恋文ラブレターの書き方

pixta_tegami_01

ラブレターや恋文とは愛を告白したり、愛情を相手に伝えるための手紙のことです。さらに昔には付き文や艶文、艶書などと呼ばれています。相手に対して告白はしたいけれど面と向かって話せないときや、伝えたい想いを文章で表現するために用いられます。

 

  1. 1.ラブレターや恋文とは
  2. 2.ラブレターを書く前の準備
  3. 3.シンプルなスタイルを大切にする
  4. 4.書き方のポイントについて

 


ラブレターや恋文とは

pixta_tegami_02

ラブレターや恋文とは愛を告白したり、愛情を相手に伝えるための手紙のことです。さらに昔には付き文や艶文、艶書などと呼ばれています。相手に対して告白はしたいけれど面と向かって話せないときや、伝えたい想いを文章で表現するために用いられます。ラブレターや恋文を相手に渡すことで、愛情を気付かせることが出来ます。

 

直接会って渡したり、郵便や机の中に入れるなどして間接的に渡す方法があります。自分の気持ちを文章にすることで言いたいことを正確に伝えることができ、相手にも理解しやすい形で伝えることが出来ます。現代ではコミュニケーションツールとしてメールが一般的ですが、手紙にして渡すことで温かみのあるコミュニケーションツールになります。

 

口下手な人や人見知りの人、緊張しがちな人も簡単に自分の気持ちを告白することが出来ます。代筆をしてくれるサービスもあり、より効果的な手紙を相手に届けることも可能です。ラブレターや恋文の種類には相手に気持ちを伝えるものだけでなく、デートを申し込むものや交際中の気持ちを伝えるものもあります。

 

恋愛に発展していない関係から付き合っている間柄でも効果的に使うことができ、恋愛の大切な場面に活用することが出来ます。どの種類も相手との関係性や絆を深めることができ、より相手との距離を縮めることが出来ます。また交際中に手紙を送れば、愛情の新鮮さや深さを長く保つことが出来ます。溝が出来てしまったときでも、お互いに恋愛感情を深めることが出来ます。

 


ラブレターを書く前の準備

pixta_tegami_03

恋文は恋愛のきっかけとなるツールでもあるので、相手の人生にも少なからず影響を及ぼします。相手に気持ちを伝えることで二人の運命が動き出すこともあるので、書き始める前には自分の気持ちが本物なのかを確認します。自分の気持ちとしっかり向き合うことで一時的な感情に流されることなく、素敵な文章を書くことが出来ます。

 

恋に恋している状態ではないのか、恋だと錯覚している部分はないのかなど自問自答を繰り返すようにします。気持ちを伝えるということは相手を少しでも巻き込む可能性もあるので、責任をきちんと取ることが出来る感情なのか確かめます。また相手と出会ったときはどのような感情で、いつから好きになったのかを考えます。

 

相手のどこに魅力を感じて好きになったのか、どんなことがきっかけで好きになったのかを思い出すようにします。自分の気持ちを空回りさせないためにも、ノートに書きながら一つ一つ確認します。相手の良いと思うところや、魅力的だと思うところも書き出しておきます。気持ちを文章にしたり客観的に整理することで、

 

自分が書きたいと思う文章や気持ちを整理することが出来ます。全く思い出せない場合や思いつかない場合は、もう一度この気持ちは本物なのかを考える必要があります。またラブレターを書くことで相手とどんな関係になりたいのか、どのような関係になったら理想なのかをしっかり考えておきます。どんな未来を自分が思い描いているのか考えることで、文章に盛り込むことが出来ます。

 


シンプルなスタイルを大切にする

pixta_tegami_01

説明的で長い文章は相手を飽きさせるだけでなく、熱烈な気持ちをいきなり伝えられると戸惑ってしまいます。そこで出来るだけ文章は短くして、シンプルなスタイルになるように気を付けます。二人が出会ったときのきっかけや好きになった理由、好きなところなど書いてしまうと読むのが大変になります。

 

また短くすることで簡単にまとまった手紙を書くことができ、誰でも上手に文章を書くことが出来ます。知り合って間もないころや口説き始めたことに書くなら、最初に「好きです」という気持ちだけを書くようにします。どんなところが魅力でどんなところを好きになったのかを相手に説明する文章よりも、効果的です。

 

相手の心にストレートに響くので、その後の文章も魅力的なものになります。それなりに気心知れている間柄や、口説き終わっているなら「好き」という言葉を多く盛り込むようにします。ここが好きです、こんなところにも魅力を感じているなど、愛情を出来るだけ多く書くようにします。

