昇格試験の論文の書き方

pixta_tegami_01

昇格試験で出される論文はしっかりと準備をしていると、本番になって重大なミスを防ぐことができます。論文を書くには、論理的な思考が必要です。自分の考えが論理的でないと、読んでいる相手には伝わりません。

 

  1. 1.昇格試験の前に準備すること
  2. 2.論文試験の出題の形式
  3. 3.論文の採点者と採点のポイント
  4. 4.論文の正しい書き方について

 


昇格試験の前に準備すること

pixta_tegami_02

昇格試験で出される論文はしっかりと準備をしていると、本番になって重大なミスを防ぐことができます。論文を書くには、論理的な思考が必要です。自分の考えが論理的でないと、読んでいる相手には伝わりません。多くの昇格試験で、所属する組織が抱える問題の解決策を求める問題が出されます。日常的に論理的に考えるクセをつけることが大切です。

 

論理的思考を鍛えるトレーニング本などもあるので、昇級試験の前に一度は目を通しておきます。しかし、ただ読んだだけでは本番で結果を残せません。上司や同僚、部下との会話の中で、論理的に話したり説明したりする練習をします。また英語力を身につけると、副次的に日本語力も上達します。特に欧米人と仕事を共にする機会があるならば、

 

積極的に英語でやり取りをすると良いです。日本人が相手であれば言わなくても分かることを、勝手が分からない欧米人には最初から説明する必要があります。その時、論理的な文章展開ができないと、上手く伝わりません。欧米人とのコミニュケーションを通して、文章力と論理的思考を鍛えることができます。

 

また、あらかじめテーマが分かっている場合は、そのテーマに対応する十分な情報を集めておきます。過去の事例を上司などから聞くと、ヒントとなるキーワードが浮かびます。所属する会社の現状や、ニュースで話題になっていることをテーマに予想するのも効率良く情報収集ができます。それを元に、自分の考えをある程度まとめておきます。

 


論文試験の出題の形式

pixta_tegami_03

昇格試験の論文にはいくつかの出題傾向があります。まず、提出期限が設定されているタイプです。このタイプでは集合形式ではなく、期限までに論文を提出するように指示されます。情報収集や検討、第三者からの意見など時間をかけて論文を作成できるので、レベルの高いものが求められます。受験者本人の能力を正確に知ることは困難です。

 

しかし、難しいテーマを与えることで、情報収集能力や人脈がどれだけあるか分かります。この出題形式は滅多にありません。次にあらかじめテーマが分かっているタイプです。事前にテーマに沿った情報を入手でき、実際に書いてみることが可能です。本番前に練習ができるので、全体のレベルが高いです。また集合形式でもテーマが与えられない場合もあります。

 

問題用紙も見て初めてテーマを知りますが、このタイプはさらに2つに分けることができます。一つ目が、テーマの予想が容易である場合です。予想に基づいて情報を集めることで対策ができます。もう一つが、テーマが全く予想できない場合です。あまり多くはないですが、日頃の論理的思考がどれほど活かされるかがポイントです。

 

そして、非常に稀ですが、そもそも論文が出るかはっきりしないタイプもあります。これは毎年昇格試験の問題がバラバラの傾向がある会社に当てはまります。論理的思考はもちろんのこと総合的な能力を身につけているか判断されます。いつ論文の課題が与えられても焦らないように、新聞などから時事問題をチェックしておきます。

 


論文の採点者と採点のポイント

pixta_tegami_01

昇格試験では論文の採点者が会社によって違います。大企業では受験する人数が多いので、上司が大量に採点を行うのは不可能です。よって大企業では、外部の専門業者に採点を依頼することが一般的です。その際、テーマまで外部で決定することもあります。採点者が誰かによって、論文の書き方は変わります。

 

外部の人が採点をする場合、会社内でしか通じない用語を使っても、意味が伝わりません。誰が読んでも分かる文章でないと、高い評価を得ることはできません。一方中小企業の昇格試験では、人事部など組織の中で採点することが多いです。この場合は、専門の言葉を用いた方が良いです。専門用語を避けると、回りくどい印象を与えて、論理的でないと判断される恐れがあります。

 

昇格試験に合格すると、それまでより多くの権限が与えられます。採点者は、受験者が昇格したときに正しく権限を使える能力があるかを見ています。これには、独創性や先見性、忠実さなどに重点が置かれます。特に重視するポイントは会社によって異なります。例えば、お金の管理に厳しい会社では、予算管理能力を問うことがあります。

