寄付のお礼状の書き方

pixta_tegami_01

ビジネスシーンやその他団体などで寄付をしてもらったことに対してのお礼状の書き方、これは頻繁にあるものではありませんので、難しいと感じる人も多いでしょう。ここでは寄付をしてもらった場合のお礼状の書き方についてみてみましょう。

 

  1. 1.まずは例文をみてみましょう
  2. 2.寄付の性質によって違う
  3. 3.内容について
  4. 4.ただの感謝だけにならない

 


まずは例文をみてみましょう

pixta_tegami_02

拝啓 時下ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。さて先日は早々とご寄付をいただきまして感謝の気持ちでいっぱいです。わたくし共の活動をご理解いただき、過分なる御厚意を頂戴しましたこと、見に余る光栄と感じております。お陰様をもちましてたくさんの人々に理解と山道をしていただき、一同深く感謝しております。

 

これからも恵まれない子供が夢を持っていられるように、陰ながらサポートできる活動をする所存でございますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。末筆ながら皆様にくれぐれも宜しくお伝え下さいませ。取り急ぎ暑中にて御礼申し上げます。

 

これが寄付をしていただいた人へのお礼状の書き方ですが、ポイントとしては、誠意を持って書くことが重要です。文面をみてもらうとわかるかと思いますが、感謝の気持ちを伝えるための文面ですので、感謝の気持ちが伝わらなければ意味がないのです。本当に感謝しているのだということを書面で伝えられるような文面にすることが重要です。

 

感謝を表現することはとても難しいことですし、相手によっても違ってきます。また、寄付をどれくらいしてもらっているのかによっても違うという人もいるでしょう。あまりにも大げさな感謝の気持ちを伝える表現は逆に、相手に不快な思いをさせてしまう可能性もありますので、それもよくありません。

 


寄付の性質によって違う

pixta_tegami_03

どのような形で寄付のお礼状を出すのか、それは寄付の性質によっても違いますので、その点は予め理解しておいたほうがいいでしょう。例えばですが、会社や団体名義で出すというケースもありますし個人的に、担当者が私信という形式で出すこともあります。

 

私信形式で担当者が個人的に出せば、好印象が得られるケースもあるので、これはどのような寄付だったのかそういったことなども関係しているので、使いわけが必要です。そしてこういった文書は、出すタイミングもとても大切です。時期を逃してしまうとせっかく誠意を伝えようと思って用意していた文面が無駄になることがあるのです。

 

ですからもし寄付を受けたのであれば、出来るだけ早めに感謝の気持ちを伝えることが重要です。遅くなれば遅くなるほどに相手に失礼にあたりますし、また、相手への誠意が伝わりにくくなってしまうので注意してください。相手に感謝の気持ちを伝えたいと思っているのであれば、できる限り早めに出すこと、それがルールです。

 


内容について

pixta_tegami_01

そしてもらったお金はどのような使い道で使おうと思っているのか、それが明確になればさらに相手への誠意も伝わりやすくなるでしょう。自分が渡したお金の使い道が全くわからない、このようなことでは今後同じようにお金を貰いたいと思ってももらうことができないでしょう。

 

やはり人は自分が渡したお金を有意義に使ってもらってこそ、また贈りたい、また力になりたいと思うものですので、何に使っているのか、そしてどのような活動をしているのか、それを改めて文書で書くことが重要です。例文の場合にも、少しどのような活動をしているのかということを、これからの活動を踏まえて記載していますので、そういった自分たちの活動に対しての記載を入れておくことが重要です。

 

頂いたお金が何かイベントを行うにあたって頂いていたお金だった場合には、そのイベントの結果報告なども文書のなかに入れておく必要があるでしょう。どのようなイベントを開催し、そしてどのような結果が出たのか、それがわかれば渡した人も自分の渡したお金を有意義に使ってもらうことができたということもあり、とても価値ある行動になるというわけです。

 


ただの感謝だけにならない

pixta_tegami_01

ただ感謝して終わりということにならないようにしましょう。ただ感謝するだけではなくて、しっかりと報告をすることも重要です。この手紙には報告も兼ねているのだということもしっかりと覚えておきましょう。またお金をもらってからイベントなどを開催するのにまだ時間があるという場合には、一旦手紙を書いてお礼だけ伝えます。

