家系図の離婚の書き方

pixta_tegami_01

武士の時代のように由緒正しき家にあるような家系図は、一般の家では見ることはなくなりましたし、自分の祖先がどのような暮らしをしていたのか、どんな人だったのかということは、あまり気にとめない時代になりました。

 

  1. 1.家系図の本来のあり方とは
  2. 2.人を判断する材料とは
  3. 3.離婚した場合の家系図の書き方
  4. 4.家柄よりも二人の問題です

 


家系図の本来のあり方とは

pixta_tegami_02

武士の時代のように由緒正しき家にあるような家系図は、一般の家では見ることはなくなりましたし、自分の祖先がどのような暮らしをしていたのか、どんな人だったのかということは、あまり気にとめない時代になりました。そこには同和教育などが行き届き、昔ながらの格付けによりさまざまな差別を受けてきた人がいました。

 

結婚できなかったり就職できなかったりと、大変苦労してきた人も多かったのです。そういった差別のない世の中にしていこうという風潮の中、相手の出生を探ったり自分のルーツに関して詳しく調べたりすることがなくなったからです。家系図がなくても生活していけますし、先祖がどんな人であろうと自分と祖先とはつながりはあったとしても、直接的な関係性は薄れているといってもよいからです。

 

とは言え、いまだに昔ながらの家柄を大事に守っている家族がいます。「このご時世それは間違いだ。」ということは言えません。なぜなら、代々受け継がれてきた文化的伝統を受け継ぐのは、子孫である人々の努めでもあるからです。そのために家系図が必要であり、それに基づいた暮らしをしている人々もたくさんいるのです。

 

何も教科書に載っているような著名人の子孫に限ったことではありません。伝統芸能として受け継がれている歌舞伎や狂言などもそうでしょうし、伝統工芸品を作り上げている人々もそうでしょう。ですから一概に、家系図が差別を生むということではなく、人々がどのように感じ受け止めるかが大事なのです。

 


人を判断する材料とは

pixta_tegami_03

家系図は自分の祖先を知る意味でも重要なものであることは間違いありません。誰しも自分の出生については知りたいと思うでしょうし、ましては自分の祖先がどんな人だったのか気になるでしょう。しかし間違っても、家系図を見てその人を判断することはあってはならないのです。あくまでも祖先は先祖であり、大事なのはその人自身であり、今の生活や生き方が大事なのです。

 

しかし残念なことに家系図が原因で離婚に結びついてしまう人たちもいます。結婚したのはいいけれど、嫁いだ先は昔ながらの由緒正しい家柄で、自分の出生を調べられたあげく家柄に傷がつくといった理由から離婚しなければならなかったり、婚約までたどり着いたものの家柄を調べられ、婚約破棄になってしまったという人たちもいたのです。

 

あまりにも理不尽な感じもしますが、「家柄を守らなければならない、自分たちは選ばれた人間なのだ。」と勘違いしている人々が今なおこの世の中に存在していること自体残念な気がします。そこまでして守らなければならない家柄とは一体何なのか、若い二人を引き裂かなければならない理由とは何か、一般人には到底理解しがたいことがあるのも事実なのです。

 

家系図には誰と誰が結婚して、その間に誰が生まれたのか一目でわかるような仕組みになっています。ですから、ぱっと見ただけで子どもが何人いたのかわかるようになっていますし、養子縁組した場合はそのこともきちんと記載されています。昔は実子でなくても実子のように記載さえている場合もありました。

 


離婚した場合の家系図の書き方

pixta_tegami_01

ですから本来そこで、家系図から家柄をとやかくいう意味合いからはずれているとも言えるのです。家系図に家柄の釣り合わない人を記載したくないといった理由もある反面、離婚すれば家系図に傷がつくといった考え方の人もいます。離婚すれば家系図の夫婦の二重線でつながっていたところにバツ印を書くのが正しい書き方のようです。

 

離婚すれば当然その婚姻事態がなくなりますから、当然のようにバツ印がついてもおかしくありません。生まれた子どもたちにとっても、親が離婚し家系図にそのことが記載されるのであればかわいそうだからといった理由ならまだしも、中にはそういった汚点を残したくない、自分たちの代でそういうことがあったことを認めたくないという理由から、離婚に反対する家庭もあります。

 

