1月の挨拶(結び・文末)の例文と結びの挨拶と書き方

手紙やメールを出す際には、季節に応じた挨拶を入れるようにしますが、1月の挨拶をどのような結び、いわゆる文末にしたらいいかを説明します。

 

1月の挨拶と言えば、やはり誰もが思い浮かべるのが寒中見舞いでしょう。それほどに日本には、時候を意識して相手の体調などを気遣いながら送る文面が存在していることは、とても素晴らしいことですので、ぜひ、それらを適切に用いて1月の挨拶を書いてみましょう。

 

まず、1月の挨拶で親しい方へ出す場合です。

「松の頃も過ぎましたが、厳しい寒さはこれからです。どうぞ、お身体を大切にお過ごしください。」と結びに入れることで相手への気遣いを示すことが出来ます。また、「寒の内らしい寒さが続いておりますので、お風邪など召されませんようにご自愛ください。」と結びに入れれば具体的に今も寒さが厳しいのでなおいっそう寒さ対策をして体を労わって欲しい気持ちが込められます。

 

そして、「今年の寒さは格別ですので、風邪など引かれませんように。」という文末でも寒さが厳しい今現在の状態を伝えて、相手への配慮を示すことが出来ます。

 

それから「風邪には十分注意して、今度のクラス会にはお互いに元気な姿で会えるように心待ちにしています。」と具体的に相手と会う機会があるならその内容を書くことで、より楽しみを広げられます。

 

さらに「春にはまだまだ遠い季節ですが、どうぞお身体を大切に。」とシンプルに文末に入れてもスマートです。他には、「インフルエンザがすでに流行しているようですので、くれぐれもお気をつけください。」や「寒さが身に沁みる季節ですので、くれぐれもご自愛くださいませ。」でも使えます。

 

「梅の開花ももうすぐですね。春の訪れを心待ちにしております。」というように季節感が感じられる花の開花を入れるとより親しみ深い気持ちになります。

 

次に、1月の挨拶で改まった文面で用いる場合です。

「厳寒の折、お風邪など召されませぬようご自愛ください。」と言うようにより丁寧な言い回しをしますが、改まった場合でも、相手への体調の配慮を意味する言葉を入れた上で結びとします。

 

また「極寒の候ではございますが、ご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。」というような書き方も出来ます。あるいは「時節柄、ご自愛専一にてご精励くださいますようお願い申し上げます。」となればなおいっそう改まった相手に相応しい文末になります。

 

ビジネスのシーンでは、「本年も倍旧のご支援ご厚情を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。」や「本年も変わらぬご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。」など今年一年もお世話になりますので変わらないお付き合いを宜しくお願いしますという気持ちを込めて書くのが、新年の始まりの月である1月の挨拶には相応しい文面になります。

 

また「ますます御健康でご活躍のほど、陰ながらお祈りいたします。 」と文末に書けば、健康を祈る気持ちと共に相手がますます活躍をしてくれることを期待しているという気持ちを込めて伝えることが出来るので、精力的に職務などに励まれている方にはこういった文章を用いることも出来ます。

 

その他、「本年も変わらぬお付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。」や「御一同様のご健康とご多幸を祈りつつ、まずは寒中のお見舞いまで。」と添えても良いでしょう。

 

このように、1月の挨拶のポイントは

親しい間柄では、寒さが厳しい時期であるため体調への配慮をすることや具体的に風邪を引かないようにとの文面を入れるようにしましょう。

 

また、改まった間柄になれば、「ご健康」「ご多幸」というような言葉で相手に対してより丁寧な言葉を用いるようにするのがマナーです。

 

さらに、改まった文面では、この1年も変わらないお付き合いをして頂けるように、「変わらぬお付き合い」という言葉を折り込むことで、新年始めに相手へこれまでのお付き合いの感謝と共にこの一年も変わらないお付き合いをさせていただきたい気持ちでおりますという気持ちをあらわすようにします。

 

1月の挨拶というのは

年賀状だけではなく寒中お見舞いもありますし、ビジネスの世界ではその1年を始めるに当たっての初めての手紙やメールになります。そのためにも相手への健康を祈る気持ちと寒い時期であるためより気遣う気持ちを合わせた上で、親しい間柄と改まった場合と用途に応じた使い分けを覚えた上で、結びの言葉を文末に相応しいように選びましょう。

 

どちらの場合も、冒頭から文末まで、文体が揃っているように意識をして書くようにしましょう。文章の中で、全体が揃っていないとバランスがおかしくなりせっかくの結びの言葉が、正しく伝わりづらくなることがあるからです。

 

文頭が丁寧でも結びに配慮の欠ける手紙やメールでは、まとまりがないだけではなく相手へ失礼な文章になったりする可能性もあるので、このような例文を参考にして1月の挨拶に相応しい手紙やメールを心を込めて書くように心がけてみましょう。

わかりやすい企画書の書き方

  1.企画書とは 2.企画書の書き方の流れ 3.企画書の活かし方   企画書とは 何か新しい事業を発足す...

感想レポートの書き方について

大学の課題で本の感想レポートが出されることはしばしばあります。本を読んで更に文章を書く必要があるので大変な課題ですが、書き方のポイントやコツを知っていればかなり楽に得点の向...

稟議書の書き方

  1.稟議書を作る前に 2.稟議書の書き方 3.稟議書を作るときに注意したいこと   稟議書を作る前に ...

ローマ字の名前の書き方

ローマ字で名前を書く機会は少なくありません。例えば、パスポートを申請するときやクレジットカードを申し込むときはローマ字での申請が必要となります。名前が比較的簡単な場合ですと...

接待交際 社内の書き方

営業マンが個人客を相手にやる接待というのは、珍しい感じです。多くは、営業マン対、他の顧客会社の方といった事例が殆どではないでしょうか。   1....

時間外労働の36協定の書き方

しっかりとした会社であれば36協定という言葉が知られていることでしょう。この協定は労働基準法第36条に規定されているものであり、時間外及び休日の労働に関する法律の一部を指す...

PTA会長謝辞の高校の書き方

PTA会長が謝辞を述べる最大のイベントといえば、なんと言っても卒業式です。特に卒業生の保護者が兼任していることも多く、保護者としての立場から謝辞を述べることができるでしょう...

ゴルフノートの付け方

ゴルフノートの書き方は正しい書き方を身につけておくことでスコアアップにもつながりますのでオススメです。プロでも、コースメモやゴルフノートはまだまだ付けている人は多いですので...

説得力のある文章構造のノウハウについて

文章の書き方について書いていきます。自分の思っていることが正しく伝わらず、誤解されたりすると、書き手としては非常に残念に思います。そこで、そのようなことがないように、自分の意見を正...

法定調書合計表の書き方(平成25年度)

法定調書合計表とは、所得税法などの規定により税務署に提出が義務付けられた法定調書を総括表にしたもので、各法定調書と共に税務署に提出します。   ...

スポンサーリンク