読みやすい文章の書き方

わかりやすい文章の書き方にはいつくかの簡単なコツがあります。せっかく書いた文章が全く相手に伝わらなかったら、とても残念ですよね。ここではいくつかのコツを紹介していきたいと思います。

 

1.一文はなるべく短くまとめる

文は長ければ長いほど、わかりにくい文章になります。短ければ短いほど、良いとされています。読み手に力強さを与えることができます。書いた分を読み返してみて、一文が長すぎたり、少しでもズレでいると感じたら、迷わず分割するべきです。このように、自分の書いた文章は必ず読み返してみるということは、とても重要になってきます。

 

2.段落の初めにさわりを書く

読みやすい文章を書くには、読み手にあらかじめこれから何について書こうとしているかを知ってもらうことがとても大切です。こうすることで、相手は何について書かれているか予測しながら読むことができます。

 

3.なるべく否定的な表現は避ける

同じ文章でも、「~してはいけません」と「~してください」では受ける印象が変わってきます。否定的な表現が時には必要な場合もあるでしょう。全く使わないで下さいとはいいませんが、肯定文にすることで、何をすれば良いのかを相手に的確に伝えることができます。

 

4.漢字や専門用語はなるべく避ける

漢字とひらがなの割合は、3対7くらいに収めましょう。専門用語も要注意です。自分はわかっている為、つい使いたくなりますが、気をつけたいところです。読み手はわからない用語が一つでもあると、とたんに読む気がうせてしまいます。

 

また、難しい表現もなるべくさけるように注意しましょう。一般的に、小学生にもわかる文章がよいとされています。これだけで、ぐっと相手にとって読みやすい文章となります。

 

5.語尾を変化させる

例えば「です、ます」調がありますが、3回以上続くとだらしない文章になってしまいます。「だ、である」調などを使い、同じ言い回しは連続しないようにします。一行前とは違う語尾で終わるようにするだけで、読むリズムが整いやすくなります。

 

6.受け身の表現は避ける

「~れる」「~られる」といった受け身の表現は、主語がない文章になりやすく、説得力のない文章になってしまいます。適切なのは、「~なのは」「~ます」「~すれば」「~です」などの表現です。こうすることで、誰が何を言っているのがわかりやすいので、説得力のある文章になります。

 

7.段落ごとに一行あける

できれば、7行ごとに一行あけるか、長くても9行以内で一行あけるようにします。もし、7行以内で一区切り出来ないようであれば、余計な文を書いている可能性があります。一行のあきがあることで、読み手に圧迫感を与えることなく、より読みやすい文章となります。

パスポートの所持人記入欄の書き方

パスポートの所持人記入欄に住所と名前を記入するかしないかは任意となっており、パスポートを所持している本人の自由となっています。パスポートは何かの申し込みをする際や身分を証明...

作業報告書の書き方

作業報告書は報告書のなかでも頻繁に書く機会が多い報告書です。作業日報、会議の報告書なども作業報告書にあたります。定期的に作成しなければいけないタイプと、不定期でその都度作成...

卒論アンケートの書き方

卒論のテーマが決まっていない人や、卒論アンケートのテーマそのものがまだ決まっていない人、卒論のアンケートがなかなか集まらない人、書き方がわからないなど卒論に関しては悩みが尽...

プロジェクト報告書書き方

企業やシンクタンクなどが今後進めていくべきプロジェクトの内容や計画、進捗状況などを書面にして表すための報告書類がプロジェクト報告書です。   1...

卒論インタビュー書き方

卒論インタビューをする前に幾つかしなくてはいけないことがあります。それは取材対象者について調べると言う事です。取材相手の経歴の概要が掴めたら、より深く調べます。過去は勿論、...

キレイな字の書き方を身につけよう

パソコンが普及している最近ですが冠婚葬祭の記帳や、履歴書など手書きで字を書く機会もまだまだ多いと思います。文字が美しいと第一印象も変わります。   綺麗な字の...

挨拶状の宛先の書き方

挨拶状とは、大切な相手に対する感謝やお礼の気持ち、あるいは敬意を表現したり、その他引っ越しやお葬式、結婚式といった何らかの重要な通知を敬意を持って行う、日本の伝統的な冠婚葬...

11月の挨拶(書き出し・文頭)の例文と時候の挨拶と書き方

手紙の書き出しにはさまざまなものがあります。それぞれの季節に応じた書き出しを行い、相手方に対しての礼儀を重んじる姿勢を見せるわけなのです。それを時候の挨拶といいます。これらは月ごと...

講演会の気づきのレポートの書き方

「気づき」とは、端的に言ってしまえば「その対象に接したことで自分なりに得たもの」のことです。   1.気づきとはどういうものなのか 2.講演...

旅費精算書の書き方

  1.旅費精算書の特徴とは 2.旅費精算書の書き方で注意すべき点 3.出張内容の報告の書き方 4.出張旅費の内訳の書き方 5.仮払...

スポンサーリンク