謝罪(交通事故/加害者から被害者へ)の例文とマナーと書き方

日々の暮らしの中で文章を書くことは多いです。いまは、携帯やパソコンの普及によって、実際にペンで文字を書く作業は減ったものの、キーボードを使って書く作業は増えているといえます。

 

ただ、電話や実際に合って話せば声のトーンや表情によって、相手がなにを言いたいのか細かなニュアンスも伝わりますが、文章は活字のみで理解してもらわなくてはなりませんから、表現によっては誤解を生んでしまったり、本意が伝わらない可能性もあります。ですから、文章を書くときには特に注意をして、わかりやすい文章を書く必要があるのです。

 

その中でもとくに気を付けて書かなければならないのは、謝罪の文章ではないでしょうか。謝罪の文章というのは、相手に自分がどれだけ反省しているかをわかっていただき、許しを乞う文章を書かなければなりません。

 

でも、文章が分かりにくかったり、曖昧な表現があると自分の真意が伝わらないばかりか、誤解をされることにもなりかねません。たとえば、交通事故の加害者が被害者にあてて書く文章はとくに配慮が必要です。

 

よく考えないで自分の感情のままに書くと

誤解を生じることがあります。謝罪の文章のはずなにの、事故の原因について言い訳じみているような文章になったり、自分だけが悪いわけではないなどと誤って伝わることもあるかもしれません。

 

謝罪のつもりなのにかえって怒りを買ったり被害者の気持ちを逆なでしてしまうことになるのです。事故解決にも悪影響を与えることにもなりかねません。ですから節度をもち冷静な気持ちで文章を書かなければなりせんし、マナーを守って文章を構成する必要があります。

 

そう考えると文章を書くのも怖くなってしまいますが、そんなときは文例が載っているサイトをみつけて参考にするといいでしょう。ネットにはたくさんの文例集のサイトがありますが、その中でもお勧めなのが例文JPというサイトです。

 

このサイトの優れたところは、日常生活で使える例文がたくさん載っているということです。さらに、ビジネスで使える文例や就職活動だけでなく、季節の例文というものまであります。

 

日本には四季がありますが、季節に合わせた時候の挨拶を書くことがあります。日本だけの文化であり、とても美しい言葉です。上手に使うことで、相手に与える印象もよくなりますが、間違い易いという点もあります。

 

春だからこの言葉でいいだろうと思っても実は違うということもあります。友人や知人の間で間違えても、笑い話で済みますがビジネスの文章など、ぜったいに間違えたくないというときは、このサイトを利用して参考にすると間違える頻度は減ること間違いなしです。

 

さらに、ビジネスでは文章のちょっとしたニュアンスの違いが

商談にも影響を与えてしまいます。さらに、先方の会社に対し謝罪の手紙とかお礼の文章は頻繁に書くことがありますが、そこでも先方の会社に謝罪やお礼の気持ちが正確に伝わる必要がありますし、そういう文章にすることが好印象をもたれる文章と言えるのです。そういうときに、文例集を参考にするといいのです。

 

ちょっとしたことですが自分の会社の書き方も弊社とかくのか、当社と書くのか、わかっているようで実はわからないということはあります。そんなちょっとした疑問もこのサイトには記載されているので、とても参考になるのです。

 

ですから、文章を書こうというときにはこの例文JPというサイトに一通り目を通してから書いたほうがいいのです。さらに就職活動でもこのサイトは使えます。なんといっても就職活動は多くのライバルと戦っていますからちょっとした誤りが自分の評価を下げてしまうということにもなりかねません。

 

こちらのサイトを利用して、他の方にはない光る文章にすることで、多くの志望者から選んでもらえる可能性があるのです。さらに、このサイトには、普通の暮らしの中でもお役立ちの文例集もあります。

 

お中元やお歳暮のお礼状ですが、気の利いたことを書きたいと思ってもどう書いていいかわかりませんがそういうときもこの文例集を利用するといいのです。さらにちょっと変わったところで、花嫁の手紙の例文というものもありました。

 

頻繁にはないでしょうが、当事者にしてみれば家族にどのような文章を書いたらいいのか、言葉がでないということもあります。いろいろな思いが湧いてきて言葉がまとまらないということもあります。

 

そんな方はこの文例を参考にして

感謝の気持ちや結婚に対する自分の素直な気持ちを伝えていくといいでしょう。現代人にとって文章は近くにありながら、簡単ではないということもあります。でも文章を書くことで人とのつながりが深くなっていくこともあります。

 

面倒だからとか、書いてもどうせうまく表現できないからといって手紙を書く事から逃げないでほしいです。日常生活で使える例文集などで頻繁に書いていくうちに、書きなれていくはずです。そのうちに筆まめといわれるくらいに書くことに慣れ親しむこともできるのです。

【3月】手紙の書き方・拝啓

手紙の書き方をしっかりと理解していると、いざというときにきちんと季節のことや相手への気遣いのある文章を書くことができるようになります。季節やその月によって文章や季語などの書...

年末調整の書類の書き方

年末調整は、会社に勤めている公務員やサラリーマンなどの所得者に対して、支払いをした給与や所得税を12月に調整する事です。   年末調整に必要な書類は、給与所得...

香典の礼状の書き方

  1.香典の礼状とは 2.香典の礼状の書き方のきまりと形式 3.香典の礼状の書き方の流れ 4.宗教による表現の違い 5.香典の礼状の...

すっきりとまとまった文章のポイントとは

文章を書く際、できるだけすっきりまとめたいと思うが故にうまくかけず、冒頭でつまづいてしまうことがあります。今回は、文章をすっきりまとめて書く書き方をご紹介したいと思います。 ...

稟議書:ゴルフ接待の場合の書き方

  1.ゴルフによる接待とは 2.交際費と会議費の税務上の考え方 3.稟議書の書き方   ゴルフによる接待とは ...

12月の挨拶(書き出し・文頭)の例文と時候の挨拶と書き方

手紙を書く際、特にビジネスシーンや、他にも昔の師、古くからの友人などの日ごろあまり合わない方に対して書く場合には、書き出しに季節の単語を織り交ぜたものを形式的に使用するということが...

出欠返信書き方

結婚式を始め、同窓会や親睦会、各種パーティー、職場の歓送迎会、忘年会など、出欠の返信が求められる場面は様々ありますが、出欠返信において最も大切なのは、早めに返信をするという...

送付状の代理の書き方

送付状を代理で送らなければならない場合が発生することは良くあることではないでしょうか。   1.代理でファックス送付状を送るケース 2.メー...

感想レポートの書き方

  1.レポートと感想文のとらえ方とは? 2.レポートの基本的な書き方 3.感想文の書き方 4.感想文とレポートの違いは? &n...

香典袋の書き方について

誰かが亡くなった知らせを受けて葬儀に参列する際には、香典を持参するのがマナーになっています。香典は、通夜と告別式のいずれに持参しても問題ありません。弔事の際のしきたりは、宗教や宗派...

スポンサーリンク