卒論アンケートの書き方

pixta_tegami_01

卒論のテーマが決まっていない人や、卒論アンケートのテーマそのものがまだ決まっていない人、卒論のアンケートがなかなか集まらない人、書き方がわからないなど卒論に関しては悩みが尽きないと思います。初めてアンケートを作るにしても、どうやって集計をすればいいのか、例文などを参考にして作ればスムーズに進むはずですので是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

  1. 1.SNSを利用して短い期間で収集する方法
  2. 2.ソーシャルメディアで配信する
  3. 3.集計作業をスムーズにする

 


SNSを利用して短い期間で収集する方法

pixta_tegami_02

卒業論文の締め切りはあります。締切間近なのにまだアンケートそのものも完成していないという人は、短期間で一度に収集する方法がありますので、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。どれだけ取得できるかによっても違いがあるのですが、頑張れば数日で集めたい数が集まるはずですし、収集してから集計までそれほど時間をかけずに一度に済ませられることもあります。

 

用意する物はインターネットの質問をするためのツール、そしてスマホやタブレット、パソコンなどの端末、SNSのアカウントが必要です。では具体的にどのようにして作るのかといえば、まずウェブ質問ツールというサイトがあるので、アカウントを取得します。アンケートを手軽に取得できる無料のツールが色々とあるのでそれらを吟味して使いやすいものを選びましょう。

 

選ぶ際の注意店は自動集計機能が付いているものを選ぶ必要があります。集計作業がとても大変なので、短い時間で仕上げたいと思ったら集計は自動化できるツールを使うことが重要です。マクロミルのクエスタントのようなツールがお勧めです。SNSを利用している人は多いでしょう。SNSといえば例えばmixiやフェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどが今は主流でしょうか。

 

それ以外にも、SNSは色々な種類があると思いますので、思い浮かぶSNSに登録をして、または既に登録をしていたという人はログインをして、繋がりを持つといいでしょう。リアル友達から、SNS上だけの友達など、たくさんいればいるほど、あなたの卒業論文に協力してくれる人がスムーズに見つかるかもしれませんのでおすすめです。

 


ソーシャルメディアで配信する

pixta_tegami_03

質問ツールで聞きたいことを作成したら、アドレスが作られるので、そのアドレスを自分が登録をしているフェイスブック、ツイッターなどに貼り付けてひとりでも多くの人に回答してもらえるように告知するといいでしょう。配信をお願いする際には質問の内容はどのようなものなのか、どんな人に答えてもらいたいのか、何分くらいで答えられるか、この3つは最低限相手に伝えるといいでしょう。

 

例文としては「卒業論文の質問で、スマホの毎月の利用金額を考えたいと思っているので、3分程度で答えられる質問ですので、利用している人は是非答えてください」といった形でお願いして、仲がいい人にはリツイートすればさらに拡散されて、短期間で一度に多くの回答が集まります。

 

先ほど何のためにこれを行っているかなどの最低限の内容は伝えるべきだと言いましたが、それ以外にも、補足で答えてもらいたいことなどがある場合はメッセージを受け取ったり、コメントを書いてもらうなどすればさらに濃い内容の情報を収集することにつながります。

 


集計作業をスムーズにする

pixta_tegami_01

集計作業が意外と大変だったりするのですが自動システム機能が付いているツールを利用していた人は、自動的に計算してくれますので特に何をすることもありません。回答が集まれば、自動で集計してくれるので簡単です。

 

例を見てみると、例えば先ほどの話でいくと、スマホの月額の利用料金についてですが、1の答えが3千円以内、2の答えが、3千円~5千円いない、3の答えが5千円~8千円以内、4の答えが8千円以上、5の答えが1万円以上、このような選択肢を作っておいたとしましょう。この5つの選択肢があればそれぞれ回答した人が何番を選ぶか、そして自動でその数を計算してくれます。

 

回答してもらうのはこの番号だけでなく、性別、年齢などの属性なども収集しておくことにすれば、さらに詳細な内容を集めることができるでしょう。これが短期間で一度に卒業論文に必要な情報を収集する方法です。深い内容で自分が知りたいと思っている情報を収集したいと思うなら、アンケートの選択肢を増やしたり、設問を増やすなどして対処するといいでしょう。

 

しかし答えてくれる人の気持ちを考える必要もあります。謝礼がない無償の質問に時間を割いて10分も20分も真面目に答えてくれる人などいませんので、完結に聞きたいことだけをまとめておくといいでしょう。短期間で少しでもたくさんの回答を得たいと思っている人は、やはりインターネットを活用することが重要です。

 

インターネットを使えば、最小限の労力において、最大の効果を短期間で得ることにつながるでしょう。インターネットがなかった時代では考えられなかったほどに、手軽にスムーズに、短期間で知りたい情報を収集することができる時代になりました。ネットを最大限使えば時間がなくてもまだまだ間に合います。

 

アンケートなど色々な書き方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:アンケートの書き方
タイトル:アンケートの書き方例
タイトル:卒論のインタビューの書き方

カイ二乗検定結果の書き方

カイ二乗検定という言葉に初めて触れる機会があるとすれば、大学などで行う統計学の授業である場合が多いでしょう。このカイ二乗検定という統計手法は観測されたデータの分布が理論値の...

折りたたみ式巻紙の書き方

結婚式、入学式をはじめとした様々な式典で訪れる、祝辞や謝辞、挨拶の機会。暗記だけでは不安です。かと言って原稿用紙を確認しながらお祝いや感謝を述べるのでは、「読む」ことに集中...

研究依頼文書の書き方

研究依頼文書、これは研究する人と、研究の対象者の関係を作る為に必要な文書です。倫理審査において問題になる事のとても多いことが依頼文書、それに添付される説明書、同意書などに関...

読んでいてわかりやすい書き方のコツについて

文章を書く際には、必ず読み手のことを考えて、わかりやすい文章を書くことが大切です。何を伝えたいのかわかりづらくなってしまったり、文章の中身がわかりにくくなってしまったりすることも多...

文章の書き方について

タイトルにもあるように、文章の書き方とは、どのようにすればよいのでしょうか、一般的に、文章は相手にわかりやすく伝えるということが重要になっていきます。さらに、自分で感じ取ったことを...

「ご心労」の意味と例文と書き方

「ご心労」は、その文字が示している通りに、心が労すること、即ち心配事があったり、或いは精神的疲労を受けたりしている状態を意味する言葉です。しかも、「心労」の前に「ご」という接頭語が...

お祝い・祝福の言葉の例文と書き方

  1.お祝い及び祝福の言葉についてですが例文が完備されています。 2.結婚祝いに関する例文は 3.結婚祝いの場合、人生において最大の慶事とされます ...

2月の挨拶(結び・文末)の例文と結びの挨拶と書き方

2月は暦の上では立春を迎えます。 立春とは二十四節気の1つで新暦では2月上旬にあたりこの日から春とされます。旧暦では年末か正月の初旬にあたり約1か月ほどの季節感のずれがありま...

お祝いのし袋の書き方

祝儀袋といっても種類が色々ありますので、用途に応じて選び方や書き方、包み方にも正しい決まりがあります。祝儀袋は、正しいマナーにあった方法で書けるように知識を身につけて行き、...

8月の挨拶(結び・文末)の例文と結びの挨拶と書き方

季節に応じた手紙やメールを書くだけでより丁寧で相手を思いやる心が伝わるものになります。いつの季節でも使っているような文章で文末を締めくくるよりも、時候に合わせた文章にするだけで相手...

スポンサーリンク