参加を促す文章の書き方

pixta_tegami_01

いろいろな方が「参加をしようかな」と思っていただけるように文章を書くには、まず最初に参加してもらいたいターゲット層をちゃんと把握することです。狙っているターゲット層を把握していないと興味がなくただ参加しているだけの状態になってしまします。

 

  1. 1.ターゲット層にあった内容にする
  2. 2.参加してもらう内容によって書き分ける
  3. 3.参加したくなる文章にする
  4. 4.読んでいない人に参加してもらう

 


ターゲット層にあった内容にする

pixta_tegami_02

いろいろな方が「参加をしようかな」と思っていただけるように文章を書くには、まず最初に参加してもらいたいターゲット層をちゃんと把握することです。狙っているターゲット層を把握していないと興味がなくただ参加しているだけの状態になってしまします。

 

例えば主婦層を狙っているイベントなのに「今週末〇〇でビックイベント開催!友達を誘ってくると〇〇をプレゼント」などと書いてしまいますともちろん家族連れもいらっしゃいますが学生などの狙っていない層の人を呼び寄せることになってしまします。

 

なので主婦層を狙っている場合は「今週末〇〇でちびっ子イベント開催中!ご来場していただいた家族にBOXティッシュプレゼント」などと狙っているターゲット層を意識した参加を促す文章の書き方が望ましいです。ターゲット層が主婦の方ならお子様と一緒にもしくは家族で参加できるように、そしてできれば参加するだけで日用品などがもらえるなどが良いでしょう。

 

そして学生層が狙いなら予算にもよると思いますが、少し大掛かりなイベント(例えば出店をだす等)をすることが効果的かもしれません。文章の書き方も大事ですがどのような媒体で発信するかもそれと同等に大切なことになってきます。例えばあまり電車を使われない地域で駅構内などにポスターなどを貼ってもそれほどの効果は望めないかもしれません。それならばその地元のスーパーなどの人が集まる場所に情報を発信するものを置くことが効果的になるでしょう。

 


参加してもらう内容によって書き分ける

pixta_tegami_03

次の「参加を促す文章」のポイントはどのような内容に参加したもらうかということです。仮に大型ショッピングモールのイベントに参加してもらいたいのであればそれほど考えなくもただショッピングモール内にポスターを貼れば自然と人は集まるでしょう。しかし、なかなかそんな状況ではありません。

 

なのできちんとその文章を見た人がそのイベントの内容を把握できる文章にしないといけないのです。もしも環境問題についていろいろな人にもっと知ってもらいたいという内容のイベントなのに「これからの日本を変えていくためには~」という書き出しでは正直スケールが大きすぎてその文章を読んだ人もいまいちどのような内容なのかいまいちピンときません。

 

なので「みんなが知らない環境問題これからの日本を変えて~」のように読んだ人が一目瞭然でわかる文章のほうが良いです。そしてなるべくその内容を簡潔かつ印象良く受け取ってもらえるように書きたいところです。何事にも聞こえの良い言い方と悪い言い方があります。例えば工場のラインで流れ作業をしている仕事でも求人で

 

「マシニングオペレーター(多少は機械を触る時があるので)」と書けばなんとなくかっこ良く聞こえてきたりします。このようになるべくその文章を読んだ人が好感をもてるような文章を心がけて書くようにしましょう。文章自体もダラダラと同じことを繰り返すのではなく要点を押さえて簡潔に書くことにより、さらに読んだ人が参加してもらえるようになるはずです。

 


参加したくなる文章にする

pixta_tegami_01

3つ目のポイントは「参加したくなる文書」にすることです。たとえターゲット層にあった内容にして、参加してもらう内容にしてもとても参加したくなるような文章でなければ参加人数は期待できないでしょう。例えば新築を考えている人向けに建築現場の構造見学会を開くにしても「炎天下の中、汗だく構造見学会!」などとわざわざマイナスなイメージを植え付けるような文章は入りません。

 

なのでできれば良いイメージをもっていただけるような文章で、例えば「今週土日構造見学会を開きます!駐車場完備」というように「土日ならいけるな」、「開催場所はちょっと遠いが駐車場がちゃんとあるなら大丈夫か」というように多くの良いイメージを一つの文章で読んでもらった人に植え付けるような文章にしてください。

 

なので文章を考えるときにそのイベントの状況をよく把握し、客観的に見て利点になるところをあますことなく文章に書き起こすことも大切になってきます。前章の「参加してもらう内容によって書き分ける」でも記載しましたが、物事にはいい言い方と悪い言い方があります。

