昇格推薦状の書き方の例文

pixta_tegami_01

 

  1. 1.昇格推薦状の書き方について
  2. 2.昇格推薦状のポイント
  3. 3.昇格推薦状の書き方と具体例

 


昇格推薦状の書き方について

pixta_tegami_02

部下の会社での階級を上げるために上司が書くものが昇格推薦状というものです。あまり聞きなれないものですが、昇格推薦状があることで初めて部下の頑張りを会社が考えて、必要があると判断された場合は面接などの試験が行われるということです。会社に勤めている人なら覚えておいて損のないスキルのひとつだといえます。

 

難しい文章を考える必要はなく、自分が思ったとおりの部下のことをしっかりと書くだけでいいので、書き方は例文などを参考にしておくといいです。昇格推薦状の書き方では、重要なポイントが2つあるといわれています。まずはそれをしっかりと書くことができるようにしておくことが大切です。

 

その1つ目は部下の能力について具体的に述べること、そして2つ目は面接のことを考えて書くということです。昇格推薦状は部下のことをしっかりと見ていないと書くことが難しい場合もありますし、面接は推薦状と違っていることを部下が言ったり、

 

確認をせずに書いてしまったりすると、書いた上司である自分自身の評価も下がってしまう可能性があるのです。なので、昇格推薦状を書くときには、必ず部下ときちんと確認し合ってから出すようにしておくことが大切です。

 


昇格推薦状のポイント

pixta_tegami_03

重要視すべきポイントは2つを考えて書くのですが、そのとき大切なことをいくつか覚えておくようにします。たとえば、部下の能力について書くときには、誰にでもできるようなことに対して書くのではなく、その部下ならではの長所を書くようにすると、より評価は高まるようになります。

 

その部下だけの実績や能力を記述することで、どうして上司である自分がその部下を昇格させたいと考えているのかがわかってもらうことができます。面接のことを考えて書くという風に言いましたが、面接と推薦状に書いた内容に整合性が取れない場合があると、部下の昇進が認められないということだけではなく、

 

推薦状を書いた自分自身の評価も同時に下がってしまうことになります。なので、推薦状の内容を、あらかじめ推薦している部下に把握させておくようにするといいです。ほかにも、自分自身が一度、部下の面接を行うなどをしておくというのも効果的です。

 

絶対に虚偽を記したりすることをせず、大げさに書いたりもしないようにしておきます。過剰に褒めたりしすぎないようにしておくことも大切です。自分自身の昇格推薦状などを書いてくれた上司がいる場合は、その人に参考になりそうなことを訊いてみるということも可能です。もし、その上司の人が書いた推薦状があれば、それを参考にして、そのまま文章を使うということはせず、それにオリジナル性もつけておくというのもいいかもしれないです。

 


昇格推薦状の書き方と具体例

pixta_tegami_01

いくつか例文を探してみて、それを元にして自分自身で具体例をいくつか書いてみるといいかもしれないです。たとえば、拝啓、貴社ますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。早速ではございますが、ご依頼のありましたことにつきまして優秀な人材を見つけることができましたので、ここに推薦したく思います、という風に書きます。

 

そして、現在営業に従事していますが、社に著しく貢献をしている人材となっております。今後は当社の部下教育にも励んでもらうよう、昇格を推薦したく考えております、と書きます。末文に、ぜひ今後の事業展開を含めてご検討願いたく思います。敬白、という書き方をすることができるということです。

 

これは、はじめに拝啓、という頭語を書いて挨拶します。場合によりますが、時候の挨拶で書き始めることもあるので、それは臨機応変に考えて書くようにしておくといいです。そして、次に、推薦したい部下の名前、推薦したい理由を考えた文章などを書きます。このとき、推薦したい箇所が複数ある場合は、

 

箇条書きでまとめることで、その理由についてそれぞれ述べることができるようになるので、部下の特徴が見やすい推薦状を書くことができる方法もあります。どの点が推薦に値しており、なぜ値するのか、ということの理由もわかりやすく先方に伝わりやすくすることが大切です。

 