 

そして後日イベントが終了してから再度イベントに対しての報告をすることが重要です。あの時のお金がどうなったのかと曖昧なままにしてしまわないようにしましょう。どうなったのか明確にすることも誠意の一つです。

 

そして今回のことで終わりではないでしょうから、これからの関係をよく保つためにも、これからのことについても触れておくといいでしょう。これからもきっと多くの人が関係を続けたいと思っているはずですので、これからどうしていきたいのか、そういったことなども触れておくと相手との関係もこの先長く続くのではないでしょうか。

 

このように、ただ感謝の気持ちを伝えるという文面にならないようにしましょう。それだけではなくて、相手に頂いたお金の使い道、そして報告も忘れないように記載することが重要です。その上で今後のお互いの関係性についても今一度確認をすることができるような文面も添えておくといいかもしれません。

 

これっきりになるということはないところが大半です。これからも末永くといった文面も入れておくといいかもしれません。内容は団体、会社、個人などそれぞれのシーンに合わせて若干違ってくるかと思いますのでこのとおりではありませんが、内容の記載はほぼ共通していると言えると思いますので、感謝、報告などを忘れずに早めに出すようにしましょう。

 

早めに出すことが重要です。遅れれば遅れるほど誠意の気持ちが薄れてしまうのだとうことは覚えておきましょう。相手もすぐに文書を受け取れば誠意を強く感じるはずです。同じ出すのであれば、遅れるよりも素早くお礼の気持ちを伝える方がいいですから優先順位を考えて行動しましょう。

 

お礼状の書き方など色々な書き方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:旅行先でのお礼状の書き方
タイトル:お礼状の書き方の:内定
タイトル:お礼状の書き方:贈り物

「幸いです」の意味と例文と書き方

ビジネス文書や目上の人の手紙、あまり交流のない人とのやり取りなどでは、定型文だけを用いるのではなく、自分の伝えたい内容も文書にしなければなりません。   その...

8月の挨拶(書き出し・文頭)の例文と時候の挨拶と書き方

8月はまだまだ暑さの盛りで立秋とはいえ夏のイメージが強くあります。しかしどことなく秋を感じられることも確かです。過ぎていく夏を惜しみ、秋の気配を感じさせる言葉を8月の挨拶文として使...

御霊前の書き方

突然の訃報の連絡などによって、バタバタとお香典の用意をするという方も少なくないのではないのでしょうか。日頃から意識をしていないのでその時になって慌てる「御霊前の書き方」今回...

9人制バレーボールの記録の書き方

バレーボールには一般的に広く知られている6人制バレーボールのほかに9人制バレーボールもあります。   1.6人制バレーとの違いを知って記録する ...

オークション出品者の連絡先の書き方

  1.不要品の処分に便利なネットオークション 2.連絡先の大まかな書き方 3.大切なポイントの補足   不要品の処...

弔電・お悔やみ電報(同僚・友人の親族)の例文と書き方

  1.弔電は、定型文化したものが 2.それではどのような弔電が良いのでしょうか。 3.言葉を選ぶ際に制約となってしまうものですが 4.忌み言葉の例と...

管理職任用試験の内申書の書き方

管理職とはその名の通り、仕事をする上で組織をまとめ、運営したりそれをサポートしたりする役職のことを指します。会社員であれば課長以上の役職の人は管理職という扱いになりますが、...

封筒のサイズ別の住所の書き方

封筒に住所や宛名を書く場合にも、様々なマナーがあります。また縦書きや横書き、洋封筒によっても書き方が異なり、さらには会社宛てやビジネスでの書き方もマナーがありますので、しっ...

プロジェクト報告書書き方

企業やシンクタンクなどが今後進めていくべきプロジェクトの内容や計画、進捗状況などを書面にして表すための報告書類がプロジェクト報告書です。   1...

家庭科のレポートの書き方:調理

家庭科の学習は小学校、中学校、高等学校と年齢に合わせ、主に衣食住を中心に家族やそれを取り巻く生活環境などを学習して行きます。家庭科の学習は生活する上での基盤となり、家庭科の...

スポンサーリンク