結婚式場の請求書の書き方

pixta_tegami_01

結婚式場で式を挙げたカップルには後日請求書が送られてくるはずです。もちろん式を挙げる前の打ち合わせの段階で金額は分かっていますが、追加で発生した料金があればプラスして請求されることになるでしょう。

 

  1. 1.結婚式場の請求書に書かれている事?
  2. 2.結婚式にかかる費用の相場
  3. 3.結婚式場はどのようなスタイルを選ぶ?
  4. 4.結婚式までに行う準備とは?

 


結婚式場の請求書に書かれている事?

pixta_tegami_02

結婚式場で式を挙げたカップルには後日請求書が送られてくるはずです。もちろん式を挙げる前の打ち合わせの段階で金額は分かっていますが、追加で発生した料金があればプラスして請求されることになるでしょう。請求書の書き方はそれぞれの結婚式場によって異なります。しかし、書かれてあることや書き方は大体同じですから、これから結婚式を挙げることを検討している方は参考までに確認しておくことをおすすめします。

 

結婚式場の請求書には実際に式場を利用した日や新郎新婦の名前、会場についての詳しい情報が記載されています。招待客が何名いて何という会場を何時から何時まで使用したかが分かるようになっています。同じよう用紙か別途添付されている用紙にはより細かい内容が書かれており、何にいくらかかったかが一目で分かります。

 

例えば料理は何人にどのような食事を出したかも確認できますし、披露宴自体の会場費や結婚証明書の発行にかかった金額等がチェックできます。結婚式というと各種の花が使われていますね。大小様々な種類の花を飾ることで、美しい式を演出してくれます。花は生花が使われることが多いため、花だけでかなりの金額になる場合もあります。

 

中でもブーケにかかる金額は数万円程度となっています。招待客に渡した引き出物の金額も請求書に記載されているでしょう。招待客が多ければ多い程金額もプラスされるので、規模の大きな結婚式場を利用した場合は高額の請求になります。あらかじめ請求書の書き方を調べておくと、届いた時に確認しやすくなります。

 


結婚式にかかる費用の相場

pixta_tegami_03

結婚式はこれから家庭を築いていく二人にとって重要なイベントですね。家族や親戚、友人、会社の同僚、お世話になっている方々を招待して結婚することを報告します。近年では式を挙げないというカップルも少なくありませんが、一生に一度の大きな出来事ですから経験しないままでは勿体ないでしょう。

 

ただ結婚式を挙げるためにはかなりのお金がかかります。一日だけのイベントで数百万円という大金を使ってしまうことになるので、費用面で負担を感じる方もいますね。結婚式にかかる費用は工夫次第でいくらでも節約することができます。一番大切なことは自分たちの予算に合った結婚式を挙げることです。

 

まずは相場をチェックしてみましょう。全国的な相場を見ると、300万円から400万円という金額が多くなっています。この金額には挙式と披露宴だけが含まれているため、式が終わった後の旅行費用等は別で用意しなければなりません。また地域ごとで金額の相場も違ってきます。首都圏エリアは結婚式場の利用料が高くなりますが、伝統を重んじる地方の結婚式も盛大に行われるため費用が高くなる傾向があります。

 

このような高額の費用は、新郎と新婦の貯金を合わせても用意することは難しいでしょう。多くの方が親の援助を受けて式を挙げているというのが実情です。後は招待客からもらう祝儀を充てることでまかなっています。結婚式にかけるお金は節約することが可能です。人前式を取り入れたり比較的料金の安い会場を抑えるといった方法があります。

 


結婚式場はどのようなスタイルを選ぶ?

pixta_tegami_01

結婚することが決まったら、結婚式場の手配をしなければなりませんね。どのようなスタイルにするかによって式場選びが変わってくるので、初めに式場の種類を確認することをおすすめします。結婚式の会場として利用できるのは専門の結婚式場だけではありません。ホテルやレストラン等を利用する方が増えており、それぞれのメリットを活かしたサービスの提供が受けられます。

 

