正社員履歴書の書き方

pixta_tegami_01

就職や転職の際は求人情報を参考にしながら希望の条件を満たした職場を探すことになりますが、条件の良い職場が見つかったら何としても採用されたいでしょう。特に雇用条件の良い職場や人気の職種になると競争率も高くなるので、その中から採用を勝ち取る気持ちで臨まなければなりません。

 

  1. 1.書き方で面接官の印象が変わる
  2. 2.書く前に知っておきたいこと
  3. 3.学歴と職歴の書き方
  4. 4.資格欄と志望動機の書き方

 


書き方で面接官の印象が変わる

pixta_tegami_02

就職や転職の際は求人情報を参考にしながら希望の条件を満たした職場を探すことになりますが、条件の良い職場が見つかったら何としても採用されたいでしょう。特に雇用条件の良い職場や人気の職種になると競争率も高くなるので、その中から採用を勝ち取る気持ちで臨まなければなりません。

 

面接日までに準備することは、履歴書を書き上げたり面接にふさわしい身なりを整えたりといったことになります。正社員を目指す方は正社員履歴書を書き上げなければならないので、じっくり考えながら慎重に書いていきましょう。実際の面接では面接官に正社員履歴書を渡しますが、中身を確認する前に全体の印象で判断することも想定する必要があります。

 

全体的に丁寧に書かれているか大雑把に書かれているかは、一目見ただけで判断できます。正社員としてこれから働いてもらう人材ですから、やはり丁寧さを求めるでしょう。文字の美しさには限界がありますが、一字一句を丁寧に書くことは誰にでも可能です。できるだけ空欄をなくし読みやすい文字で書きましょう。

 

正社員履歴書を書き始める前に全体のバランスを考えながら配置を決めておくときれいに仕上がります。証明写真は点線の枠内に貼付しますが、切り方や貼り方にも注意が必要です。このような細かい部分にも目が行く可能性があるので細心の注意を払いましょう。文字を書く時は黒のボールペンを使用します。紺色のボールペンや万年筆、シャープペンといった物は使用してはいけませんね。

 


書く前に知っておきたいこと

pixta_tegami_03

正社員履歴書は市販の履歴書用紙を使用しますが、フリーペーパー等で配布されている求人情報誌にも履歴書が付いている場合があります。アルバイトやパートの応募なら付録の履歴書を使えたとしても、正社員の応募は念のため購入した履歴書を使用した方が安心です。

 

様式は色々あるので、いくつかを比較しながら自分が書きやすいと思う様式を選ぶといいでしょう。例えば職歴を記入する欄が広くなっていたり、資格の欄や志望動機、自己アピールの欄が広いタイプもあります。多くの資格を取得している方なら記入する欄が広いタイプを選んだ方が多く書き込めるのでメリットになります。

 

志望動機や自己アピールで勝負したい方は沢山書き込める履歴書用紙を選びましょう。最近はパソコンで履歴書を作成することも多くなっていますが、特に指定がない場合は自分の文字で書いた方が気持ちが伝わるはずです。ただパソコンで作成するように指定している会社もあるので、求人情報で確認したり応募の電話の際に確認しておくと確実です。

 

正社員履歴書を一枚書き上げるにはかなりの時間がかかります。途中で一瞬でも集中力が途切れると間違ってしまうことがあるでしょう。ようやく終わりかけたところで一文字間違ってしまうと、修正液や修正テープを使用したくなりますね。しかし、正社員履歴書の場合は修正テープ等を使用してはいけません。分からないように上手く使ったとしても裏から見ると分かってしまうので、面倒でも最初から書き直すことをお勧めします。

 


学歴と職歴の書き方

pixta_tegami_01

履歴書用紙には大きく分けて学歴と職歴を書く欄、資格や志望動機を書く欄があります。左半分に学歴と職歴を書くようになっており初めに学歴、続いて職歴となります。学歴は小学校から書いてもいいですし、中学校から書いても問題はありません。ただ入学した年月は必要なく、卒業した年月だけを書くことが一般的です。高等学校からは卒業だけでなく入学した年月も記入します。

 

学歴を全て書き終えたら、一行空けて職歴と書きます。何度か転職したことがある方やアルバイト経験が豊富な方は、既定の欄には書き込めない場合があるでしょう。通常アルバイトで勤務した職場は記入しなくても良いので、正社員や契約社員として働いていた職歴について記入します。

 

