リスト:文章の句読点の書き方

pixta_tegami_01

句読点というのは、文章を読んでいる人が読みやすいことを目的として用いられるものですが、それは簡単なようであってなかなか難しいという側面を持っているものと言われています。

 

  1. 1.文章の句読点の打ち方
  2. 2.新学期に必要なものリスト
  3. 3.「してもらう事リスト」の書き方
  4. 4.参考文献のリストの書き方

 


文章の句読点の打ち方

pixta_tegami_02

句読点というのは、文章を読んでいる人が読みやすいことを目的として用いられるものですが、それは簡単なようであってなかなか難しいという側面を持っているものと言われています。例えば句読点を打つ場所を間違ってしまうと、全く意味が違ってきてしまうという事態に陥ってしまう事もあるのが日本語には起こりうることなのです。

 

句読点というのは、ひとつの文章の中でいくつかのかたまりを分かりやすく、見やすく示すためのものです。読点がしっかりと打たれていれば、あらかじめ読んでみて意味合いを考えるという作業を行う必要性がなくなります。つまり句読点通りに読んでいくだけで、格段に読みやすくなるものであり、

 

瞬時にその文章の意味が頭に自然に入ってくるというような形になります。その結果、誰にでも簡単に理解をすることが出来るものであり、読み違えてしまうような危険性もありません。句読点を沢山使いすぎているという文章を書く人も時にはいますが、これもまた余計に分かりづらく読みづらい文章になってしまいがちです。

 

句読点があるところで息継ぎをすると誤解している人もいるかもしれませんが、これはあくまで誤解であり、句読点は意味のまとまりごとに打っていくということが基本的な使い方となっています。たいていの文章の中には修飾語や被修飾語があるものですが、

 

上手な文章というのはその二つをあまり遠ざけることなくもってくると、その修飾関係がはっきりしてくるものです。読み手がわかりやすく、読んでいて心地よい文章を書くためには、句読点の使い方が大きなポイントとなると言っても過言ではありません。

 


新学期に必要なものリスト

pixta_tegami_03

小学校などで教師をしている方はお分かりかと思いますが、新学期などに向けて必要なものをリストアップして、生徒のおうちの方宛に連絡をしなければならないという事があるものです。学校によっても様々だとは思いますが、例えば小学校一年生であれば、お道具箱から上履き入れ、給食当番のマスクや三角巾、

 

エプロンといった日々の生活で使うものや、文房具についての詳しい説明なども必要になったりします。鉛筆は黒いものを5本と赤鉛筆を1本、消しゴムと定規もペンケースに入っているようにして下さい、というように分かりやすく書かなければなりませんし、どんな小さなものにもきちんと名前とクラス名を書くというような事も補足しておくことが大切です。

 

学年が進んでくると、三角定規やコンパスなどといった特別なものも必要になってきますし、リコーダーやハーモニカなどの楽器やお習字セット、水彩絵の具の道具やキャンバスなども一人ひとりが購入しなければならなくなるものです。そのような時に、ご家族の方たちが混乱をしないようにするためにも、とにかくクリアな文書になることを心掛けるのが大切なのです。

 

句読点などもしっかりと使い分けることにより、文章としてまとまりがあって読みやすいものになるので、勘違いなども避けることが出来るという訳です。また教師の立場としてしっかりとした文章を書けるという事を見せることで、より信頼感も持ってもらえるというメリットもあるので、一石二鳥となるでしょう。

 


「してもらう事リスト」の書き方

pixta_tegami_01

これから夏休みに向けては、少し長めの休暇をとって海外旅行に行くという人もいれば、お墓参りも兼ねてお盆休みを早めに取り始めるというような方なども出てくるものです。その際には、オフィスに残っている同僚や後輩などに、普段のルーティンワークをお願いして行かなければならない事などもありますが、

 

そのような際にはしっかりとメモなどを残してしなければならない作業についての説明をしておくことが大切です。自分が休みに入る前から、一度ではなく複数回にわたって一緒に作業の引継ぎをするというような事も必要になりますし、万が一自分が休みの間に分からない事が出てきてしまった時のために、

 

最初からやり方などを分かりやすく書いておくと言うことも大切です。また、それらをやってくれる人たちは、普段の自分の仕事もこなしておかなければならないと言うことを思ったら、自分がお願いをする仕事はリストとしてまとめて分かりやすい形にまとめておくことは当然の事でもあります。「〇曜日にしてもらう事」「3時以降に悪人をしてもらう事」というように、