 

テーマにおける問題の解決方法を述べる場面では、受験者が培ってきたスキルを上手く使いこなせているかが判断されます。従業員が少ないのに、大人数で行う必要がある対策を提示しても実現不可能です。大切なのは、所属する会社で何ができるのか考えることです。そして、自分にしか実現できないと採点者に納得させることです。

 


論文の正しい書き方について

pixta_tegami_01

まず文章を展開していく上で、分かりやすい表現を心がけます。多くの問題では資料を読んで、設問に答えさせます。よって資料を読んで、全体の構成と量を把握します。通常の資料の量は非常に多いので、短時間で資料を読み取る力や、情報を取捨選択する力が判断されます。そしてテーマに取り組みます。ポイントは、抽象的なテーマを具体的な表現に置き換えて内容を検討することです。

 

これによって出題者の意図から大きく外れないで文章を進めることができます。論理的思考で欠かせないのが、具体性です。今までに経験したことを例に現状を述べます。具体的に述べる場合、一つ一つの文章が長くなりがちです。適度に文章を区切ることで、分かりやすさを追求します。次にその現状がどのような問題があるのか探ります。

 

現状と問題点は関連性があり、論理的に一貫していることを意識します。そして具体的な解決策を提示します。読み手が具体的にイメージできるような現実味のある解決策を選びます。会社の「ヒト・モノ・カネ」に無理がないものが好ましいです。論文の結びにはいくつかのバリエーションがありますが、おすすめなのは将来的な展望につなげる終わり方です。

 

会社は役職に適しているかどうかを判断しているので、昇格後に会社に大きく貢献できることをアピールします。ただし自己PRが長すぎると、論理的思考の妨げになるので、あくまでも簡潔にまとめます。論文を書き終えたら、文調が揃っているか、曖昧な表現がないかなど細部を見直します。

 

ビジネスのお礼はがきの表の書き方

人付き合いをすることにおいて、様々な場面で相手に感謝の気持ちを伝える必要が出てくるものです。最近では携帯電話やパソコンが普及してきたこともあり、電話やメールなどでの電子的な...

反省文(会社・ビジネス)の例文とマナーと書き方

  1.ではその「反省文」が求められるのはどのようなシチュエーションなのでしょうか。 2.実際に反省文を書くときに注意すべき点について解説します。 3.ま...

志望理由書の書き方

志望理由書とは、進学先に自分の熱意を伝えるための書面です。他の書類と比べて、自分の考えていることを自由に書くことが求められるので、受験生によっては「何を書いたら良いか分から...

交通費申請書の書き方

サラリーマンは、会社の出張などで交通費申請書を事前に提出しなければならない場合があります。   1.交通費申請書には申請の目的を記載 2.出...

サンキューDMの書き方

DMはダイレクトメールの略称です。ダイレクトメールは一般的には広告を宣伝する意味で郵送物として送られてくることが多い言葉です。企業や団体の広告宣伝的な意味合いも強いのですが...

伺い書の書き方

伺い書とは、公の機関つまり官庁などで、上級機関や上層部に対しこれで良いのかお伺いを立てたり、指示をもらったりするための文書です。仕事を行う上で大切な書類の一つであり、民間企...

庭の図面の書き方

理想の庭作りは、思いつきで成功するものではありません。頭の中にある、漠然としていて、ぼんやりとしたイメージのまま始めてしまうと、途中でいろいろ問題が起こってくるたびに、惑わ...

大学志望理由書の書き方

志望理由書とは、自分の熱意を伝えるための書面です。他の書類と比べて、自分の考えていることを自由に書くということが求められるので、志願者によっては「何を書いたら良いか分からな...

食品分析の依頼書の書き方

食品会社では、問い合わせも含めて、クレームの連絡が入ってきます。多くの場合は、消費者の勘違いということが多いものの、実際に異物が入っている場合もあり、常に初心に帰った、しっかりとし...

小切手の書き方

小切手とは、わかり易く簡単に言えば「お札の代わり」であり「お金を支払う手段の1つ」です。普通、お札には千円、弐千円、五千円、壱万円と額面が記載されていますが、小切手は額面を...

スポンサーリンク