専門分野の書き方

pixta_tegami_01

就職活動の際、書類選考で自分をアピールするためのエントリーシートや履歴書はとても重要なものです。特に職歴などがない場合でも、自分が何らかの専門分野について学習し技術を身につけたというのであれば、もちろんその分野につきたいはずでしょう。
 
この時、その専門知識や技術を活かした就職先でより有利になるためには、その学習した内容や専門分野についてのアピールをすることです。では、そのような様々な書類の書き方はどのようなものがあるでしょうか。

 

  1. 1.IT系の場合は自分の専門スキルを書く
  2. 2.接客・販売職は資格と学習内容をアピール
  3. 3.クリエイティブ系は何を作ったかが大事
  4. 4.心を動かす応募書類の書き方

 


IT系の場合は自分の専門スキルを書く

pixta_tegami_02

まず、IT系を専門分野とする人の場合です。この場合アピールできる方法としては、やはり自分の専門分野についてのことでしょう。比較的様々なプログラム言語やシステム・OSに触れることも多い場合は、その言語の正式な名称、バージョンなどを明記しておきましょう。

 

履歴書の場合、特にプログラム言語やシステム、ソフトウェアに関することはきちんと明記し、仮に業界内でよく知られている省略語(例:フォトショップをフォトショと略すような言葉)があったとしても、使わないようにしましょう。

 

書き方として気にするところとしては、古いものから新しいものに順に身につけていった順に書いていきましょう。共通で使っていたオーサリングソフトがあるならあとにまとめて書いておいても構いませんが、バージョンも明記しておきたいものです。

 

一方、専用のエントリーシートや企業が準備したものに記入する場合は、その記入形式や記入順に習うようにしましょう。中には専門とする言語によって丸をつけるだけの場合もありますし、一概にこの書き方でいい、ということはありません。ただ、見やすく分かりやすいということだけは意識したいものです。

 

また、どちらの場合でも、もし取得した資格があるなら書いておきましょう。この時、その専門スキルや用語に近ければ近いものほどよい評価を得ることが出来ます。また、それ以外にも自動車免許などもあれば書いておくといいでしょう。一方、例えばタイピングやエクセルの資格などではアピールになりません。

 

ITの場合はあくまでも使えて当たり前、ということがあるからです。また、どのような場合でも作ったことがあるアプリやWebサービスがあるのであれば必ず明記しておきましょう。何らかのアピールなりますし、特に大きなアピールポイントとなります。

 


接客・販売職は資格と学習内容をアピール

pixta_tegami_03

もしあなたが学習したのが接客・販売やエステ・美容などというような人に対するする仕事の場合は、そのようなことをきちんと明記しておきましょう。このような仕事の場合は求人も多いものですが、一方でそこから商品のバイヤーなどに進む場合や、販売・接客の専門となる場合など様々なケースが考えられます。

 

このため、その会社がどのようなキャリアプランを描いているかによってアピールできるポイントは違ってきますが、基本的には接客・販売について学習したことを書くといいでしょう。また、専門知識としてはどのようなことを学習したのかを明記するといいでしょう。

 

またこういった系統の場合は資格としては販売士という資格がありますので、履歴書に書いておくといいでしょう。また、エステや美容についての専門知識があり資格があるのであれば、そのことを明記しておきましょう。

 

中には専門学校や大学の学科名でだいたいどのようなことを学習してきたのかが分かる場合もありますので、いつどこで何を学んだか、というような形式にするとわかりやすくなります。ただ、履歴書の場合は学歴欄に学校名やコース名を書くでしょうし、資格が必要な仕事の場合は資格を明記するでしょうから、そのような学校で何を学んだかを軽く書いておくといいでしょう。

 


クリエイティブ系は何を作ったかが大事

pixta_tegami_01

そして、もしデザイナーやパタンナーなどのクリエイティブ系の仕事の場合は、その専門分野としてはどのようなことを学習してきたのかが大事です。この時、もし学科名がそのままその専門分野となるのであれば、その学校・学科名・コース名などを明記し、さらにそこからどのような学習をしていったのか内容を書きましょう。

 

