自己紹介文の書き方・例文

pixta_tegami_01

 

  1. 1.自己紹介文の必要性
  2. 2.自己紹介文を書く前に
  3. 3.自己紹介文の書き方
  4. 4.例文で見る上手な書き方

 


自己紹介文の必要性

pixta_tegami_02

面接だけで自分の長所ややる気をアピールするのはとても難しいので、自己紹介文を通してアピールすることが出来ます。またなぜその企業で働きたいのかという志望動機も、履歴書などの狭いスペースで書ききれないので自己紹介文の中で志望動機を伝えます。

 

自己紹介文とは自分自身のことを相手に知ってもらうようにするもので、自分自身をしっかり売り込むことが目的です。他の人よりも優れている部分を無理やり言わなければならないということではなく、自分自身がどんな人物なのかを相手に分かりやすく伝えることが大切です。

 

色々な自分の特徴から応募したい企業や職種に合うと思うものにアピールポイントを絞ることで、採用率も上がります。面接や履歴書では伝えきれない部分を文章を通じて伝えることが出来るので、採用側の大きな判断材料にもなります。

 

面接官はこの自己紹介文を元に面接を進めていくので、意図的に面接で聞いてほしい内容を盛り込むことが出来ます。自分が聞いてほしい部分を事前にアピールすることが出来れば、面接中も緊張せずにスムーズに質問に答えることが出来ます。

 


自己紹介文を書く前に

pixta_tegami_03

自己紹介文を書く前には、自分自身のことをしっかり知っておく必要があります。就職活動の中で自分自身を的確に表現するためにも、自分を知ることが大切です。面接など様々な場面で採用担当者に自分を知ってもらうためには、自己分析を行います。

 

就職活動の中で出すべき答えは、資質と価値観です。資質は自分がどのような特徴を持っているのか、責任感や向上心、学習意欲はあるのかです。このような資質を自分自身はどのくらい持っているのか、持っているとしたらどのくらいなのか答えを出します。

 

そこから派生して、どのようなものにモチベーションを持てるのかということを知ることが出来ます。資質の部分は面接での自己アピールや学生時代に頑張ったこと、長所や短所の質問で問われることがあります。自分が楽しく幸せに働くことが出来る企業と出会うという観点からも、強みをしっておくことが大切なのです。

 

価値観の部分は、自分自身に対する判断基準です。そこから拡大していってどのような人生を歩みたいのか、さらに生きていきたいのかを繋げることが出来ます。将来どのような自分になりたいのか、どういう価値観を誰に与えたいのかの答えを出します。

 

自分自身がどのような人生を歩んできたのか、どのような人生を歩みたいのかを知ることで自分自身を知ることが出来ます。自分の強みや感情を客観的に判断することで、自分を紹介することが出来る文章を書くことが出来るのです。

 


自己紹介文の書き方

pixta_tegami_01

A4サイズのレポート用紙や、企業からしていされている用紙を使います。黒のペンを使って、自分の長所やアピールポイントを盛り込みます。「拝啓」から始まり、時候の挨拶を一行目に書きます。自分の名前や学校名などを書いて、志望動機や学生時代で学んできたこと、自分の長所やアピールポイントを書いていきます。

 

またどのような社会人になりたいのか、就職してからの心構えなどを加えます。自己紹介文の書き方のポイントは、曖昧な表現で書かないことです。「私は向上心と協調性があります」では他の応募者と内容がかぶってしまいますし、説得力も欠けてしまうのです。自己紹介の部分では具体的なエピソードや数字を加えて、説得力を出すことが大切です。

 

また「これをやっていきたい」などの自分の気持ちだけを伝えるのは、アピールにはならないのです。学生時代の実績や前職の経験など、企業側が求めている人物像と重ねて書くようにします。

 

具体的な実績やスキルがない場合は忍耐力や積極性などの強みが表現出来るエピソードを盛り込んで、これをどのように仕事に生かすことが出来るのかを説明します。このように具体的に書くことで、採用担当者も興味を持ってくれます。面接官との会話の糸口となる部分なので、具体的に説明することが出来る文章を作るようにします。

 