初めに入社した年月を書き、会社名、所属部署、業務内容等を書いていきます。正社員履歴書と一緒に職務経歴書を作成する場合は詳しい業務内容を記入する必要はありません。続いて退職した年月と理由を書きますが、一般的には一身上の都合により退職を記入することになっています。しかし、やむを得ない理由があって退職した場合は理由を明確にしておくとプラスに働くでしょう。

 

女性の場合は出産と育児のためにやむを得ず退職することがありますが、理由を書かないと何度も転職を繰り返している人という印象を与えかねません。自分のアピールになる部分は躊躇わずに記入した方が有利になります。一つの会社を退職してから次の会社に入社するまでに期間が空いていると理由を聞かれるのでスムーズに答えられるように準備しておくといいでしょう。

 


資格欄と志望動機の書き方

pixta_tegami_01

正社員履歴書を書く上で重要になってくるのが資格欄と自己アピール欄ですね。応募する仕事に有利になる資格を持っていれば必ず記入しますが、一見関係がないように思える資格でも省略せずに記入しておいた方がアピールになります。直接の仕事とは関係がなくても会社全体として見た時に役に立つ資格があるかもしれません。

 

ただし、検定試験の場合は3級や4級という級数では記入しない方がいいでしょう。残念ながら3級以下では正社員として働くためのアピールにはなりません。2級以上の資格を持っていれば全て記入しておきます。一般事務等のオフィス内で働く仕事であっても、自動車の運転免許を取得していれば書いておきましょう。場合によっては社用車を運転して取引先等に行くことも想定できます。

 

中には趣味として取得した資格であって、必ずしも仕事に役立つ資格とは言えないものもありますね。そのような資格をいくつも書くと却ってアピールにならない可能性があるので控えた方が無難です。また現在資格取得を目指して勉強している方や数ヵ月後の資格試験を受験する予定があるという方は、やる気をアピールするため自己アピール欄に記入するという方法もあります。

 

あくまでも予定ですから資格保有者を条件としている場合は有利にはなりませんが、応募の際に問われていない場合は積極性をアピールしましょう。
正社員履歴書で一番のポイントになるのが志望動機です。なぜその会社に入社したいのか、入社できたらどのような仕事をしたいかを率直に書くことで面接官から良い印象を持ってもらえるはずです。

 

自己アピールの書き方など色々な書き方は下記の記事も参考になります♪
タイトル:自己アピールの書き方のヒント
タイトル:特技の書き方:履歴書の40代

結納目録の書き方について

  1.結納目録とは何でしょう? 2.結納目録の書き方とは? 3.結納品の関東と関西での違い 4.目録だけでなく「受書」が必要な地域も ...

葬式のお花代が現金の場合ののし書き方

葬儀に参列する場合、すぐに香典にことは頭に浮かびますが、「お花代」を耳にすることもあるでしょう。「香典」と「お花代」は仏式において別のものです。香典は線香や抹香のように、死...

自己資本の様式の書き方

これから起業をしようと考えている人は自己資本を管理してしっかりとした様式のものを利用することが一番です。書き方を理解して自己資本を守ることができるビジネスマンになることが重...

給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表の書き方

「給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表」とは、平たくいうと、ひとりひとりに作成した源泉徴収票の合計額と、法人名義での不動産売買について、税務署に申告する書類です。書類の名...

ビジネス文書の書き方について勉強する

ビジネスなどの場面においては、プライベートの時とは違って、社内での上下関係があったり、取引先との顧客関係が存在しています。そのため、社会的なお付き合いとしての挨拶が必要になる場面も...

小論文の書き方のポイント

  1.小論文とは 2.基本型を抑える 3.反対意見を受け入れることの重要性 4.自分の意見と理由の説明 5.結論できめる &n...

源泉徴収簿の書き方源泉徴収簿の書き方

源泉徴収簿とは源泉徴収票を作成するために必要となるリストのようなものです。会社など給料を支払う源泉徴収の義務者は、毎月支払う給料に対する所得税の源泉徴収、年末調整などといっ...

保護者宛文書の書き方

保護者宛文書は、とても大切な役割を担っている重要な文書といえます。はじめて作ることになったら、戸惑うことも多いかもしれませんが、書き方には、だいたいの流れがありますので、こ...

履歴書職業訓練歴の書き方

物やお金の貸し借りを行ったさいに記録として紙に残しておくものはさまざまあります。しかし、いずれも契約事になるとそれらに見合う書式を作る必要もあり収入印紙などを貼る必要がある...

入居申込申請書の書き方

アパートやマンション等の賃貸物件を借りるためには、いくつかの物件を下見に行くことになるでしょう。実際に見に行ってそれぞれの賃貸物件を比較したら、一番気に入った物件に申込を行...

スポンサーリンク