保育実習の記録の書き方

pixta_tegami_01

小さな子どもが大好きで、子どもの身の回りの世話をしたり、子どもと一緒に遊んだり活動したりするのが好きな人は、保育士の仕事に向いているでしょう。保育士の仕事は何も保育園だけではありません。児童養護施設や乳児院などでも働くことができます。

 

  1. 1.保育士になりたいと思ったら
  2. 2.保育実習を記録するときに大事なこととは
  3. 3.何を視点として記録を残すのか
  4. 4.保育実習記録は気持ちを表すことも大事

 


保育士になりたいと思ったら

pixta_tegami_02

小さな子どもが大好きで、子どもの身の回りの世話をしたり、子どもと一緒に遊んだり活動したりするのが好きな人は、保育士の仕事に向いているでしょう。保育士の仕事は何も保育園だけではありません。児童養護施設や乳児院などでも働くことができます。また年齢に関係なく仕事ができる上、自分も子育てをしながら仕事ができますし、

 

途中で退職しなければならないといったこともありませんから、保育士を目指す人が年々増えてきています。 また最近では、主婦が保育士の資格を取り、新たに仕事を始める人も増えてきました。子育て経験を生かし仕事ができるのもメリットの一つでしょう。大学や短大、専門学校などで保育の勉強をし、

 

定められた期間保育実習をすれば保育士の国家試験を免除してもらえ、卒業と同時に保育士の資格を取得することができます。それ以外であれば、児童福祉施設で決められた年数働いた経験がある人に限り受験資格が与えられるので、誰でも保育士になれるといったことでもありません。それだけ保育をするということが簡単なことではなく、

 

ある程度知識や経験がなければできない仕事だとも言えるのです。もちろん保育士の資格がなくても、保育補助という形で仕事をすることは可能ですが、そばに保育士の資格を持っている人がいなければ仕事をすることすらできません。あくまでも保育士の補助的な扱いになるので、保育士としての仕事を極めるなら、そこから勉強に励み、資格を取得することをおすすめします。

 


保育実習を記録するときに大事なこととは

pixta_tegami_03

大学や短大、専門学校では、保育の勉強のほかに保育実習に行く必要があります。保育実習に行ったら、実習中は毎日記録を残していきます。書き方としては、保育園での1日の流れや保育士または園児の動きを観察し記録していきます。最後にその日の感想をまとめ提出するのが一般的な保育実習記録となります。

 

この保育実習記録は、将来自分が保育意志になったときにも役立つばかりではなく、何より学校のテキスト上の理論ではなく、実際の活動を通した実践活動を記録していくので、とても勉強になるのです。保育実習開始の頃は、ただ忙しさに目が回り、何をどのように観察すればよいのか、どんなことに気をつけて記録していかなければならないのか考える暇もなく1日が過ぎ去っていきます。

 

実習生はまだ、初めのうちは周りを見る余裕もなく、あらゆる面から見ることが難しいので、あたふたすることも多いでしょう。保育士がてきぱきと動く姿が当然のように見えますが、実際活動してみると、どのように動けばよいのか、どのように対応していけばよいのか迷う人も多いのが普通です。

 

ですから保育実習初日は、書くことがたくさんありすぎて、何をどのようにまとめたらよいかかえってわからなくなる人もいます。自分がしっかり観察していたようで、その視点から観察するのか決めていなければ、ただその日あった出来事をひたすらかき出している記録にしかなりません。これでは記録としてはまだまだ不十分といえるでしょう。後から読み直したときに、何が書かれているかまとめておくことが重要です。

 


何を視点として記録を残すのか

pixta_tegami_01

では保育実習の記録をどのように書けば、わかりやすく後から読み返したときに参考になるような記録が残せるのでしょうか。それは誰を視点に記録を残すかということです。一番わかりやすいのは、実習指導に当たる保育士です。保育士の目線で見ると動きがよりわかりやすくなるでしょう。

 

保育園は乳児から小学校入学前の幼児まで、幅広い年齢の子どもたちが日中を過ごしています。例えば乳児を保育する保育士であれば、抱っこの仕方から着替え、おむつの交換といった世話をどのように行っているかという視点で見ることも大事です。無言でするのかそれとも言葉をかけながらするのか、といった小さなことでも全然違います。

 

