謝罪(交通事故/加害者から被害者へ)の例文とマナーと書き方

日々の暮らしの中で文章を書くことは多いです。いまは、携帯やパソコンの普及によって、実際にペンで文字を書く作業は減ったものの、キーボードを使って書く作業は増えているといえます。

 

ただ、電話や実際に合って話せば声のトーンや表情によって、相手がなにを言いたいのか細かなニュアンスも伝わりますが、文章は活字のみで理解してもらわなくてはなりませんから、表現によっては誤解を生んでしまったり、本意が伝わらない可能性もあります。ですから、文章を書くときには特に注意をして、わかりやすい文章を書く必要があるのです。

 

その中でもとくに気を付けて書かなければならないのは、謝罪の文章ではないでしょうか。謝罪の文章というのは、相手に自分がどれだけ反省しているかをわかっていただき、許しを乞う文章を書かなければなりません。

 

でも、文章が分かりにくかったり、曖昧な表現があると自分の真意が伝わらないばかりか、誤解をされることにもなりかねません。たとえば、交通事故の加害者が被害者にあてて書く文章はとくに配慮が必要です。

 

よく考えないで自分の感情のままに書くと

誤解を生じることがあります。謝罪の文章のはずなにの、事故の原因について言い訳じみているような文章になったり、自分だけが悪いわけではないなどと誤って伝わることもあるかもしれません。

 

謝罪のつもりなのにかえって怒りを買ったり被害者の気持ちを逆なでしてしまうことになるのです。事故解決にも悪影響を与えることにもなりかねません。ですから節度をもち冷静な気持ちで文章を書かなければなりせんし、マナーを守って文章を構成する必要があります。

 

そう考えると文章を書くのも怖くなってしまいますが、そんなときは文例が載っているサイトをみつけて参考にするといいでしょう。ネットにはたくさんの文例集のサイトがありますが、その中でもお勧めなのが例文JPというサイトです。

 

このサイトの優れたところは、日常生活で使える例文がたくさん載っているということです。さらに、ビジネスで使える文例や就職活動だけでなく、季節の例文というものまであります。

 

日本には四季がありますが、季節に合わせた時候の挨拶を書くことがあります。日本だけの文化であり、とても美しい言葉です。上手に使うことで、相手に与える印象もよくなりますが、間違い易いという点もあります。

 

春だからこの言葉でいいだろうと思っても実は違うということもあります。友人や知人の間で間違えても、笑い話で済みますがビジネスの文章など、ぜったいに間違えたくないというときは、このサイトを利用して参考にすると間違える頻度は減ること間違いなしです。

 

さらに、ビジネスでは文章のちょっとしたニュアンスの違いが

商談にも影響を与えてしまいます。さらに、先方の会社に対し謝罪の手紙とかお礼の文章は頻繁に書くことがありますが、そこでも先方の会社に謝罪やお礼の気持ちが正確に伝わる必要がありますし、そういう文章にすることが好印象をもたれる文章と言えるのです。そういうときに、文例集を参考にするといいのです。

 

ちょっとしたことですが自分の会社の書き方も弊社とかくのか、当社と書くのか、わかっているようで実はわからないということはあります。そんなちょっとした疑問もこのサイトには記載されているので、とても参考になるのです。

 

ですから、文章を書こうというときにはこの例文JPというサイトに一通り目を通してから書いたほうがいいのです。さらに就職活動でもこのサイトは使えます。なんといっても就職活動は多くのライバルと戦っていますからちょっとした誤りが自分の評価を下げてしまうということにもなりかねません。

 

こちらのサイトを利用して、他の方にはない光る文章にすることで、多くの志望者から選んでもらえる可能性があるのです。さらに、このサイトには、普通の暮らしの中でもお役立ちの文例集もあります。

 

お中元やお歳暮のお礼状ですが、気の利いたことを書きたいと思ってもどう書いていいかわかりませんがそういうときもこの文例集を利用するといいのです。さらにちょっと変わったところで、花嫁の手紙の例文というものもありました。

 

頻繁にはないでしょうが、当事者にしてみれば家族にどのような文章を書いたらいいのか、言葉がでないということもあります。いろいろな思いが湧いてきて言葉がまとまらないということもあります。

 

そんな方はこの文例を参考にして

感謝の気持ちや結婚に対する自分の素直な気持ちを伝えていくといいでしょう。現代人にとって文章は近くにありながら、簡単ではないということもあります。でも文章を書くことで人とのつながりが深くなっていくこともあります。

 

面倒だからとか、書いてもどうせうまく表現できないからといって手紙を書く事から逃げないでほしいです。日常生活で使える例文集などで頻繁に書いていくうちに、書きなれていくはずです。そのうちに筆まめといわれるくらいに書くことに慣れ親しむこともできるのです。

セミナー報告書の書き方

セミナー報告書とは、会社側が社員に身に着けてほしい部分について、当該社員に当てはまるセミナーを受講させるといったケースが多く、そのセミナーも種類は多岐にわたっています。 ...

特別微収のしおりの書き方

サラリーマンであれば特別微収という言葉を聞いたことがある人は少なくないでしょう。この特別微収というのは住民税に関する特別な対応のことを言います。一般に住民税というものは収入...

会社訪問のお礼状の例文とマナーと書き方

大学生も後半になってくると、そろそろ将来の進路について考え始める時期ではないでしょうか。どのような企業でこれから社会人生活を始めるのかということについて自分なりによく考え、そしてそ...

博士学位論文の書き方

大学生の皆さんは博士学位論文を控えて、どのように論文を書くのか手も足も出ないかも知れません。そのようなことにならないために、博士学位論文の書き方を見て行きましょう。 ...

封筒の裏の差出人の連名の書き方

手紙を送る際、場合によっては封筒の裏の差出人を連名にする必要があります。例えば、結婚式の招待状です。封筒の裏の差出人の箇所には、挙式を行う2人の名前を連名で記すのが慣習とな...

感想レポートの書き方のコツ

感想レポートの書き方については、いくつかのポイントがあります。それらを項目別に見てみると、次のようになります。   1.読む立場と書く立場 ...

AED講習案内文書連絡の書き方

人間は事故や病気によって突然、心臓が正常に動かなくなる事があります。心臓が停止してしまうと、早く正常に動かす必要があります。心臓の細動が再開するまでの時間が短ければ短いほど...

12月の挨拶(結び・文末)の例文と結びの挨拶と書き方

季節に応じた結びの言葉で手紙やメールを出すようにすると、受け取った相手へ真心が伝わるものです。たとえ、文頭が丁寧で気配りのある内容になっていたとしても、終わりが相手への配慮がないと...

近火見舞い袋の書き方

  1.近火見舞いとは 2.近火見舞いの書き方と相場 3.近火見舞を渡すタイミング   近火見舞いとは ...

花火の絵の書き方

夏になると、日本全国のあちこちで、打ち上げられる花火を心待ちにしている人も多いのではないでしょうか。夏休みの思い出として、絵を書く場合や、夏休みの宿題の一つとして、絵日記が...