 

もしマイナスなイメージが多い場合でも書きようによっては聞こえが良いフレーズに聞こえてくるかもしれません。そして読んだ人がどんな利益が得られるかということもとても大切なことになってきます。誰もが当たり前のように知っていること、体験したことがあることを改めてイベントとして開催してもそれほど魅力はありません。

 

なので参加者を募る文章にはなかなか皆がしらないこと、もしくは知っているつもりだけど深くはしらないことを記載することにより読んだ人がより興味を持ち参加していただけるようになるはずです。

 


読んでいない人に参加してもらう

pixta_tegami_01

最後のポイントが「読んでいない人に参加してもらう」ということです。これはこれまでの内容とは違い別の視点からの参加を促す文章についてになりますが、それも参加してもらう人数を増やすには大切なことになってきます。しかし特に何も記載がなければ参加しようとしている人も無理して人数を増やそうという考えにはなりません。

 

なので参加しようとしている人が更に人数を増やすことによって、目に見えて利益があれば「ちょっと友達も誘ってみようかな」とその人自体が参加人数を増やしてくれるようになってくれるでしょう。飲食店などでよくあるのが3人以上でご来店で500円offなどの謳い文句です。

 

もしもほとんどのお客さんが一組二人なのであればそこに「3人以上でのご来店で500円OFF」というキャンペーンをすれば「せっかくだからあの子も誘ってみようか」となり、顧客数アップの可能性が出てきます。このようにその文書を読んで参加してもらえそうな人の一組あたりの人数を予想して、それよりも少し多い人数で特典を記載することにより
 

その文章を読んでいない人にも参加してもらえる可能性が出てきてより参加人数が増えることになります。車のディーラーや、不動産会社でよくある「お友達を紹介していただくと、お礼にあなたとお友達に〇〇をプレゼント」などのように予算があれば参加してもらう方とその知り合いの人に、そのような目に見える特典があればよりそのイベントへの参加意欲がわくはずです。

 

「未筆ながら」の意味と例文と書き方

最近はメールが大変普及し、御中元やお歳暮をいただいたときにもメールでお礼をして済ませたり、何かのお詫びなどもメールで済ませることが多くなりました。親しい友人ならメールでも十分なので...

一筆箋の書き方

普段お世話になっている方に何かの贈り物をすることはありませんか?そのような時、ただ物を差し上げるだけでなく、言葉が添えられていると相手は喜ぶものです。もちろん贈り物事態うれ...

11月の挨拶(結び・文末)の例文と結びの挨拶と書き方

手紙やメールでは相手の顔が見えないだけにいっそう配慮が必要になります。文頭から文末までまとまった内容でしめくくると、それだけで心遣いを感じられる素敵な手紙やメールになります。対面し...

卒業論文の書き方について

卒業論文は、大学生や専門学生などが卒業する前に研究の成果を書いて提出する論文です。これまでの大学生活を振り返り、自分の考えや答えなどを見つめなおし、今まで生活してきた大学生活を思い...

始末書の書き方:タバコ

タバコは、嗜好品の一種であり、かっては大人のシンボルという位置づけがされていた時代もありました。つまり、タバコを吸えるということが大人になった証という意味であり、196...

13回忌の案内状の書き方

法要とは故人の命日に亡くなった月の祥月を合わせた祥月命日に故人を弔う儀式の事を言います。一般的には49日の法要が過ぎると以降は定められた年に年忌法要を行う事になります。 ...

論文の書き方について

今年は、スタップ細胞が本当に存在するのかどうかという問題で大騒ぎになった年でしたが、ここに来て、どうやらスタップ細胞というものは存在しないという一応の結論が出されるに至ったようです...

企業のメールのインタビューの書き方

企業を相手とするビジネスのメールでのインタビューの書き方について解説します。   1.挨拶について 2.インタビューの趣旨を記す 3.イ...

手紙の書き方:横書き封筒

伝えたい気持ちや感謝の言葉。何気ない日常を手紙で綴る。何度も読み返して書き直した思いの詰まった手紙を送る。これらは昔から繰り返されてきた「言葉を相手に伝える」手段です。現代...

8月の挨拶(書き出し・文頭)の例文と時候の挨拶と書き方

8月はまだまだ暑さの盛りで立秋とはいえ夏のイメージが強くあります。しかしどことなく秋を感じられることも確かです。過ぎていく夏を惜しみ、秋の気配を感じさせる言葉を8月の挨拶文として使...

スポンサーリンク