例え離婚したい原因が、男性側にあったとしても家柄に傷をつけないがために、嫁が我慢しなければならないといったケースも度々見られ、すでに夫婦の関係は破綻しているも同然なのに離婚できないでいるケースもあるのです。家系図の存在が結婚の邪魔をし、離婚の妨げになっている事実があること自体、

 

今の世の中では信じられない気がしますが、実際家柄を守りたいという人も多く、子どものうちからそういった教育で育ち、嫁いできた嫁に姑が教え込んで次につないでいくというのがしきたりになっている家庭もあるのです。前もってわかっているのなら別ですが、結婚してから初めて教えられたという人にとっては負担に感じる人もいることでしょう。

 


家柄よりも二人の問題です

pixta_tegami_01

しかし家柄などは自分の代で終わらせる事ができないというのが厄介です。現在もなお、生まれてくる子どもは女の子より男の子を望む人がいることも事実ですし、将来の跡継ぎを優先する人がいるのも事実です。自分では「おかしい、これは間違っている。」と思っても逆らえないこともありますし、近い将来自分も同じような道をたどるとも限りません。

 

そもそも家系図とは、それを使って人を判断したり、その人の生き方を左右したりするものではありません。自分の祖先を敬い大事にする気持ちが一番であり、それを自慢したり勝手に格付けをしたりすること自体間違っているのです。家系図に離婚の印が書かれていても不思議なことではありません。それがありのままの真実でもあるのです。

 

そうやって人々はみな次の世代へバトンを渡していくものなのです。ほとんどの人たちが家系図を気にしながら生活していることはありません。むしろ自分の家系図を目にすることのない人がほとんどでしょう。しかし祖先が私たちの先祖であれ、私たちが現在この世に生まれ、この世に生きていることが大事なのです。

 

仮に由緒正しい家柄であったとしても、離婚したことがマイナスとは限りません。その家系にとっては離婚したことがプラスに働くことがあるかもしれないのです。また無理矢理離婚させたことがマイナスにつながることもあるでしょう。ですから大事なのは本人たちの気持ちであり、周りがとやかく言う筋合いではない時代になってきているのです。

 

11月の挨拶(書き出し・文頭)の例文と時候の挨拶と書き方

手紙の書き出しにはさまざまなものがあります。それぞれの季節に応じた書き出しを行い、相手方に対しての礼儀を重んじる姿勢を見せるわけなのです。それを時候の挨拶といいます。これらは月ごと...

推薦依頼書の書き方

推薦依頼書の書き方ですが、誰かに推薦をしてもらいたいけれどそれをお願いする際に書くのが推薦依頼書です。推薦してもらうように誰かに依頼するという機会はなかなかありませんから、...

内部告発の書き方

  1.内部告発とは 2.告発できる人と告発に関する期間 3.告発のやり方と書面の書き方 4.告発後の対応と心構え &nbs...

16分割メモの書き方

仕事をしているときや勉強中、また違う場面でも、メモをする場面はたくさんあります。でもメモって後でどこに書いたかわからなくなってしまったり、雑然としてまとまっていなかったり、...

人に読んでもらえる文の書き方

皆さんは、読んでもらいたい文章を書くためにどうしたらいいか悩んだことはありませんか。子供からお年寄りまで文章は生活に欠かせないものです。そこで、まず文章の書き方の基本からおさえてい...

出欠返信書き方

結婚式を始め、同窓会や親睦会、各種パーティー、職場の歓送迎会、忘年会など、出欠の返信が求められる場面は様々ありますが、出欠返信において最も大切なのは、早めに返信をするという...

博士論文の書き方

  1.博士論文を書く前の準備 2.研究計画書 3.博士論文の全体的な書き方 4.第一章・序論の書き方 5.第二章の書き方 6.第...

お歳暮のお礼状(取引先・上司)の例文とマナーと書き方

日々の暮らしの中で、私たちはいろいろな人との関わりの中で生きています。 若いころは一人で生きられると思うこともありますが、結局のところ私たちは、一人で生きることなどできないの...

業績考課目標の書き方

  1.業績考課目標の作成の意味を理解する 2.問題点改善のための業務も取り入れる 3.将来的な自分の成長の業績考課目標も作る 4.結果を...

ひとがた雛形型の書き方

ひとがたは人の形ひ似せて和紙などを細工切りしたものや、人の姿を印刷したものなどを云います。日本の神道儀式の一つですが、その中でも陰陽道で用いられます。   ...

スポンサーリンク