感謝状・表彰状(永年勤続)の例文とマナーと書き方

普段の生活のなかで、欠かせないことが

人とのコミュニケーションです。 どんなに自分は一人でも大丈夫だと言い張ったとしても、どこかしらで人とのコミュニケーションをとっているものです。 そして人として相手とコミュニケーションと取るためには、言葉が必要です。 その手段が会話であったり活字であることもありますが、言葉を通じてでないと人はコミュニケーションをとることはできません。

 

携帯やパソコンの普及により、言葉を文書にして伝えるという方法が普及しています。 ただ、言葉には感情が込められていないので、時として言い回しの本意が正確に伝わらないで誤解を生んでしまったり、人間関係にひびが入る要因になることもあります。

 

これが面とむかって言葉を交わしたり電話で、声の表情などでニュアンスが伝えられれば、意味あいを正確に伝えられますが文章となると、すべてが正確に伝わるとはいえないので、とても慎重に書くことが必要とされるのです。ですから、文章を書くのは言葉選びをしっかり考えたり、正確にわかりやすいということが重視されるのです。そう考えると文書を書くのが怖くなってしまいますが、そんなときは例文集などを利用しながら書いていくといいのです。

 

いまはネットをみると実にさまざまなサイトがあります。

実際、文例がたくさん載せられているサイトもたくさんありますがその中でもとくにお勧めなのが、例文JPというサイトです。こちらのサイトには日常の生活のなかで便利に使える文章や、ビジネスで使える文例、時候の挨拶なども載せられていて文章を読んでいるだけでとても勉強になるのです。

 

また、なかなか他のサイトではみられない文例なども載っています。たとえば、感謝状や永年勤続の表彰状の形式について書かれている項目です。これからは形式通りに書けばいいといわれていてもその形式がわからないと書くことができません。このサイトでしっかり確認して「感謝状」や「表彰状」を書きたいものです。それによると、企業の永年勤続表彰における表彰状の例文ですが、タイトルは、「感謝状」または「表彰状」が書くのが一般的です。

 

書き方のスタイルは、伝統的な横長の用紙に縦書きが主流になっています。ですが、縦長の用紙に横書きの方がサイズを小さくしやすく、壁に飾りやすいというメリットがあります。今はこちらのスタイルが主流になりつつあります。縦長用紙・横書きの表彰状では、年数、日付けなどは算用数字を使って表記します。というものでした。これもわかったうえで、作成するといいのです。

 

そのなかに、時候の挨拶も抑えておきたいところです。

日本には四季があり、季節によって時候の挨拶が決められています。文章を書くときに、時候の挨拶を加えてかくと文章がとても美しくなり大人な文章になりますが、それも間違えては台無しです。しかしながら、月ごとで使い方が変化していますので、その言葉も多く、すべてを網羅することは難しいです。

 

ですからこの例文JPというサイトを参考に書くことで正しい時候の挨拶を入れられることができるのです。さらに、文書の基本も載っています。私たちは日本語を話、日本語を書いてきましたが、実のところ、すべてが正確に書いているのか、疑問です。とくに昔から当たり前に使っている言い回しほど、あいまいに使っていることがあるのです。

 

たとえば、清祥、健勝、清栄、繁栄、盛栄、発展、隆昌などは、書簡文の冒頭のあいさつで相手の健康や繁栄を喜び願うということで使う言葉ですが、それぞれの意味もなんとなくこうだろうと思って使用していることが多いのです。たとえば、文例をみてみると、清祥や隆昌といった言葉は、意味の上からふたつのグループに分けられます。

 

つまり、「健康」を意味するグループともうひとつが「繁栄」を意味するグループに分かれるのです。たとえば、「清祥」と「健勝」が、健康グループに属していて体が健康で健やかに暮らすという意味を表しているので基本的には個人に対して使われる言葉です。それに対して「盛栄」「発展」「隆昌」は繁栄グループです。おもに経済的に豊かであることを意味します。

 

ただし、「繁栄」や「盛栄」がその豊かさを意味しているのに対し、「発展」や「隆昌」は豊かさや経済力が伸びているというニュアンスが含まれているのです。繁栄グループの言葉は、個人と企業や団体の両方に対して使える言葉と言えます。このように、普段なにげなく使っている言葉にも意味あいがあり、適する使い方があるということもこのサイトを読んで初めて理解するという人も多いはずです。

 

文章を書くときに見るのはもちろんですが、知識を増やすという意味でも読んでいたほうがいいサイトと言えます。いろいろ言葉の使い方や形式にはルールというものがあります。覚える前は面倒だと敬遠しがちですが、わかって使えるようになるだけで、美しい日本語を操れるようになれるのです。

 

感謝状や賞状などの書き方は下記の記事も参考になります♪
タイトル:賞状の書き方~縦書き~
タイトル:表彰盾プレートの書き方

養子縁組届の書き方

  1.養子縁組とは 2.養子縁組の流れ 3.養子縁組届の書き方 4.養子縁組の問題点   養子縁組とは ...

「清祥・健勝・清栄・繁栄・盛栄・発展・隆昌」の違いと使い分け方と書き方

ビジネス文書でも個人の手紙でも、礼儀正しく書かなければならない文章においては、必ず必要になるのが時候の挨拶です。これには大きく分けて二つあり、前半は季節を絡めたさまざまな表現を用い...

中袋の書き方

知り合いや親戚にお祝いごとがある時は、相手に対してお祝いの気持ちを込めてご祝儀を渡しますね。もちろん現金をそのまま渡すわけにはいきませんから、ご祝儀袋に包んで渡すことになり...

履歴書の書き方

  1.履歴書を書く上で注意すべき基本的なこと 2.履歴書の書式について 3.履歴書の項目の書き方 4.志望動機など自己アピールについて ...

卒業論文の書き方と例

大学では実用的な研究発表の能力が求められます。それには人前で発表し、質疑応答するプレゼンテーション能力とともに、研究を整った体裁の文章にまとめる力も必要です。卒業論文は後者...

【11月】手紙の書き方

手紙を書くときには、その季節や送る相手によって、いろいろと気をつける必要があります。11月の時候にあった挨拶を使うことで、その相手に季節を感じてもらうことができるようになり...

顛末書の書き方

顛末書は仕事をする中でミスや不始末、不祥事、そしてトラブルが発生した際、その全て、つまり顛末を書き記した書類のことです。一般的には会社への報告書という形式になります。但しす...

旅行先でのお礼状の書き方

  1.国内旅行でもガイド次第でひと味違う旅 2.お世話になったガイドさんにお礼状を出す 3.印象に残った場所は詳しく書くようにする 4....

正しい手紙の書き方とは

最近では、電話やメールの普及によりあまり手紙を書いて近況を報告しあう人も少なくなってきましたが、いざ手紙を出す時にマナーを知らなければ相手に失礼になってしまうこともあります。 ...

点対称の図形の書き方

みなさんは点対称の図形の書き方をご存じでしょうか?正確に記憶している方は少ないかと思いますので、ここで取り上げてみようかと思います。   1.定...

スポンサーリンク