また、自分がウェブデザインをするのか、印刷物デザインをするのか、ファッションデザインをするのか、というようなことは、作成したものを見せることで分かるでしょう。一緒に作品を添付する場合は上のような内容でも構いませんが、もし一歩進んだものにしたい場合は、作成したウェブサイトのURL、印刷物の内容や目的などを明記しましょう。

 

余談ですが、もしその専門分野で何らかの大会に出し受賞をしたのであれば、それも明記しておきましょう。というのも、クリエイティブ系の場合は大会で受賞したことがあるのはとても大きなアピールポイントになるのです。これは学内コンペ程度でも構いませんが、どのような大会があってどのような賞を頂いたのかは明記しておきましょう。

 


事務職の場合はPCスキルや英語スキル

pixta_tegami_01

最後に、事務職を志望する場合、あまり専門分野としてアピールできるポイントが多くないのが難点です。基本的に描く必要があるのがパソコンスキルでしょう。この場合はタイピングスキルやエクセル・ワードなどがどのくらい使えるか、ということを第一に書きましょう。

 

また、どのようなソフトでバージョンはどれか、ということを書いておきましょう。中にはバージョンが違うと大きく使い勝手が違うソフトウェアもあります。専門分野があるのであればその分野のことについて書けるのでそう難しくはありません。

 

事務職の場合は少しでも専門的にやっていたことがあるのであればそれを明記するといいでしょう。例えば経理・総務や、庶務なども立派な仕事です。もし英語を使用するシーンが有ったのであれば英語での取次や簡単な説明なども書いておくと、英語が使える人とみなされて有利です。

 

どのような職歴であれ、どのような専門分野であれ、分かりやすく書くことを心がけましょう。専門分野はその会社についてどのように貢献できるかとても大事なポイントですから、技術として身についたことの内容や、作ったものや経験したことについては明確に書くことが大事です。

 

書留封筒書き方

一般書留の特徴は、事細かく追跡ができることと万一損害が生じた場合の保障額にあります。通過する郵便局ごとに記録が残るために、今どの地点まで配送がなされているのかを確認すること...

「ご丁重」の意味と例文と書き方

ご丁重という言葉は丁寧という言葉と同じ意味になりますが、より親切で礼儀正しい言葉遣いとして使われる言葉です。結婚式や挨拶文など特にビジネスの場面においてたびたび使われる言葉であり、...

出席可否の書き方

結婚式やパーティといった華やかで和やかな雰囲気の中で行われるイベントは、出席した人も変えるときには何となく幸せな気持ちになれます。   1.出席...

文章を書くことが増加しているからこその注意点

今は、パソコンや携帯、タブレット端末をはじめとする通信端末が急速に普及しており、一日の間でみない日はないのではないかと思うほどたくさんの人が手にして使用するような時代となりました。...

純損失の金額の繰戻しによる所得税の還付請求書の書き方

株式会社や有限会社といった法人を設立していない個人事業主であっても、税制面で優遇されるために活用される青色申告。そのいっぽうで白色申告よりも詳細に申告しなければならず、...

「ご支援」の意味と例文と書き方

ビジネス文書や個人あてにお願いなどをするとき、使用される言葉がいくつかあります。これらは上手に使い分けをしなければなりませんし、前後の文章と脈絡がつながらないものになると、かえって...

結納目録の書き方について

  1.結納目録とは何でしょう? 2.結納目録の書き方とは? 3.結納品の関東と関西での違い 4.目録だけでなく「受書」が必要な地域も ...

示談書の書き方:慰謝料

  1.示談書とは 2.示談書の作成方法 3.示談書の構成   示談書とは 示談書というのは、当事者間で裁...

手紙での時候の挨拶の書き方

手紙というものは非常に身近な存在でありながら、書き方に関してしっかりとしたマナーや知識のある人は意外と少ないです。パソコンやスマートフォンなどで電子メールを送る事は多いけど、手書き...

お詫び・謝罪の言葉の例文と書き方

私たち人間は、どんな偉人であっても完璧な人などいないもので、どれだけ慎重に考え行動していても、時には間違いも犯し、失敗し、他人に迷惑をかけることもあるでしょう。  ...

スポンサーリンク