参加を促す文章の書き方

pixta_tegami_01

いろいろな方が「参加をしようかな」と思っていただけるように文章を書くには、まず最初に参加してもらいたいターゲット層をちゃんと把握することです。狙っているターゲット層を把握していないと興味がなくただ参加しているだけの状態になってしまします。

 

  1. 1.ターゲット層にあった内容にする
  2. 2.参加してもらう内容によって書き分ける
  3. 3.参加したくなる文章にする
  4. 4.読んでいない人に参加してもらう

 


ターゲット層にあった内容にする

pixta_tegami_02

いろいろな方が「参加をしようかな」と思っていただけるように文章を書くには、まず最初に参加してもらいたいターゲット層をちゃんと把握することです。狙っているターゲット層を把握していないと興味がなくただ参加しているだけの状態になってしまします。

 

例えば主婦層を狙っているイベントなのに「今週末〇〇でビックイベント開催!友達を誘ってくると〇〇をプレゼント」などと書いてしまいますともちろん家族連れもいらっしゃいますが学生などの狙っていない層の人を呼び寄せることになってしまします。

 

なので主婦層を狙っている場合は「今週末〇〇でちびっ子イベント開催中!ご来場していただいた家族にBOXティッシュプレゼント」などと狙っているターゲット層を意識した参加を促す文章の書き方が望ましいです。ターゲット層が主婦の方ならお子様と一緒にもしくは家族で参加できるように、そしてできれば参加するだけで日用品などがもらえるなどが良いでしょう。

 

そして学生層が狙いなら予算にもよると思いますが、少し大掛かりなイベント(例えば出店をだす等)をすることが効果的かもしれません。文章の書き方も大事ですがどのような媒体で発信するかもそれと同等に大切なことになってきます。例えばあまり電車を使われない地域で駅構内などにポスターなどを貼ってもそれほどの効果は望めないかもしれません。それならばその地元のスーパーなどの人が集まる場所に情報を発信するものを置くことが効果的になるでしょう。

 


参加してもらう内容によって書き分ける

pixta_tegami_03

次の「参加を促す文章」のポイントはどのような内容に参加したもらうかということです。仮に大型ショッピングモールのイベントに参加してもらいたいのであればそれほど考えなくもただショッピングモール内にポスターを貼れば自然と人は集まるでしょう。しかし、なかなかそんな状況ではありません。

 

なのできちんとその文章を見た人がそのイベントの内容を把握できる文章にしないといけないのです。もしも環境問題についていろいろな人にもっと知ってもらいたいという内容のイベントなのに「これからの日本を変えていくためには~」という書き出しでは正直スケールが大きすぎてその文章を読んだ人もいまいちどのような内容なのかいまいちピンときません。

 

なので「みんなが知らない環境問題これからの日本を変えて~」のように読んだ人が一目瞭然でわかる文章のほうが良いです。そしてなるべくその内容を簡潔かつ印象良く受け取ってもらえるように書きたいところです。何事にも聞こえの良い言い方と悪い言い方があります。例えば工場のラインで流れ作業をしている仕事でも求人で

 

「マシニングオペレーター(多少は機械を触る時があるので)」と書けばなんとなくかっこ良く聞こえてきたりします。このようになるべくその文章を読んだ人が好感をもてるような文章を心がけて書くようにしましょう。文章自体もダラダラと同じことを繰り返すのではなく要点を押さえて簡潔に書くことにより、さらに読んだ人が参加してもらえるようになるはずです。

 


参加したくなる文章にする

pixta_tegami_01

3つ目のポイントは「参加したくなる文書」にすることです。たとえターゲット層にあった内容にして、参加してもらう内容にしてもとても参加したくなるような文章でなければ参加人数は期待できないでしょう。例えば新築を考えている人向けに建築現場の構造見学会を開くにしても「炎天下の中、汗だく構造見学会!」などとわざわざマイナスなイメージを植え付けるような文章は入りません。

 

なのでできれば良いイメージをもっていただけるような文章で、例えば「今週土日構造見学会を開きます!駐車場完備」というように「土日ならいけるな」、「開催場所はちょっと遠いが駐車場がちゃんとあるなら大丈夫か」というように多くの良いイメージを一つの文章で読んでもらった人に植え付けるような文章にしてください。

 

