き方

  1.養子縁組とは 2.養子縁組の流れ 3.養子縁組届の書き方 4.養子縁組の問題点   養子縁組とは ...

中期経営計画書の書き方

中期経営計画書は、会社を経営していく上において、短スパンにおける経営計画に関して作成される方針のことをいいます。ここでは会社が、どのような方向に進むのかにということと、会社...

おむつ使用証明書の書き方

  1.おむつも経費で落とせる 2.控除にはおむつ使用証明書が必要 3.おむつ使用証明書とその書き方 4.次年度以降の提出書類 ...

ふるさと納税の確定申告の書き方

ふるさと納税とは、ふるさと納税を行う人にとって関係が全くない土地柄でもできる地域への寄付です。その寄付では、寄付額の内2千円以外のすべての額を、寄付金控除として確定申告時に...

寄付金の書き方

寄付金の書き方についてですが、いろいろな種類があります。例えば依頼をする際の書き方もあれば、受け取った場合のお礼状の書き方などありますが、ここではどちらも例文を交えて紹介し...

ビジネス文書の書き方について

社会人になると、様々なシーンでビジネス文書を目にすることになります。取り引き先などから送られてくる文書は、皆ビジネス文書の形式で書かれていますので、ビジネス文書の漠然としたイメージ...

遺言書の書き方

遺言にはいくつかの種類があります。まず大きく二つに分けることができます。普通方式と特別方式です。普通方式とは通常の遺言のことで特別方式とは死期が近い場合や、或いは伝染病で隔...

離職理由の書き方

  1.離職理由を書く場面 2.お礼状の書き出しについて 3.さまざまな場合に応じた離職理由   離職理由を書く場面 ...

労働保険の申告書の還付の書き方

事業を継続していると、6月くらいに労働保険料の年度更新のための書類が厚生労働省から送られてきます。この年度更新は1年単位で行われ、4月1日から3月31日までの確定保険料と概...

主婦の職務経歴書の書き方

結婚を機に職場を退職して、出産、子育てに忙しく過ごしてきた人でも、子育てがひと段落したら、また働きに出たいという場合も多いことでしょう。そういった場合に、必要になるのが、ま...

スポンサーリンク