この後は、その部下が現在どのような仕事をしている、ということと、将来はこのような仕事に就くことになっている、ということを書きます。そして、その為に昇進を考えて欲しい、という流れで推薦状を書くと相手にも読みやすくなり、文章を考えやすくなるのでいいということです。

 

末尾はある程度決まった文章を書くようになりますが、ご検討、ご配慮をお願いします、という文にしておくと印象もいいといえます。拝啓とセットで使うことができる結語を書くようにしておくことが大切です。例文として、いくつかメモをしておいたり、すぐに書くことができるようにあらかじめ文章だけを決めておく、というのもいいかもしれないです。

 

最近では、昇格推薦状をあらかじめ作成しているので、推薦したい場合にはその紙に必要事項を記入して提出するだけ、という方法を採用している会社もあるといいます。事前にそういったものがあるのか、ということをきちんと確認しておくようにします。

 

もし、完全に自分で作らなければいけないのなら、A4用紙に1枚程度の文量の推薦状を書かなければいけないのですが、会社で用意された昇格推薦状がある場合は、その文章の書き方を優先して行うようにして、自分で独自のものを作成してしまったりしないように気をつけます。

 

文章を書いていくのではなく、いくつか項目が用意されているその中から、部下に適したものを選択していく方法を使っていることもあります。該当するものを選ぶだけ、というものではなく、その項目に関して、その部下は適しているのか、普通なのか、それとも適していないのか、という、

 

否定分も含められた選択肢が用意されている可能性もあるということなので、きちんとチェックをして書くようにしておくことが大事です。人事担当者が面接を通して、その部下とのコミュニケーションがとれているのか、どのような評価を持っているのか、ということも調べられるので、軽く考えたりすることが絶対にないように、きちんとしたものを作成できるようにしておきます。

 

推薦状の書き方など色々な書き方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:昇任・上申書の書き方
タイトル:昇格論文の書き方
タイトル:上申書の書き方

訂正依頼書の書き方

自分が以前に作成した文章が誤っている箇所がある場合には訂正依頼書を作成する必要があります。仕事の完成度をより高めるためにも相手に訂正を依頼することによって適切な文章になりま...

日常生活に関する申立書の書き方

働く意欲があるのに、会社側から解雇通告を言い渡されて会社を辞めるのと自分の方から辞職を申し出るのとでは失業保険の給付に大きな違いが出てきます。会社側の都合で解雇された場合に...

簡単な文章の書き方について

これから、簡単な文章の書き方について説明しようと思います。すごく短かったり長かったりする文章では当てはまらないこともありますが、大体これを守れば読んでもらえる文章が書けます。 ...

御社・貴社の使い分け例文とマナーと書き方

ビジネスシーンでは、通常使用することのないような単語を使うことがしばしばあるでしょう。特に、相手先企業のことについては失礼の無いように特に気を使って言葉を選んでいかなければなりませ...

書道草書の書き方

書というものは、実用性だけでなくそこに美しさを見出す芸術性を兼ね備えているものです。日本においては、古く中国から伝わった漢字から始まり、奈良時代頃には写経が盛んに行われてい...

移転式典出席者への御礼状の書き方

  1.式典の案内 2.案内状を書くときの注意点 3.式典が終わったら 4.案内状や御礼状の書き方のまとめ 5.御礼状を出すタイミング...

親族関係図の書き方

親族関係図の書き方は普段から書きなれているという人はほとんどいませんから、初めて書く人は難しいでしょう。基本のルールがありますので、ルールも含めて知っておくとスムーズに書く...

板書の書き方1つで変わる学習効果とその工夫の仕方

学生に対して授業を行う際には板書の書き方1つでその授業の印象と評価が大きく変わります。小学校、中学校、高校では黒板を使った授業が基本的であり、限られたスペースをうまく使ってわかりや...

SOAPの書き方:栄養士

  1.管理栄養士の役割とは 2.SOAP形式とその書き方とは 3.管理栄養士で使うSOAPの書き方とは   管理栄...

きれいな字はそれだけで注目されます

きれいな字を書いている人を見るとうらやましく思う人も多いです。自分の書く字にコンプレックスを抱いている人も多いです。   学生時代は書くことが多くても、社会人...

スポンサーリンク