手紙の書き方~女性~

pixta_tegami_01

手紙を書くときには、ビジネスのときに使用できるものとプライベートのときに使用したほうがいいものがあります。書き出しも季節ごとに違うものだということです。その時期にあった言葉を選んで書くようにしておきます。書き方を工夫してかけば、その人の特徴を伝えることもできますし、いくつか例文などを覚えておくと手紙も書きやすくなります。

 

  1. 1.頭語と結語の利用方法と特徴
  2. 2.頭語と結語の同時に覚えておくといいもの
  3. 3.季語を使った文章を覚えておくと便利

 


頭語と結語の利用方法と特徴

pixta_tegami_02

手紙のはじまりの文章には頭語を利用するものが多いといいます。頭語というのは最初の書き出しになるもののことです。手紙の種類によって文章に使用する言葉が決まっているので、いくつか覚えておくと使いやすいです。また、男性と女性によって頭語は違うものを使う場合と、男女のどちらでも使用しないように気をつけなければいけない場合があるので、そのこともしっかりと理解しておくことが大切です。

 

女性が使用するものには、ひらがなが使われているものが多いという特徴があります。また、頭語は手紙の最後に書かれる結語というものと対になって使用されるので、同時に覚えておくと使いやすいです。それぞれの月とその時のイメージなどを思い浮かべることができるものを考えてみるといいです。

 


頭語と結語の同時に覚えておくといいもの

pixta_tegami_03

一般的な手紙では、よく、拝啓、という言葉を使うことがありますが、それが頭語のひとつです。ほかにも、拝呈、啓上、一筆啓上というものがあります。これとセットで使用されることが多い結語が敬具、拝具、拝白です。女性のみが使うことができる頭語が、一筆申し上げます、こんにちは、はがきで失礼します、というもので、結語は、かしこ、さようなら、ごめんくださいませ、というものです。柔らかいイメージでひらがなを使用おり、男性は使わないようにしておきます。

 

形式的なものの場合は、謹啓、謹呈、粛啓、恭啓というものがあり、女性のみ使えるものが、謹んで申し上げます、という言葉です。結語は、敬白、謹言、再拝、頓首というものが男女のどちらでも使うことができますが、かしこ、という言葉は女性しか使用することができないものです。

 

ほかにも、返事の手紙で使用する頭語には、拝復、啓復、復啓というものがあります。女性のみが使えるものは、お手紙ありがとうございました、というものです。これとセットになっている結語は敬具、拝白、拝具で、女性のみ使用できるものが、かしこ、さようなら、ごめんくださいませ、です。

 


季語を使った文章を覚えておくと便利

pixta_tegami_01

文章にして覚えておく、という方法もあります。文章を書くときには、必ず季語をいれたものを使った書き方をしておくといいです。たとえば、4月に出す手紙を書くときには、花冷えのみぎりとなりましたがご健勝にお過ごしでしょうか、というものや、当地はすでに桜も満開となっておりますが、そちらではいかがでしょうか、という風に書いてみると相手に伝わりやすいです。

 

春爛漫を迎え、心も躍る季節となってまいりました、というものも、春の暖かさと楽しい気持ちを伝えることができるのでいいです。季語は様々な手紙においても春夏秋冬を表すことができるので、相手にもその季節のことが伝わるような書き方をしておくのが大切です。季語として、仲春の候、春爛漫の候、花信の候、清和の候、陽春の候などがあります。ほかにもいろいろとありますが、わかりやすい言葉で書いておくのが大事です。

 

時候の挨拶として、そのまま覚えておけば、いざというときにすぐに書くことができる文章などもあります。4月の時候の挨拶というと、春眠暁を覚えずとか申しますが、というものや、沈丁花の香りがかぐわしく漂う季節、というもの、ほかにも、いよいよ桜も満開となりました、桜の木々にもちらほらと緑の葉が目つようになりました、柔らかな日差しに心も浮き立つ今日この頃ですが、真新しいランドセルがほほえましい季節、などがあります。

 

その時期のイベントや花、雰囲気や風景などを取り入れておくと伝えやすいかもしれないです。わかりやすいものを取り入れると、文章も続けやすくなりますし、便利です。いろいろと考えて書くことが大切ですが、時候の挨拶状は出す時期が大切です。時候の挨拶状を出す場合は出す時期に気をつけるようにしておきます。年賀状は元旦に、暑中見舞いは七月十五日から立秋の八月八日までに出すようにします。時候の挨拶にはタイミングというものが必ずあります。なので、きちんとその期間を守るようにしておくことが大切なのです。

 

年賀状が間に合わなかったときは寒中見舞いにして、一月五日から節分である二月三日までに出すようにしておきます。立秋以降に出すものは、残暑見舞いになります。時候の挨拶状は儀礼的なものです。ですので、縦書きで書くのがマナーです。季節の挨拶状などでは、相手が目上の人でも頭語と結語は必要ないです。季節のお見舞いの文章には多くの慣用句を使用されていますので、その文章をそのまま使うようにするといいです。

 

下記の季節ごとの手紙の書き方も凄く参考になります♪
【7月】手紙の書き方

取材依頼文の書き方

取材依頼文を書くに当たっては、書き方以前に、完成品はどうなるのかということを想定した上で、企画を立てる必要があります。   1.企画立案と取材対...

離職票の書き方:日給月給

会社を離職する場合には離職票を書いて雇用保険の失業給付を受給するために手続きを取ることが重要です。この離職票は勤めていた会社からもらうことができ、会社が自宅から近くの人は直...

香典袋の書き方について

誰かが亡くなった知らせを受けて葬儀に参列する際には、香典を持参するのがマナーになっています。香典は、通夜と告別式のいずれに持参しても問題ありません。弔事の際のしきたりは、宗教や宗派...

読書感想文を書くときのコツ

読書感想文を書くときにありがちなことが、あらすじに終始してしまうということです。文字数を稼ぐことができるので文章を書くことが苦手な人がついついやってしまう方法です。しかしこれでは感...

レポートや論文の書き方

  1.相手が読みやすく 2.レポートや論文が書き終わったら 3.文字制限が設けられているという場合には 4.1つのテーマを選んだら &nb...

英語の推薦状の書き方

  1.「推薦人」としての心構え 2.依頼者の目的を把握する 3.英文推薦状の書き方 4.英語表現を理解する 5.内容は正直に ...

扶養控除の書き方:京都市

家族のなかには、会社で働いて家計収入を主に支えている納税者たる世帯主だけでなく、午前中はパートに出かけたり、週三回程度はアルバイトに出かける子どもや親族のいるケースが多々あ...

物を返す時のお礼文の書き方

  1.お礼状はすぐに出しましょう 2.守った方がよいお礼状の形式 3.入れた方がよい時候の挨拶 4.文面に書き加えた方がよい品物の感想 ...

レポートの表紙の書き方例

  1.レポートには表紙をつける 2.表紙に書く内容 3.ミスには注意 4.表紙の書式 5.書き方の具体例   ...

説得力のある文章構造のノウハウについて

文章の書き方について書いていきます。自分の思っていることが正しく伝わらず、誤解されたりすると、書き手としては非常に残念に思います。そこで、そのようなことがないように、自分の意見を正...

スポンサーリンク