年賀メール(友人・同僚宛)の例文とマナーと書き方

 

毎年12月になると、そろそろ年賀状を書かなくてはいけないと、気が重くなっている人が多かったのものですが、最近は携帯電話やパソコンの普及により、郵便はがきではなく、メールで年賀メールを送る人が増えてきました。 手書きという煩わしさがなくなり、日ごろからうち慣れている携帯やパソコンのキーボードで簡単にできると好評です。

 

ただ、年賀メールですが、だれに対しても同じ文面でいいというわけではありません。

学生のうちは、砕けた文章でも許されるところはありますが、社会人になって上司や同僚にも同じノリで書いてしまっては、あとで 人間関係にもヒビが入るということにもなりかねません。

年賀メール(職場の上司宛)の例文とマナーと書き方も知っておいて損がないです♪

 

友人関係であっても、学生のうちは、「あけおめ」で済ませたとしても、ある程度の年齢になったら「あけましておめでとうございます」の文章は必要です。日本には美しい日本語があるのですから、いつまでも短縮形でいいというのは、いただけません。

 

つまり、年賀状であっても年賀メールであっても常識ある文章を心がけるというのでは一緒なのです。 年賀メールを送る場合、なぜ送るのかとか、どういう付き合いなのかということでも文面の中身は変わってきます。

 

相手がいつも送ってくれるからこちらも送るというだけでしたら、あまり文面を凝る必要はありませんが、日ごろから仲良くしてい友人とか今後もずっと付き合いを継続していきたいと願うのでしたら、感謝に気持ちをいれたり、今後ともよろしくという文面をいれると気持ちが入っていると思われるはずです。ただ、そのような文面も、普段から書き馴れていないとどのような言葉を選べばいいのか、わからなくて結局あたりさわりのない 文章にしかならないというときもあるでしょう。

 

そんなときにおすすめなのが、文例を紹介しているサイトを見てみるという方法です。

ネットを検索してみると例文.JPというサイトがお勧めです。このサイトには年賀メールがたくさん紹介されています。文例もそうですが季節の挨拶も載っているのでとても 参考になります。日本は四季があり、季節によって出だしの挨拶の言葉が変わってくるのですが、それはわかっていそうでなかなか理解していないことが多いです。勝手に春だから、この言葉でいいだろうと使ってみて、間違えると思わぬ恥をかくということにもつながります。

 

友人の間では笑話で済んでしまえることも、上司に出してメールで間違うととても、居心地の悪い気になるものですから、メールを書く前にこちらのサイトで、よく確認してから書くことをおすすめします。

 

こちらのサイトでは、年賀メールの文例もたくさん載っています。

友人あてやプライベートに使えるものから、上司や同僚向けの文例も参考になりますから、使えるサイトと言えるでしょう。さらに年賀メールだけでなく手紙の文例や挨拶などの文例も載っているので普段から、見るようにすると美しい文章を書く助けになるはずです。

 

世の中、携帯やパソコンが普及していますが、文章を書くということはなくなりませんから、書くということをおろそかに考えないほうがいいでしょう。手紙やメールをかくときに言えることは、どんな相手に送るにしても、凝りすぎて、相手が理解できないようなメールを送ったり、不愉快に感じるメールは送ってはいけないということです。

 

それは単なる、迷惑メールを送っているのと同じことになるからです。相手に不快なものは送らないのがルールです。 美しい文章だったり、ちょっとクスっと笑える楽しいメールを送ることが望まれるのです。

 

さらにこの例文.jpにはビジネスで使える例文が載っています。実際仕事ではメールを送る機会はとても多いです。 社内のメールもそうですが、取引先とのやり時もいまはメールが頻繁に送られてますが、用途ごとの文例が多く載っています。

年賀メール(取引先・企業宛)の例文とマナーと書き方も見て下さい♪

 

謝罪メールやお礼メールは、数多く送ることがあります。

これも書き方によって、相手の印章が変わってきますからこの例文を参考にするといいでしょう。たとえば、自分の会社を弊社と書くのか当社と書くのか、わかっているはずでも実はわからないことは多いですし、書き方には意味があるのです。

 

さらに、就職活動中のメールの書き方もありました。これこそ、このサイトをしっかり確認してから書いたほうがいいのです。 自分の就職活動を成功させるためには文章に書き方も大きいのです。ちょっとした文章でも、どうせかくのでしたら、正しく書いたほうがいいのです。こちらのサイトは、仕事を良好に生かせるためにも覚えておいたほうがいいのです。

 

文章やメールの書き方はいろいろありますが、一番やってはいけないこと、それはメールの返事を書かないということです。 とくに年賀メールなどは自分は書かない主義という人もいますが、それは間違いです。

 

相手からもらったらきちんと書くのは常識ですし目上の人には、自分から書くのは当然なのです。つまりメールでも文章でも、常識をわきまえた書き方をしたほうがいいのです。

 

作家になるための小説の送り方

自分が書いた小説を、ある出版社に送って新人賞を狙いたいと思っている人は、数多く存在しております。ですが、小説は書いたものの、原稿用紙への書き方がわからないという人は多く、最近ではそ...

注文請書の書き方

注文書と注文請書も仕事をする上での簡易的な契約書のことをいい、注文請書というのは受注者から顧客つまり発注者に対して受注したことを証明する文書のことです。注文書と注文請書は一...

ビジネス文書の書き方について

社会人になると、様々なシーンでビジネス文書を目にすることになります。取り引き先などから送られてくる文書は、皆ビジネス文書の形式で書かれていますので、ビジネス文書の漠然としたイメージ...

文章を違和感なく書くコツ

仕事やブログ、はたまたメールなど、日ごろ文章を書く機会はとても多いかと思います。「こんな文章でいいのかな?」「あれ、これはおかしくないかな?」そんな悩みや不安をちょっとした書き方の...

お悔み状の書き方:弔問に行けない理由

急な訃報を受けた際、出来れば通夜や葬儀に参列し、直接お悔やみを申し上げたいところですが、スケジュールの関係や体調不良、遠方であるなどのやむを得ない事情があり、直接弔問に行け...

結婚祝いの親戚へのお礼状の書き方

結婚が決まって周囲の人に報告をしたら、結婚祝いをいただくことがあるでしょう。結婚祝いをいただいたら、お礼状を出すようにしましょう。結婚祝いのお礼状は、結婚式を終えた後や新婚...

簡単な承諾書の書き方

要求や依頼の内容を引き受ける旨、記載の文書が承諾書です。比較的簡単な内容のものから、ビジネスでも使用される形式がキチンとしたものまで、書き方も様々です。  ...

「当方」の意味と例文と書き方

「当方」とは自分自身が属している側を指し示す謙譲語であり、所属している組織や団体等のグループ全体を表現するものです。そのため、自分がその組織や団体等のグループを代表として、相手方と...

残暑見舞いの書き方

季節によって相手へ送る挨拶文というのは違うものです。その季節のイベントごとや、イメージなどを思い浮かべるようにできる言葉を選んで書くようにします。月ごとにいろいろな季語など...

横領の訴状の書き方

訴状とは、裁判所へ該当する相手を民事訴訟で訴えるときに必要となる書類のことです。この場合、裁判所へと提出する際に提出する正本のほか訴える相手へ送付する副本の二種類を作成して...