 

項目ごとに分けてリストアップをしておけば、面倒を掛けるのも最低限に抑えることが出来るものであり、また間違って作業をしてしまうというようなミスも防ぐことに繋がるわけです。リストの中身も、読みやすいように箇条書きにしてみたり、また説明が面倒なものなどについては、具体的な例なども挙げながら分かりやすい形で書いてあげるという事も必要です。

 


参考文献のリストの書き方

pixta_tegami_01

大学の卒業論文や、研究論文などを書くときには、自分の考えや論拠などをもとに文章を書き進めていくということが基本になりますが、論文を書くにあたって自分が読んで参考にしたという本や、新聞、他の人が書いた論文、また海外の雑誌や参考書、インターネット上で見つけた資料などに至るまで、自分が引用をしたすべての参考文献のリストが必要になります。

 

なぜならば、これらの資料に書いてあるものをそのまま使うことは禁止されているからです。ですから、引用をしたいものがある場合には、その出典がどこなのかについて正確に書く必要が出てきます。まずは、どこからどこまでが引用をしてきたものなのかについて書きます。

 

そして、それを見つけた資料の題名、著者名、発行された年度などについてを記載することが必要なのです。そうすることにより、読んでいる人はその箇所があなたの書いたものではないという事が分かります。また記号などを上手に使い分けたりすることによって、引用部分を分かりやすくするということも出来ます。

 

参考文献について少しでもおかしなところが出てくると、著作権などの問題に関わってしまうような重大な事に巻き込まれてしまうような事も無い話ではありませんので、気を付けたいものです。特にこれからも研究者としてやっていく予定のある人などは、一度でもこのような問題にかかわってしまう事があると、将来的に研究を続けていく権利を失ってしまうような事にもなりかねないので、侮れないものなのです。

 

お中元の礼状の書き方

  1.お中元のお礼状の書き方の基本 2.お中元の時候の挨拶の例 3.感謝の気持ちを表す文章の例 4.相手の体調を気遣う言葉としめくくりの...

反省文(社会人)の例文とマナーと書き方

社会人の書く反省文は、学生が書くものとはやはり異なります。 また、業務の中で発生した不始末や失敗を記す書類には始末書もありますが、反省文は始末書とは少し異なります。 &...

眉の書き方

  1.眉毛の基本的な形の作り方 2.眉毛の黄金比 3.眉メイクの基本とメイクの方法 4.マスカラを利用して自然な色にする &n...

のし書き方

のしとは相手に対する贈り物を上から包む紙のことです。全体的には白い色がベースとなっており、中央部分に線が引かれています。線の上の部分にはお祝いごとや法事、お返し等で使われる...

手紙の書き方:例文、お悔やみ

親類や知り合いなどが亡くなってしまった時にお悔やみの手紙を書くことになりますが、このようなことが初めての方はどのようにかけばいいのかわからないという人もいるでしょう。お悔や...

ホームページのプライバシーポリシーの書き方

企業や個人を問わず、オンラインショップを運営する場合、あるいは有料、無料を問わずホームページ上でサービスを提供するにあたって、ユーザー登録を義務づける場合、プライバシーポリ...

弔電・お悔やみ電報(同僚・友人の親族)の例文と書き方

  1.弔電は、定型文化したものが 2.それではどのような弔電が良いのでしょうか。 3.言葉を選ぶ際に制約となってしまうものですが 4.忌み言葉の例と...

安全書類の書き方

工事現場や建設現場など、人災が発生しやすい環境下で自社の従業員を働かせているといった会社や事務所が、安全管理のための手段を記入し事故を防ぐ材料として役立てようと書面にしてい...

言葉を選んだ年賀状の書き方

教育の場では手紙・レポート・ハガキなど様々な文章作成が求められていて、書き方にもそれぞれに応じたマナー・書き出し方・書体などがあります。例えば、喪中ハガキなどに関しては筆ペンによる...

卒業論文の書き方について

卒業論文は、大学生や専門学生などが卒業する前に研究の成果を書いて提出する論文です。これまでの大学生活を振り返り、自分の考えや答えなどを見つめなおし、今まで生活してきた大学生活を思い...

スポンサーリンク