応募の書き方

pixta_tegami_01

人生に深くかかわっていくことになる書類といえば、履歴書などがあげられます。また、転職を考えたことがある人は、職務履歴書も必要になってきます。この二つが必要になる場合、二つそろって応募書類といいます。

 

  1. 1.人生に必要な応募書類
  2. 2.メールで応募の心掛け
  3. 3.採用担当者が求めるもの
  4. 4.次の難関面接について

 


人生に必要な応募書類

pixta_tegami_02

人生に深くかかわっていくことになる書類といえば、履歴書などがあげられます。また、転職を考えたことがある人は、職務履歴書も必要になってきます。この二つが必要になる場合、二つそろって応募書類といいます。では、この二つの違いはなんなのでしょうか。まず、履歴書は企業への入社・退社などの事実を書かなければなりません。

 

基本的なプロフィールを書かなければならないのが、履歴書となります。それに対して、職務履歴書というのは、業務に関係のない情報は、基本的に一切書きません。職務に関して履歴書では書ききれない詳しい情報を補ったりするものです。今までの職業の詳細を書くものです。では、職務履歴書にはどのように書けばいいのでしょうか。

 

職業を詳しく書くといっても、とても抽象的で困ってしまう方も多くいると思います。主に書くことは、今までに経験してきた職務での業績、またそれを通して得たもの、今自分の持っている、今後役に立ちそうなスキルや能力を書くことが求められます。そして、書き方が二つあります。一つは、一つの業種で経験を重ねてきた方おすすめです。

 

時間の経過とともに業務経験を書く、編年体式が一般的に使われています。自分がどのような経験を重ねてきたのか相手にわかりやすくなっています。もう一方は、職務内容で分類した、キャリア式というものがおすすめされています。様々な職業を経験された方におすすめされていて、経験した職務で得たものを伝えやすくなっています。

 


メールで応募の心掛け

pixta_tegami_03

まず、自己アピールを必死にすることが前提です。会いたいという気持ちを全力でアピールしなければ、返信が帰ってこない場合も多々あります。しかし、時期のあいさつはメールでの場合不要です。また、全力でアピールしなければと力みすぎてしまい、志望動機がとても長くなってしまうと送られた側もあまりいい気はしません。

 

なので、全体的なバランスをしっかりし、書き終えたらすぐに送らずに一度冷静になってから見直してみましょう。書き上げた時は、気持ちが上がってしまっているので、間違えに気づかないことも結構あります。手短に最低限のことを書きましょう。次に大切なのが、件名を書くことです。

 

相手の方は一日に何件ものメールが送られてきているので、応募なのか問い合わせなのか、わかりにくいと印象が悪くなってしまいます。応募の場合は職種などの詳細も載せておくといい印象を受けます。メールの文章をそのまま、一種の能力として見られることが多いので、文章には注意が必要です。最低限の言い回しや、礼儀などをしっかりと覚えるようにしましょう。

 

文章もとても大事なのですが、相手に出来る限りわかりやすく伝えよう、といったレイアウトなどの心遣いも必要になってきます。項目などの箇条がきの際には、改行して文頭には○などの文字を付けると見やすくなります。相手に自分の真剣な気持ちを伝えることが一番に大切です。少し失敗しても、気持ちが伝わるような相手のことを考えたメールを送りましょう。

 


採用担当者が求めるもの

pixta_tegami_01

多くの方はわかりやすく、自分を熱心にアピールして会ってもらおうと丁寧に応募メールを書きます。しかし、採用担当者の方はなにを求めているのでしょうか。どのような人材が求められているのか、漠然としていても把握する必要があります。これを意識するかしないかで、とても大きな差が開いてしまうこともあります。

 

応募の中で、重要視されるのは業務経験です。今までどのような経験を積みあげてきて、どのようなスキルがあるのか。当然これはこれからの仕事に直接かかわるものなので、一番最初に確認される項目です。しかし職務履歴というのは簡単には変えられないものですので、ここで他の人と差が開いてしまうと困ったことになります。

 

違う面で差を埋めないといけません。次に重要視されるのが志望動機です。これは自分の考えなので、いくらでもいいものにもできます。なぜそこの会社なのか、何が出来るのか、なにをしたいのかを明確にする必要があります。もし自分が採用担当者だったとして、曖昧な理由で志望された方を取ることがありますでしょうか。

