お礼状の書き方:4月

pixta_tegami_01

 

  1. 1.お礼状の書き方の基本を押さえる
  2. 2.お礼状の書き出しについて
  3. 3.4月の季節の挨拶文を考える
  4. 4.季語と頭語と結語

 


お礼状の書き方の基本を押さえる

pixta_tegami_02

何かをしてもらったとき、感謝の気持ちを伝えるために仕事関係でもプライベートでもお礼状を書くことになる場合があります。そのようなときに困らないように、お礼状の基本的な書き方を覚えておくと便利です。その月によって使う言葉や季語、文章の書き方をしっかりと把握しておくようにします。

 

まず、必ず相手への気遣いを考えた文章を書くことを忘れてはいけない、ということです。起承転結をしっかりと押さえて、漢字の間違い、間違った言葉遣いをしないようにしておきます。お礼状以外の手紙でも必ず時候の挨拶、季節の挨拶というものは書くようにします。

 

時候の挨拶という、季節をあらわす言葉を用いた文章で、天気や気候や季節の移り変わり、寒暖を表わすような挨拶の言葉と同時に、相手の健康を気づかう意味もあるので、忘れずに書くようにしておくことです。4月ならその季節にふさわしい文章を考えて書くように気をつけなければいけない、ということです。

 

送る相手によっても、書き分けるようにしておくと、それぞれの文章に特徴をつけることもできますし、相手に失礼のないお礼状を書くことができて、きちんとしたものを送ることができるようになります。

 


お礼状の書き出しについて

pixta_tegami_03

送る相手への気遣いと同時に、季節を感じ取ってもらえる文章にすることが大切、と書きましたが、いくつか例文を覚えて、それを応用してみたり、季語の入った文章を利用することで、相手に好印象をもってもらえるような文章を考えることも可能です。

 

たとえば、時候の挨拶を含めた文章をいくつか例文で書いてみると、春暖の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます、というものや、桜花の候、皆様お元気でお過ごしのことと存じます、という風に書くことができるのです。

 

ある程度決まったフレーズや言葉を利用することが多いので、できるだけ覚えておく、もしくはメモをしてすぐに使えるようにしておくといいです。ほかにも、陽春の候、貴社ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます、というものや、春和の候、皆様ますますご健勝のこととお慶び申し上げます、というものでもいいということです。

 

4月に書くお礼状の例文なのですが、きちんと季語を含めた時候の挨拶になっているのでとてもいい文章です。時候の挨拶を含めた文章を書くときのために、これもいくつか覚えておくと便利です。たとえば、麗春の候、春風駘蕩の候、桜花爛漫の候、春日華麗の候、春日遅日の候、などを含めて時候の挨拶を書くことができます。

 


4月の季節の挨拶文を考える

pixta_tegami_01

時候というのはその月の名称や、季節を表わす言葉のことをいいます。初春、春寒し、木の芽時、春の宵、春深し、など、季節をイメージさせる、感じることができる言葉のことです。4月の挨拶文を書くときには、これらのようにわかりやすい季節の言葉を含めた文章を選ぶといいということです。

 

たとえば、春風の心地よい季節になりましたが、というものや、春光うららかな季節を迎え、というもの、ゴールデンウィークが目前となり、何かと心楽しい日々ですが、というものもあります。

 

ほかにも、いつのまにか葉桜の季節となってしまいました、という木をたとえて書くようにしたり、春眠暁を覚えずと申しますが、とよく耳にするフレーズを利用したもの、道端にタンポポやつつじの花がいっせいに咲き始めましたが、というものもいいですし、お花見にはもういらっしゃいましたでしょうか、という4月のイベントのようなものを含めてみるのもいいということです。

 

わかりやすい季語を含めたものでもいいのですが、親しい人などへのお礼状なら、自分たちのなかで通じるその季節の言葉を季語として利用してみるというのも効果的です。4月の季語というとほかにも、春風、春雨、菜種梅雨、蜃気楼、花曇、などがあります。

 

挨拶文からはじめるお礼状は一般的なので、まずは前文として書けるようにしておくことが大切です。季節の挨拶文なら、ほかにもいろいろな書き方ができるので、出す相手によって違う文章を考えてみるというのはいいです。

 

桜の花のたよりが聞かれる頃になりました、というもの、新入生のランドセルが春光に踊る季節となりました、というものも素敵です。にぎやかで可愛らしい新入生をイメージできる文章です。若草の萌え立つ季節、というものや、花吹雪から葉桜となり、晩春の愁い感じる季節になりましたが、という文章の始め方もいいかもしれないです。

