起承転結を意識して文章を書けば書きやすい!

なかなか文章がうまく書けなくて困っている方は多いですが、そのような方にオススメの書き方が、起承転結を意識して文章作成するという方法です。

 

はじめに、文章が書けないという方の多くが、書く文章が思い浮かばないということがあります。しかし、それも起承転結を意識して文章作成すれば、次から次へとポンポン文章が頭に思い浮かぶようになってくるのです。

 

例えば、はじめの一文が思い浮かばないで

手を付けることが出来ない方も、起承転結を頭に思い浮かべ、最初は読者の注意を引くような導入文を書いていけば良いわけです。

 

何かを紹介する文章であれば、その紹介する対象のものの歴史であったり、利用される用途について書いていけば冒頭の文章はすぐに書くことが出来るはずです。

 

そして、冒頭の文章がかけたら起承転結にのっとって、次にそれについて詳しく文章を書いていけば、自然な流れで本題にの文章を書いて行けます。文章の流れがよく分からないと、読み手にとっても理解しにくい文章になってしまいますが、この方法で書いていけば自然に流れのある文章が書けるようになります。

 

また、文章を面白いものにするために

起承転結を意識して途中で話の話題を変えたり、別の視点での見方を書いていきます。そうすることによって、読み手の興味を引くことができたり、関心をかうことが出来ます。

 

内容紹介だけの単調な文章だけで文章を書いていくよりも、映画のように突然話が変わったり進展するようにすれば、文章の魅力もグッと上がってきます。

 

そして、起承転結の結論の部分を

総まとめとして書いていきましょう。まとめについては、今まで書いてきた事を要約する感じで文章を書き、最後に筆者の感想や意見を乗せたりすると良いでしょう。

 

このように、起承転結を意識して文章を書いていけば、文章が苦手な方でもそれなりに流れのある面白い文章や、読み手にとって読みやすい文章や分かりやすい文章を書くことが出来るようになってきます。

 

あとは、文章によって

起承転結の「転」の部分をなくしたり、最初に結論を持ってくるという応用でいくらでも魅力的な文章を書けます。このように、昔からある文章の書き方の基本である、起承転結をうまく活用して、文章を書いて行きましょう。

 

ちなみに、その他の文章の書き方のテクニックとして、文調を用途に合わせて変えるという方法も効果的です。ニュースのように、何か物事を人に伝えたい場合は、「だ・である調」で書き、日記や一般的な人へ送る手紙などの場合は、「です・ます調」といった書き方で書くのです。

 

文調を変えるだけでも文章に説得力が出てきたり、相手への伝わり方も変わってきますので、うまくそれらも活用して下さい。

 

色々な書き方は下記の記事も参考になります♪
タイトル:起承転結の書き方

保護者照会書の書き方

少年照会書は犯罪などを起こしてしまった少年が書くことが基本となります。本人が書くことができないと保護者が記入しても大丈夫です。保護者照会書に関しては質問事項がありますので、...

一筆箋の書き方:ビジネス

一筆箋とは一般的に使用される便箋とは違い、縦長の小さな便箋のことです。文章を書く欄も5〜6行しかなく、たくさんの文章を書くことは出来ません。基本的にはちょっとした一言を添え...

作文の書き方にはコツがあります

作文に苦手意識を持っている人は案外多いものです。字数が埋まらない、どう書いていいのかわからない、まとめ方がわからない、と悩みは人それぞれでしょう。しかし、ちょっとしたコツをつかむこ...

三つの文章構造について

文章の書き方について書いていきます。文章をわかりやすいものにするためには、文章構造の工夫がどうしても必要になります。文章構造を考えずに書いた場合、文意がどうしても支離滅裂になってし...

ヘルパー2級を持っている人の履歴書の書き方

  1.ヘルパー2級とその正式名称について 2.ヘルパー2級保持のメリットについて 3.気持ちと絡めて記入する   ...

「ご指導ご鞭撻のほど」の意味と例文と書き方

ビジネス文書において、普段何気なく定例文として使われる「ご指導ご鞭撻のほど」。この言葉の意味を正しく理解し、正しくと買っていますか? 文章の締めくくりとして、意味を理解せずに使って...

10月の挨拶(結び・文末)の例文と結びの挨拶と書き方

10月の挨拶で結びをどんな風にしめくくるとまとまった文末になるかを例文を紹介しながら説明して行きます。手紙やメールで文頭や本文がいかに丁寧で素晴らしい内容であっても、結びがしっかり...

先行研究レビューの書き方

大学などで特定のテーマについて学びを深める際に先行研究をまとめるようにという課題を言い渡されることがあります。ここで言う先行研究というのは、その分野に於いてこれまで行われて...

綺麗な字の書き方のコツ

携帯電話やパソコンが普及したことによって、手紙などを書く機会が減ったという人も多いのではないでしょうか。書く機会が減ってしまうと、必然的にバランスの良い字を書くことが出来なくなる可...

小学生からの書き方について

私は、幼稚園に通っていた時から、親に平仮名の下記かと教わっていました。そのため、小学生になった時には、平仮名の書き方はすべて知っていました。しかし、今の時代では、小学生でも平仮名を...

スポンサーリンク