例文で見る上手な書き方

pixta_tegami_01

自分自身で自己紹介文を作成するときに多い書き出しは、「私はこのような力があります」ということです。さらにこのような力があるということから、その理由を説明するという文章です。自分自身で自分の力をアピールするのは間違っていて、自分にどのような力があるのかを判断するのは周りの人です。

 

自分で書いてしまっては、おかしな文章になります。「自分にはこのような力がある」という文章ではなく、具体的なエピソードを盛り込んで自然な形でどのような力があるのかをアピールするようにします。

 

「学生時代にはマネージャーを頑張った」「前職ではこの仕事を頑張った」では頑張ったということは伝わりますが、何をしたのかが分かりにくくなります。この例文では内容がとても抽象的になってしまうので、どのようなことに取り組んでどのような結果を残したのかを書きます。

 

抽象的でポジティブな言葉を並べるのではなく、具体的な例を出すことで相手もどんなことを頑張ったのかを正確に理解することが出来ます。向上心をアピールしたい場合には、「物事を覚えるときにはただ頭に入れるのではなく知識として入れることが大切だと考えています」など具体例を入れます。

 

それはどのような場面で思ったことなのか、その能力を発揮することが出来るということを伝えるようにします。努力をアピールしたい場合には「一度決めたことは諦めず、最後まで努力することが出来る」など具体的な例を出して、努力したことを伝える文章を入れます。

 

どのような長所をアピールする場合でも、必ず具体的な例を入れ込むことが大切です。そのときにそのまま書くのではなく、自分が経験したことを加えて具体的にアピールする内容を書くようにします。仕事での活かし方も想像しやすくなり、面接官に自分の魅力が伝わりやすくなります。

 

また必ずポジティブな文章になるように心がけて、短所を書く場合には最終的にそれが長所に繋がるように書きます。飽き性の場合には「常に自分がチャレンジすることが出来る環境に身を置いている」など、短所をポジティブに見せる文章を入れることがポイントです。

 

就職活動の書類の書き方など色々な書き方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:専門分野の書き方

手紙の書き方:残金回収

得意先や企業が売掛金や料金、家賃といった残金が残っている時に残金回収を行いたい場合には督促状を作成する必要があります。そもそも督促状とは支払いを催促するために出すものです。...

小学生の作文の書き方

小学生になると幼稚園や保育園の時と違った作業が学校でたくさん出てきます。その中の一つに作文があります。幼稚園や保育園の時は文字を覚えて単語を書くという所までできればよかったのですが...

美しく見える文字の書き方

教育上、私たちは手紙・レポートなどで文書を作成する際にはひらがな・カタカナ・漢字などの文字を組み合わせて文章を書きます。   手紙などの相手への思いを記す場合...

業績の書き方

研究結果など業績の書き方を押さえておくことで研究費を申請するときに役立ちます。純粋に頭からどのように書いて良いか迷う人も多くいますが、タイトルで審査員を引き付けるようなもの...

遺言状の書き方

  1.遺言状の種類 2.自筆遺言状の書き方のポイント 3.本文の書き方 4.遺言状の注意点 5.無効となる可能性がある書き方 ...

奨学金申請の理由の例文とマナーと書き方

景気は少しずつ上向きになってきているとは言われていますが、それを実感している人はわずか一握りの限られた人間だけで、我々一般庶民は相変わらず、増えない収入に対して、消費税引き上げをは...

庭の図面の書き方

理想の庭作りは、思いつきで成功するものではありません。頭の中にある、漠然としていて、ぼんやりとしたイメージのまま始めてしまうと、途中でいろいろ問題が起こってくるたびに、惑わ...

給与支払報告書、総括表の書き方

給与支払報告書には総括表と個人明細書があります。この書類の送付先は給与等受給者が、受給年の翌年1月1日現在(受給年中に退職した方は、退職日現在)、居住する市区町村長宛です。...

文字の書き方は丁寧にゆっくり書くことで変えられます

字を綺麗に書きたいと願う方は、とても多くおられます。少しのコツをつかむことにより今までの書き方を変えて綺麗な文字を書けるようになります。字が綺麗に書けると好印象を持たれることが多い...

評価育成システムの書き方

会社にとって有望な人材を育てるにはきちんとした評価育成システムを導入することが必要です。教職員にも活用することができ取り組み状況を適切に記録、評価してその結果に基づいて指導...

スポンサーリンク