 


季語と頭語と結語

pixta_tegami_01

季語というのはその言葉通り、季節をわかりやすい言葉にしたり、イメージできるようにしておく言葉のことですが、天分や地理、人事、動物、植物という風に違うものでも、その季節にすることができるので、まずはいくつか参考になりそうなものを書き出しておくと便利かもしれないです。

 

たとえば、地理なら、焼山、雪解、春の田、水温む、春の川、春の波、菫野、などを利用してみたり、人事なら、針供養、卒業、入学、雛遊、花見、梅見、などがあります。ほかにも、4月の動物なら燕、春の駒、蛙、鰆、蛤、などがあります。植物なら、梅、桃の花、桜、椿、ライラック、林檎の花、藤、などを用いて書くようにしてみるといいです。

 

わかりやすい花や木を使ったり、イベントのことを書くようにすると相手にも伝わりやすいかもしれないです。また、頭語と結語、というものもありますし、結びの文章というものがあります。そのこともしっかりと考えておくと便利かもしれないです。

 

頭語とは、手紙の一番初めに書く、こんにちは、ごめんくださいなどの挨拶にあたるものです。よく知られているものとしては、拝啓、前略などがこれにあたるということです。結語というのは、手紙の末文に書く、さようなら、それではまた、という挨拶にあたるものです。

 

一般的によく知られているものには、敬具などがあります。結びの挨拶文なら、新年度を迎えられて何かとお忙しいことと存じますが、今後共ご支援ご厚情を賜りますよう宜しくお願い申し上げます、というものや、春爛漫の折、どうぞお健やかにお過ごしください、というものが使えます。

 

礼状の書き方など色々な書き方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:お礼状の書き方:11月
タイトル:香典の礼状の書き方
タイトル:寄付のお礼状の書き方

手紙の書き方とは

手紙を書く場面は少なくなってきていますが、かしこまったビジネスの場面や冠婚葬祭などで使うことがあるのは確かです。そんな時に困らないように書き方を見て行きましょう。 &...

手紙での時候の挨拶の書き方

手紙というものは非常に身近な存在でありながら、書き方に関してしっかりとしたマナーや知識のある人は意外と少ないです。パソコンやスマートフォンなどで電子メールを送る事は多いけど、手書き...

ゴルフノートの付け方

ゴルフノートの書き方は正しい書き方を身につけておくことでスコアアップにもつながりますのでオススメです。プロでも、コースメモやゴルフノートはまだまだ付けている人は多いですので...

防火管理者届の横浜市の書き方例

消防法の第8条では、病院や学校、工場、大規模小売店舗など、複数の目的で使用されたり、多数の人が日常的に居住・勤務・出入りする防火対象物については防火管理者を選任し、これを所...

興味を持たれる文章の書き方のコツとは

昨今のネットの普及に伴い、SNSやブログなど、誰かとコミュニケーションを取ったり自分が情報を発信する場所が増加しました。そのため、一昔前と比較して私たちが日常生活の中で文章を書く機...

添字の書き方

添字とは、封書の表に、中身がどのようなものであるのかがわかるように書かれているものを指します。添え書きとも呼ばれることがありますが、その場合には、挨拶や差し出した人物の情報...

履歴書の書き方も非常に大切です。

さて、就職活動の必需品と言えば履歴書です。履歴書と言えば、自分自身の名前や住所等の情報と、自分自身の経歴や職歴を書くものです。職務経歴書があるし、と適当に流して書いてしまっている人...

定年退職の挨拶状の例文とマナーと書き方

定年退職を迎えるにあたり、自分が御世話になったその会社で、お世話になった人々やもしくは自分の後を引き継いでくれる人々に対して、または会社だけでなく得意先の人やその他自分の周りでお世...

謝辞の書き方

何らかのお礼を伝える感謝の言葉であったり、非をお詫びするための言葉を謝辞と言い、口頭ではなく書面にしてこの謝辞お伝えるべき相手に届けるというシーンは、社会人生活の中で少ない...

ビジネス向けや目上の方への年賀状の書き方

年賀状は、旧年中の感謝と新年も変わらぬ御付き合いをお願いするための挨拶状です。昨今では、電子メールの普及により、電子メールを送る文化も認知されつつありますが、ビジネス上の御付き合い...

スポンサーリンク