 

そのようなことを意識して、他人を納得させる強い意志と厚い動機がなければなりません。なぜ当社なのか、というのがはっきりしていないと、インパクトに欠けてしまうのであまりいい印象を与えません。自分にできる最善の努力を尽くせる面が、志望動機ですので全身全霊で書かなければなりません。ここが合否の境目になってしまうこともありますし、形勢逆転のチャンスとなっています。

 


次の難関面接について

pixta_tegami_01

多くの方は人生で一回は経験したことがある面接。やはり人前になると緊張してしまい、本来の自分の姿を発揮できなかったりしています。しかし、自分もそういう状況ということは他の人も同じような状況なのです。だれだって緊張してしまいますので、ここで成功すると大きな差をつくることができます。

 

面接の際にはさまざまな面を見られています。この場面でコミュニケーション能力を見られていますので、気にしなければいけない面がいくつもあります。まず、相手の目を見て話すことです。これは多くの方が小さいころに親に言われた記憶があるのではないでしょうか。面接の際にも重要となっていきます。常識なだけに、出来るか出来ないかで印象が大きく変わってしまいます。

 

次に、質問はわかりやすく、手短に返すことです。だらだらと余計なことをしゃべってしまうとよくないです。言葉をまとめて相手に伝える能力が必要です。また、積極的に自己アピールすることがやはり必要になってきます。この際に、過去のことをずっと言っているとあまりいい印象をうけません。

 

なので、未来へのやる気と、希望をはきはきとしゃべることが出来ることが大切になってきます。しかし、質問を受けた際に知ったかぶりなどの余計な行為をしてしまうと逆効果ですので、素の自分を相手に見せましょう。面接で一番大切なのは一生懸命という気持ちで、御社に入社したいという気持ちを見せることです。熱心に取り組めば必ず報われる日が来ますので、あきらめないことが重要です。

 

入国カードの台湾での書き方

入国カードというのは、出入国者の審査簡便化を目的として導入されているものです。台湾へ旅行へいく場合にも必要になります。このように出入国カードが必要な国へ渡航する場合には、機...

ゴルフノートの付け方

ゴルフノートの書き方は正しい書き方を身につけておくことでスコアアップにもつながりますのでオススメです。プロでも、コースメモやゴルフノートはまだまだ付けている人は多いですので...

転職や再就職をする際の履歴書の書き方について

一昔前までは終身雇用制度がまかり通っていましたので、一度会社に正社員として採用された人は、その会社で定年まで勤め上げることが当たり前のようになっていました。しかし、終身雇用制度が崩...

ケアマネージャー履歴書の書き方

ケアマネとは介護支援専門員のことを指しますが、今回はケアマネが転職する際に必要となる履歴書の書き方について例文を交えてご紹介していきます。ここでは注意点もしっかりとレクチャ...

寄付金の書き方

寄付金の書き方についてですが、いろいろな種類があります。例えば依頼をする際の書き方もあれば、受け取った場合のお礼状の書き方などありますが、ここではどちらも例文を交えて紹介し...

原稿用紙の書き方

  1.原稿用紙の種類 2.原稿用紙の基本や決まり事 3.原稿用紙の台詞、利点 4.原稿用紙の文字 5.書き方を学ぶ方法 6.原稿...

大人らしいキレイな字の書き方のコツとは

大人になっても字が汚くて、まるで小学生みたいな字を書いてしまう男性は少なくありません。もし、気になる女性がいても、そんな字を書くところを見られたら、あっさりフラれてしまうでしょう。...

様々な場合のお礼の書き方

お歳暮を貰った時に相手を気遣い感謝の気持ちを伝えるため、手紙を添える場合があります。お歳暮とは一年の終わりに、その年の無事をお祝い、お世話になったことを感謝して贈り物を贈ることを言...

横領の訴状の書き方

訴状とは、裁判所へ該当する相手を民事訴訟で訴えるときに必要となる書類のことです。この場合、裁判所へと提出する際に提出する正本のほか訴える相手へ送付する副本の二種類を作成して...

病みの軌跡の書き方

病気が発症から治癒までの経過をたどったとき、一連の状態を改めて客観的に捉えることができるようになります。ここでは、病みの軌跡をまとめたいと考えたときの書き方について、ご紹介...

スポンサーリンク