 

シンプルなスタイルを心がけるようにして、理由と気持ちを書くだけに収めておきます。相手が物足りないと感じるくらいがベストで、自分を気になる存在にすることが出来ます。女性が男性に手紙を送るときには、シンプルな便箋を使うようにします。

 

女性同士で手紙をやり取りする時に使うような、キャラクターや色鮮やかなものはなるべく避けるようにします。女性らしい便箋だと男性は無意識に抵抗感が生まれてしまうので、相手がすぐに受け取ることが出来るシンプルなデザインを選ぶことが大切です。

 


書き方のポイントについて

pixta_tegami_01

書き方のポイントは、起承転結を盛り込むことです。文章の骨組みがしっかりしていると相手にも読みやすく、好印象な文章になります。自分の気持ちを正確に伝えることができ、簡潔で分かりやすい文章を作ることが出来るのです。まずは導入文として、手紙の時候の挨拶や頭語を作ります。

 

元気なのか、手紙を書いたことがあるかなど軽い書き出しを加えます。導入文の後には相手への気持ちや、これからどんな関係になりたいのかを書いていきます。好きだという気持ちと理由だけを書いたり、これからどんな関係になりたいと思っているのかだけを書きます。

 

二人が出会った思い出や親しくなったきっかけなどを説明していると長くなってしまうので、短くするように注意します。最後に返事を待っていることなど、相手の反応を伺うような文章で締めるようにします。相手に変なプレッシャーをかけるのではなく、あくまでもさりげない文章にするようにします。

 

さらに、丁寧に書くことも大切なポイントの一つです。字がきれいで読みやすく、美しいのも素晴らしいのですが、達筆だからといって難しく書かないようにします。誰にでも読みやすく、最後まできちんと理解出来るような文字を書くように心がけます。

 

一文字一文字に想いを込めて、相手に気持ちが伝わるように慎重に書き進めることが大切です。文字に自信がなくても、一生懸命丁寧に書いたことが伝われば問題ないです。余計なことや難しい駆け引きのことは考えずに、素直な気持ちを書くようにすることもポイントです。

 

遺言書の書き方

遺言にはいくつかの種類があります。まず大きく二つに分けることができます。普通方式と特別方式です。普通方式とは通常の遺言のことで特別方式とは死期が近い場合や、或いは伝染病で隔...

小学生のための福祉作文の書き方

自分が体験したことなどを文章にまとめて書き表したものが作文ですが、福祉に関連した話題を書けば福祉作文と呼ばれます。   1.福祉作文とは 2...

式次第の書き方

  1.忘年会の式次第の書き方 2.新入社員歓迎会と送別会の式次第の書き方 3.社員旅行宴会での式次第の書き方 4.謝恩パーティーでの式次...

書き方と持ち方について

文字の読み書きは、教育の基本です。特に文字を書くことは、読むことと比べると難しく、教える側にとっても簡単ではありません。なぜなら、文字の形を教える以前に、まずは鉛筆など書くものの持...

手紙の書き方:例文、お悔やみ

親類や知り合いなどが亡くなってしまった時にお悔やみの手紙を書くことになりますが、このようなことが初めての方はどのようにかけばいいのかわからないという人もいるでしょう。お悔や...

文字も内容も「書き方」は重要です

英才教育が始まり、小学校に入学する前から鉛筆を持って文字を書く経験をする子どもは増えましたが、正式に学ぶ環境が整うのは小学校からです。   昔を振り返ると、小...

御霊前の書き方

突然の訃報の連絡などによって、バタバタとお香典の用意をするという方も少なくないのではないのでしょうか。日頃から意識をしていないのでその時になって慌てる「御霊前の書き方」今回...

入学辞退届の書き方

子供が第1志望校に合格したならば親としてはとても嬉しいものです。しかしながらそれと同時に滑りどめを受けていたのであれば、その入学を辞退しなければなりません。それをどのように...

キューシートの書き方

キューシートとはテレビ番組などにおけるタイムテーブルを個別に、番組の始めから終わりまで記した書類のことで、テレビ局やラジオ局などで主に用いられています。滞りなく放送を行うた...

室内パースの書き方

パースとは日本語で透視図の事で遠近法を利用して物件を斜めから見たものです。室内パースは室内から建物を見た図面です。モデルルームなど実際に行って自分で建物を見ることができない...

スポンサーリンク