ビジネスでも読書感想文でも使える文章作成のコツ

 

  1. 1.このような文章を発信する際に大切なのは
  2. 2.見出しや題名にそこまでの魅力を感じない場合は
  3. 3.また、ふたつめのポイントとしては

 

近年のインターネットの普及に伴い、情報として、また日記としてもネット内に自分の文章を公開する機会が非常に多くなっています。メールなどの以前からあった意思伝達方式はもちろんのこと、SNSなどのコミュニティツールやブログを通じて、私たちは日々文章を書くという機会に遭遇することがあります。

 


このような文章を発信する際に大切なのは

読み手側に自分の意志を明確に伝えきることができるかどうかです。これは、ビジネスの世界であっても、学校で宿題として出される読書感想文であっても同じことが言えるのですが、一番自分が伝えたいことはなんなのか、文章の書き方や文法が間違っていて本質とは全く異なる論点になってしまっていないかを確認しなければなりません。

 

一度読んだだけでは、文章の内容がしっかりと頭に入ってこなかったり、記述している内容が誤解されて伝わってしまうのは、読み手側よりも書き手側の問題である可能性のほうが大部分を占めるのです。

 

今回は、そんな誤解が生じることなく読み手が読みやすいと感じる文章をかける書き方をご紹介したいと思います。まず一番に大切なのは、見出しや題名に拘るということです。

 


見出しや題名にそこまでの魅力を感じない場合は

読み手側も読む前からなんとなく中身の認識を拒否してしまう傾向にあり、実際にどんなに素晴らしい解説をしていても、その内容がしっくりとこないという場合も多く存在するものです。

 

何がいいたいのか、その中身をみることで書き手側のどんな思いを受けることができるのかということをしっかりと見出しや題名で主張することが重要です。どんなことを書けばいいのかわからないという場合は、そもそもの結論を見出しなどに持ってきてしまって、その理由を解説するという形をとっても良いかと思います。

 

見出しで共鳴をしてくれた人は必ず読んでくれますし、自分の伝えたいことを最初から伝えることができるので多少文章がわかりづらくなってしまったとしても題名から、その真意を相手側が読み取ってくれることができるのです。

 


また、ふたつめのポイントとしては

ひとつの段落内に多くの言葉や考えを詰め込まないという点です。文章を読んでいて、文法がいかに正しくても筋の通っている主張をしているとしても、段落がなく単調でだらだらとしている文章では、その主張がしっかりと頭には入ってこず、素直に認識しづらくなってしまうものです。

 

そのため、言いたいことがたくさんある場合はひとつひとつ区切りをつけて段落をわけてあげることで、何が言いたいのかがより明確になりますし、受け手側も言いたいことが素直にわかるようになるのです。

 

まずは一通り文章を書いてから段落をつけて読み直してみると、主張がより明確になるのでチャレンジしてみてはいかがかと思います。

 

感想文の書き方など色々な書き方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:衛生講習会の感想文の書き方

イタリアン・黒板の書き方

イタリアンを食べようとしているお客様がお店を決められるとき、インターネットや口コミを利用して来られる方が年々増えているとは言っても、フラッと立ち寄られるお客様にとって、店頭...

法廷調書書き方と解説

法定調書とは、所得税法や相続税法、租税特別措置法、内国税の適正な課税の確保を図るための国外送金等に係る調書の提出等に関する法律の規定に基づいて税務署が適正な課税を行うために...

出席可否の書き方

結婚式やパーティといった華やかで和やかな雰囲気の中で行われるイベントは、出席した人も変えるときには何となく幸せな気持ちになれます。   1.出席...

志望理由書例文

たとえば進学希望先に提出する場合や、就職希望先に提出する場合など、志望理由書の提出が必要となるケースは様々です。ケースによって必要な分量や、指定された文体などは異なるかもし...

海外ETFの確定申告の書き方

海外EFTは外国税額控除のことですが、確定申告は日本でも難しいですが、海外ですので、なお難しさが高まります。海外EFT確定申告の書き方についてここでは考えていきましょう。 ...

バレーボールの公式記録の書き方

バレーボールでは大会の内容を記録するために公式記録を書くことになりますが、この公式記録は書き方というものがあります。公式記録の書き方というのは、まず今から行う大会の名前を書...

書き方を定式的に学ばない日本の文化

日本の教育課程においては実は文章の書き方について体系的に教わる機会がありません。小学校の頃から読書感想文や社会科見学の作文など、文章を書く機会には恵まれており、大学生になってもレ...

7月の挨拶(結び・文末)の例文と結びの挨拶と書き方

パソコンや携帯電話の普及によって、知らせたいことや伝えたいことがあるときには電話やメールで済ませてしまい、手紙を書くことがめっきり少なくなってきました。親しくしている友人や日ごろか...

「ご丁重」の意味と例文と書き方

ご丁重という言葉は丁寧という言葉と同じ意味になりますが、より親切で礼儀正しい言葉遣いとして使われる言葉です。結婚式や挨拶文など特にビジネスの場面においてたびたび使われる言葉であり、...

土地付き建物の売買契約書の書き方

土地付き建物の売買契約書の書き方では、まず標題に「土地付き建物の売買契約書」と記載して、契約の内容が把握できるようにします。標題の左側には収入印紙を貼るようになるので、間隔...

スポンサーリンク