「ご支援」の意味と例文と書き方

ビジネス文書や個人あてにお願いなどをするとき、使用される言葉がいくつかあります。これらは上手に使い分けをしなければなりませんし、前後の文章と脈絡がつながらないものになると、かえって相手に失礼な印象を与えてしまいかねません。

 

基本的に、この言葉は相手が自分に対して様々なサポートなどを行ってくれる場合に使う言葉ですので、感謝の気持ちを込めた文章にする必要がありますし、それでいて礼儀はわきまえておく必要があります。

 

この言葉はビジネス文書においては

実際のサポートを期待するだけでなく、普段から付き合いのある相手に対しての形式的な挨拶として使われることもありますので、どういった意図を込めて文書を作成するのかによって例文の選び方も異なってきます。これらのことを念頭において、定型文としてだけでなく、活きた使い方をするように心がけましょう。

 

「ご支援」という言葉の意味は、その言葉の通りに自分や自社に対して金銭的な援助や業務に関するサポート、取引などでの便宜をはかったり応援をするなど様々な恩恵を受けていることを指してます。

 

そのため、ビジネス文書では日常的に使われていますが、依頼状などで具体的に何らかの形のサポートを依頼する場合には、この言葉にお願いいたしますなどの言葉を付けるのが一般的です。

 

実際に何かの依頼をするときの例文としては

「さて、このたびわが社におきましては新商品の発表をすることにいたしました。つきましては、同封いたしました資料をご査収の上、発表会にぜひともご参加いただき、今後御社からも販売促進についてのご支援をいただきたくなにとぞよろしくお願い申し上げます」などといった使い方をします。

 

また、実際にサポートを得られた場合には、「先日のイベントでは、御社のご支援に対して厚く御礼を申し上げます」というように感謝の気持ちを伝えます。

 

これらの使い方がされる場合には、具体的なサポートを希望する、または実際に経済的、物理的なサポートを得られた場合などですので、他の言葉で言い表すことはほとんどありません。

 

一方、これらの用例とは別に、社交辞令として使われる言い方もあります。このような場合には、常套句としてご支援という言葉が使われますので、形式的な表現となっており、「ご愛顧」や「ご贔屓」、「お引き立て」などの単語に言い換えることもできます。

 

この場合には相手に対して実際に何らかの働きかけを期待しているわけではなく、何かご縁があった時、あるいは相手が気が向いたときなどに手助けをしてほしいと呼び掛けているだけですので、上記の言い方よりも軽い内容になります。

 

こちらは相手が上の立場にいる顧客や親会社、取引先などでよく用いられています。また、具体的なサポートを期待する場合には、基本的に相手が目上の立場であることがほとんどですが、形式的な言い回しの場合には、立場がしたとなる下請け業や子会社などに対しても、相手との円滑な関係を継続するためにあえて自分の方がへりくだった言い方をすることがあります。

 

社交辞令として、立場が上になっている側から依頼する場合には、意味合いとしては「ご協力」いただくという気持ちで使われています。

 

社交辞令として使われる例文としては

定型文でもよく見かけるように「拝啓 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。日ごろは当社にご支援いただきまして誠にありがとうございます。(以下略)」や、結びの文として「今後とも当社および当事業に対してご理解やご支援くださいますようよろしくお願い申し上げます」といった使い方がされています。

 

このように、ご支援という言葉は漢字を見ると内容は何となく理解できますが、使う範囲が幅広いことから、上手に取り入れる必要があります。

 

たとえば、具体的な希望が相手に対してある場合に、定型文として日頃用いている例文を使用すると、相手にとっては依頼の文書なのか、単なる連絡事項なのか、挨拶文なのかが伝わりにくくなることがあります。

 

逆に、本文中にこの単語を入れることで、相手に対してサポートを依頼することになりますので、文書の書き方によっては強要しているように感じられる可能性もあります。

 

また、ご支援というのは基本的に、相手に労力や金銭的な負担などを追わせる行為ですので、失礼がないようにするだけでなく、感謝の気持ちや申し訳ないという思いが感じられるような文書にすることも大切です。

 

依頼文というのは

相手に与える印象が通常のビジネス文書よりも重要になってきますので、シンプルで意味が相手に伝わりやすく、かつ相手が気持ちよくその文書の内容を理解できるような工夫が必要になります。

 

敬語を不必要に使いすぎるのも回りくどいですし、かといって用件だけを簡潔に伝えすぎるのも考えものです。日ごろ同じような文書を送る機会が多い場合には、以前発送された文書を参考にしてみるとよいでしょう。

職務経歴書の書き方についてご案内いたします。

  1.職務経歴書を主に使うのは転職者の方々です。 2.まずは手書きなのか、パソコンでの書面なのかについてです。 3.次に作成の流れについてご案内します。...

志望動機の書き方

  1.基本的な形を使って書く 2.自分のやりたいことを意識して説明すること 3.経験に基づいたエピソードを根拠にする 4.職種や業種、社...

読書感想文の書き方:中学校のコツ

中学生になると本を読む子どもと読まない子どもの差は広がってくるでしょう。しかし中学校でも小学校と同様に、夏休みになると読書感想文の宿題が出るでしょう。   ...

お礼状の書き方:会社訪問

会社訪問というのは、自分が将来働きたいと思えるような会社を探す際にも、とても重要なプロセスとなるものです。採用をされていざ働くと言う事になった時に、その会社がどのような環境...

施工体制台帳の書き方

施工体制台帳は、建設工事における施工体制がまとめられた台帳で、ある建設工事で、発注者から直接請け負った業者(元請業者)だけでなく、下請契約を行った業者(下請業者)も関与する...

論文の基本構造と書き方

論文とは、名前からもわかるように、論理的な文章という意味です。論理的な文章を書く際に、最も重要なことは、筋道をつけて書き手が伝えたいことを、いかに読み手に伝えるかということなのです...

入国カードの台湾での書き方

入国カードというのは、出入国者の審査簡便化を目的として導入されているものです。台湾へ旅行へいく場合にも必要になります。このように出入国カードが必要な国へ渡航する場合には、機...

俳句友達に祝の短冊の書き方

短冊というと七夕の日に願いごとを書いて笹の葉にかける物というイメージが強いですね。色とりどりの短冊を使ってそれぞれの願いごとを自由に書けるという楽しさがあります。 &...

退院祝いののしの書き方

友人や親戚、会社の同僚等、身近な方が入院先の病院から退院したことを知ったら、退院祝いを贈ることがあるでしょう。退院祝いは物を贈る場合もありますし現金を贈る方もいるでしょう。...

紹介状の書き方:病院

病院の紹介状は院外の先生に患者の診療情報をやり取りするときに必要な文章です。研修医が紹介状を書く場合に最も機会が多い場合は患者が退院するときとなります。退院日前日になって指...

スポンサーリンク