「ご支援」の意味と例文と書き方

ビジネス文書や個人あてにお願いなどをするとき、使用される言葉がいくつかあります。これらは上手に使い分けをしなければなりませんし、前後の文章と脈絡がつながらないものになると、かえって相手に失礼な印象を与えてしまいかねません。

 

基本的に、この言葉は相手が自分に対して様々なサポートなどを行ってくれる場合に使う言葉ですので、感謝の気持ちを込めた文章にする必要がありますし、それでいて礼儀はわきまえておく必要があります。

 

この言葉はビジネス文書においては

実際のサポートを期待するだけでなく、普段から付き合いのある相手に対しての形式的な挨拶として使われることもありますので、どういった意図を込めて文書を作成するのかによって例文の選び方も異なってきます。これらのことを念頭において、定型文としてだけでなく、活きた使い方をするように心がけましょう。

 

「ご支援」という言葉の意味は、その言葉の通りに自分や自社に対して金銭的な援助や業務に関するサポート、取引などでの便宜をはかったり応援をするなど様々な恩恵を受けていることを指してます。

 

そのため、ビジネス文書では日常的に使われていますが、依頼状などで具体的に何らかの形のサポートを依頼する場合には、この言葉にお願いいたしますなどの言葉を付けるのが一般的です。

 

実際に何かの依頼をするときの例文としては

「さて、このたびわが社におきましては新商品の発表をすることにいたしました。つきましては、同封いたしました資料をご査収の上、発表会にぜひともご参加いただき、今後御社からも販売促進についてのご支援をいただきたくなにとぞよろしくお願い申し上げます」などといった使い方をします。

 

また、実際にサポートを得られた場合には、「先日のイベントでは、御社のご支援に対して厚く御礼を申し上げます」というように感謝の気持ちを伝えます。

 

これらの使い方がされる場合には、具体的なサポートを希望する、または実際に経済的、物理的なサポートを得られた場合などですので、他の言葉で言い表すことはほとんどありません。

 

一方、これらの用例とは別に、社交辞令として使われる言い方もあります。このような場合には、常套句としてご支援という言葉が使われますので、形式的な表現となっており、「ご愛顧」や「ご贔屓」、「お引き立て」などの単語に言い換えることもできます。

 

この場合には相手に対して実際に何らかの働きかけを期待しているわけではなく、何かご縁があった時、あるいは相手が気が向いたときなどに手助けをしてほしいと呼び掛けているだけですので、上記の言い方よりも軽い内容になります。

 

こちらは相手が上の立場にいる顧客や親会社、取引先などでよく用いられています。また、具体的なサポートを期待する場合には、基本的に相手が目上の立場であることがほとんどですが、形式的な言い回しの場合には、立場がしたとなる下請け業や子会社などに対しても、相手との円滑な関係を継続するためにあえて自分の方がへりくだった言い方をすることがあります。

 

社交辞令として、立場が上になっている側から依頼する場合には、意味合いとしては「ご協力」いただくという気持ちで使われています。

 

社交辞令として使われる例文としては

定型文でもよく見かけるように「拝啓 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。日ごろは当社にご支援いただきまして誠にありがとうございます。(以下略)」や、結びの文として「今後とも当社および当事業に対してご理解やご支援くださいますようよろしくお願い申し上げます」といった使い方がされています。

 

このように、ご支援という言葉は漢字を見ると内容は何となく理解できますが、使う範囲が幅広いことから、上手に取り入れる必要があります。

 

たとえば、具体的な希望が相手に対してある場合に、定型文として日頃用いている例文を使用すると、相手にとっては依頼の文書なのか、単なる連絡事項なのか、挨拶文なのかが伝わりにくくなることがあります。

 

逆に、本文中にこの単語を入れることで、相手に対してサポートを依頼することになりますので、文書の書き方によっては強要しているように感じられる可能性もあります。

 

また、ご支援というのは基本的に、相手に労力や金銭的な負担などを追わせる行為ですので、失礼がないようにするだけでなく、感謝の気持ちや申し訳ないという思いが感じられるような文書にすることも大切です。

 

依頼文というのは

相手に与える印象が通常のビジネス文書よりも重要になってきますので、シンプルで意味が相手に伝わりやすく、かつ相手が気持ちよくその文書の内容を理解できるような工夫が必要になります。

 

敬語を不必要に使いすぎるのも回りくどいですし、かといって用件だけを簡潔に伝えすぎるのも考えものです。日ごろ同じような文書を送る機会が多い場合には、以前発送された文書を参考にしてみるとよいでしょう。

年賀状の正しい書き方

年賀状とは、旧年中の厚誼の感謝と新しい年に変わらぬ厚情を依願する気持ちを親しい相手へ便りで送る、日本に古くから伝わる慣習のひとつです。一説では平安時代から文書による挨拶が交...

両家連名ご祝儀袋の書き方

結婚式にはいろいろなものが必要です。お祝いの品を送ったり、ご祝儀などを贈ることになります。このご祝儀を入れる袋をご祝儀袋といいますが、ここに贈った人の名前を書くのですが、一...

退院祝いののしの書き方

友人や親戚、会社の同僚等、身近な方が入院先の病院から退院したことを知ったら、退院祝いを贈ることがあるでしょう。退院祝いは物を贈る場合もありますし現金を贈る方もいるでしょう。...

確認・念押しの言葉の例文と書き方

ビジネスの重要案件などを取引先と一緒になって進める際、仕事を進める段階で一定の区切りごとにきちんと確認を行いながら進行していかねばなりません。   取引先を訪...

突然勧誘する際の手紙の書き方

手紙をもらうと誰しもうれしいものです。手紙を書くことが好きな人も多く、親しい人に喜んでもらいたいと言う理由から絵手紙にお礼の言葉を添えて送ったり、かわいらしい便せんやはがき...

承諾・了解の言葉の例文と書き方

昨今は手紙や葉書に加え、EメールやLINE、ネット電話などプライベートでもビジネスにおいてもコミュニケーションの手段が多種多様になってきました。しかし、根っこにある大切なことはいつ...

司法修習生志望理由の書き方

  1.弁護士などの法律事務所の採用 2.一般的な履歴書のアドバイスは参考にする 3.読み手が存在する書類である 4.誤字脱字は厳禁 ...

心のこもった手紙の書き方

筆まめな人とそうでない人との違いとはなんでしょう。手紙を書くとなると急に後回しにしたくなったり、結局出さずに数か月たってしまう、という方も珍しくありません。   ...

管理規約の書き方

これまで賃貸マンションに住んでいたものの毎月の家賃を払うぐらいなら頭金を用意してローンを組んで返済したほうが長期展望に立てば割安でいい。   1...

退職届の書き方

  1.退職届と退職願 2.退職届の書き方 3.失業保険を利用する場合 4.アルバイト、パートの場合   退職届...

スポンサーリンク