また小学校入学前の年長児であれば、保育士の言葉の投げかけ方も変わってくるはずです。子どもたちが活動を始める前に、まずは保育士が話をしてから活動開始になりますが、その際にどんな声かけをして、どんな行動をとったのかといったこともとても重要な要素がそこに隠されているはずです。

 

これらの行動や言葉にどんな意味があるのか、またそのことにより子どもたちの反応がどうであったかといったことに気付けるかどうかということも大切なポイントの一つでしょう。また、保育士の目線だけではなく子どもの目線から物事を見ることも大事です。子どもの言動には意味がありますから、常になぜだろう、どうしてだろうといった疑問をもちながら観察することも、子どもの心を理解する上では大切なことかもしれません。

 


保育実習記録は気持ちを表すことも大事

pixta_tegami_01

このように保育実習の記録は、あらゆる角度から物事を見て判断することですばらしい記録になること間違いありません。特に自分が1日保育士を任されることになったら、当然のことうまくいかないことも多いはずです。学校で学んだ理論と実践とではかなり開きに差がありますし、自分の思ったようにいかないのが保育実習なのです。

 

もしかすると「自分には保育士は向いていないのかもしれない。」と落ち込むことがあるかもしれません。しかしそれは誰もが通る道でもあり、その道を通ってベテラン保育士として活躍している人がたくさんいるのです。自分が悩んだり迷ったりしたときは、その気持ちも感想としてしっかり残しておくことも大切です。

 

どんな仕事であってもいいことばかりではなく、失敗したり挫折したりすることがあるからです。自分の気持ちを素直に記録し、次にその反省を生かすことで保育実習中に大きく成長できることでしょう。保育実習はあくまでも保育士を目指すための通過点です。保育実習で学んだことは、必ず自分が保育士になったときに役立つことがあるはずです。

 

ですから、自分が何を見て学んで記録するかによって、保育士として充実した毎日を送ることができるかということにも深く関わってくるのです。保育士の仕事は、仕事や介護、その他の理由により日中保育できない保護者に代わって保育する尊い仕事です。子どもの成長により深く関わっているという自覚をもち、子どもとともに成長できる保育士を目指していきましょう。

 

色々な書き方は下記の記事も参考になります♪
タイトル:保護者宛文書の書き方

係長昇任論文の書き方

係長昇任論文は、係長へ昇任するためには必要な論文ですが、これまでに全く書いた経験がない人の方が大半ですので、書き方に困っている人も多いでしょう。例えば公務員の係長昇任試験は...

ひらがなやカタカナの書き方教育について述べる

教育の中には、初歩的な段階で覚える必要のある項目がいくつかあります。小学生の時に、あるいはそれ以前から九九を覚えるなどは、その代表的なものです。   他にも、...

修理依頼書の書き方

電化製品などを購入すると電化製品ゆえに壊れてしまうことがあります。そんなときには修理依頼書を書くことになります。意外にも書く機会のある修理依頼書の書き方を今回ご紹介します。...

企業のメールのインタビューの書き方

企業を相手とするビジネスのメールでのインタビューの書き方について解説します。   1.挨拶について 2.インタビューの趣旨を記す 3.イ...

源泉所得税の領収済通知書の書き方

所得税の納税義務がある人は、通常は確定申告書に所得の金額や納付税額を計算し、算出の根拠となる書類を添えて税務署に申告します。   1.源泉所得税...

履歴書の正しい書き方は

履歴書の書き方はわかりにくいところもありますが、正確に書くことができるのが一番です。特に職歴は退職した理由を備考欄に付け加えておくと説明しやすいですが、アルバイトや短期間の勤務の仕...

簡単な文章の書き方について

これから、簡単な文章の書き方について説明しようと思います。すごく短かったり長かったりする文章では当てはまらないこともありますが、大体これを守れば読んでもらえる文章が書けます。 ...

役員報酬内訳書の書き方:家族とは

損益計算書の販売費及び一般管理費という費目の中に、役員報酬という勘定科目があります。この役員報酬とは、会社が法人である場合に、雇用主がもらうことができるお金、いわゆる社長や...

大学宛先の書き方

大学に手紙を送るときなど宛先について困ることがあるでしょうが、これには個人に出すのかそれとも研究室などの部署に出すのかで書き方に違いが出てきます。   ...

推薦書用封筒の書き方

  1.推薦状/推薦書とは 2.失礼のない宛名の書き方 3.推薦状を依頼する前に   推薦状/推薦書とは ...

スポンサーリンク