なので文章を考えるときにそのイベントの状況をよく把握し、客観的に見て利点になるところをあますことなく文章に書き起こすことも大切になってきます。前章の「参加してもらう内容によって書き分ける」でも記載しましたが、物事にはいい言い方と悪い言い方があります。

 

もしマイナスなイメージが多い場合でも書きようによっては聞こえが良いフレーズに聞こえてくるかもしれません。そして読んだ人がどんな利益が得られるかということもとても大切なことになってきます。誰もが当たり前のように知っていること、体験したことがあることを改めてイベントとして開催してもそれほど魅力はありません。

 

なので参加者を募る文章にはなかなか皆がしらないこと、もしくは知っているつもりだけど深くはしらないことを記載することにより読んだ人がより興味を持ち参加していただけるようになるはずです。

 


読んでいない人に参加してもらう

pixta_tegami_01

最後のポイントが「読んでいない人に参加してもらう」ということです。これはこれまでの内容とは違い別の視点からの参加を促す文章についてになりますが、それも参加してもらう人数を増やすには大切なことになってきます。しかし特に何も記載がなければ参加しようとしている人も無理して人数を増やそうという考えにはなりません。

 

なので参加しようとしている人が更に人数を増やすことによって、目に見えて利益があれば「ちょっと友達も誘ってみようかな」とその人自体が参加人数を増やしてくれるようになってくれるでしょう。飲食店などでよくあるのが3人以上でご来店で500円offなどの謳い文句です。

 

もしもほとんどのお客さんが一組二人なのであればそこに「3人以上でのご来店で500円OFF」というキャンペーンをすれば「せっかくだからあの子も誘ってみようか」となり、顧客数アップの可能性が出てきます。このようにその文書を読んで参加してもらえそうな人の一組あたりの人数を予想して、それよりも少し多い人数で特典を記載することにより
 

その文章を読んでいない人にも参加してもらえる可能性が出てきてより参加人数が増えることになります。車のディーラーや、不動産会社でよくある「お友達を紹介していただくと、お礼にあなたとお友達に〇〇をプレゼント」などのように予算があれば参加してもらう方とその知り合いの人に、そのような目に見える特典があればよりそのイベントへの参加意欲がわくはずです。

 

内容証明の書き方

内容証明の書き方は少し難しいと感じられるかもしれないですが、いくつか例文などを参考にして書くようにすれば、しっかりとしたものができるといいます。本当なら行政書士などに書いて...

卒業式祝辞の書き方

毎年3月には全国の学校で開かれるのが卒業式ですが、どの式典にも必ず必要なのが卒業式祝辞です。   1.卒業式の祝辞とは 2.3つの挨拶とは?...

書き方はとても大事です

書き方を正しく学んで、きちんとした字を書いていますか。書き方に自信のない人もたくさんいると思います。でも、今からでも書き方を学べば大丈夫。正しい書き方を学んで、ぜひ美しい字を書いて...

「謹啓」の意味と例文と書き方

わたし達が手紙文でよく目ににする「謹啓」という言葉がありますが、これが漢語であるということはご存知でしょうか。漢語と聞けば、いかにも、とっつき難い印象があります。でも普段から日常的...

部下の推薦状の書き方

部下の仕事の頑張りを認めてやりたいと思う上司に大切なのが推薦状です。これによって部下を昇進させることもできますので能力がある人だと会社のために貢献してくれ、自分の仕事も少な...

原本証明の書き方

  1.原本証明の概要 2.原本証明の必要な場面 3.原本証明の具体的な書き方 4.原本証明のアドバイスともう一つの方法 &nb...

葉書の書き方~横書き~

葉書の書き方は意外と難しいでしょう。マナーやルールがありますので、それを心得た書き方をする必要があります。葉書を書いたので出したいと思っていても書き方がわからないので焦る人...

扶養届書の書き方

  1.扶養届書とは 2.扶養届書の書き方 3.扶養する理由の書き方 4.退職しているかの書き方 5.就職している場合の書き方や他の注...

協力依頼についての手紙の書き方

依頼の手紙や依頼状というのは、頼みごとを書いて相手に送る手紙のことをいいます。 資料の請求や、証明書発行といった身近なもののほかにも、祝辞やスピーチの依頼をする機会も多い...

理事長の辞任届の書き方

理事長とは、学校法人や様々な社会法人などのトップのことを示します。どちらかというと、学校法人の場合が多いのではないでしょうか。学校法人のトップは、激務という訳ではないでしょ...