ホテルの場合は数種類の宴会場が用意されており、招待客の人数に合わせて宴会場を決めることができます。ホテルなら働いているスタッフのサービスが良いですし、料理が美味しいというメリットがあります。設備が整っているので結婚式を挙げたとしても何ら困ることはないでしょう。自宅から近い場所にあるホテルを利用してもいいですし、都心の高級ホテルでゴージャスな結婚式を挙げるのもいいでしょう。

 

ホテルの魅力は何と言っても宿泊施設が整っていることです。遠方から招待したお客様がそのまま宿泊できるので、不便さを感じさせることもありません。最近増えているのがレストランでの結婚式です。レストランは料理を提供することが本業なので、招待客に美味しい料理を出すことができます。

 

ホテルや結婚式場のように規模の大きいレストランは滅多にありませんが、貸し切りにすることでゆったりと使えるようになります。アットホームな雰囲気を演出したいカップルや費用面を節約したいカップルにはレストランウエディングがおすすめです。後から高額の請求書が届いて慌てることもないでしょう。

 


結婚式までに行う準備とは?

pixta_tegami_01

長年付き合ってきたカップルが結婚することを決意したら、具体的にいつ入籍するか結婚式をどうするかといったことを一つずつ決めていかなければなりません。新婦にとっては子供の頃からの憧れだったウエディングドレスを身にまとう機会です。その日を一番良い状態で迎えるためにも、事前の入念な準備が大切になってきます。

 

結婚式の準備を始める前に両家への挨拶が必要です。最近は結納を省略することが多いですから、両家が顔を合わせるための食事会をセッティングするといいでしょう。結婚式場を探したら具体的な日取りや式の内容を決めていきます。式場選びに迷ったら式場が開催しているウエディングフェアに参加するのも一つの方法です。

 

当日までにドレスや招待状の準備を進めていくことになります。結婚式当日を最高のコンディションで迎えるためにブライダルエステを利用する女性が増えています。ブライダルエステには複数のメニューが揃っており、美肌だけでなくダイエットや脱毛といった施術をセットで受けることも可能です。

 

ウエディングドレスを着ると普段は見えない二の腕やデコルテのラインが出てしまうので、自信がない方はエステに通って磨いておくと安心です。ブライダルエステの場合は自分の希望に合わせてメニューが選べることが多いので、挙式までの日数から可能なメニューを選択するといいですね。新婦さん以外に新婦さんのお母さんが一緒に受ける施術を用意しているエステサロンもあります。結婚指輪や引き出物選び等、式までに済ませることは沢山あるのでスケジュールを組んで進めていきましょう。

 

健康保険扶養者(異動)届の書き方

健康保険扶養者(異動)届というのをご存知でしょうか。これはその名の通り、結婚や子供が生まれた時など健康保険の扶養者が変わる時に届出しなければいけないものです。 &nb...

草書の書き方:藤

草書体とは漢字の書体の1つになります。特徴として字画の省略が大きく行われるものです。文字ごとに決まった独特の省略をするので文字ごとに形を覚えなくてはなりません。そうしなけれ...

簡単な文章の書き方について

これから、簡単な文章の書き方について説明しようと思います。すごく短かったり長かったりする文章では当てはまらないこともありますが、大体これを守れば読んでもらえる文章が書けます。 ...

修理依頼書の書き方

電化製品などを購入すると電化製品ゆえに壊れてしまうことがあります。そんなときには修理依頼書を書くことになります。意外にも書く機会のある修理依頼書の書き方を今回ご紹介します。...

ご祝儀袋の3万円の書き方

結婚祝いや出産祝い、入学祝など、おめでたいことへのお祝いをするときに、お祝いとして現金を渡す場合はご祝儀袋に入れてから渡します。結婚祝いなら新生活で役に立つようなものや、結...

筆を使った文字の書き方と書道の楽しみ方

日常生活において、文字などを書く場は徐々に減ってきていると言われています。その理由としては、パソコンやスマートフォンの普及が挙げられます。現在、1人に1台以上パソコンやスマートフォ...

食事会 ご夫婦への招待状の書き方

ある程度の年齢になってくると人間関係にも広がりが出てきて、友人だけではなく、世話になっている人というのも多くなってくるものです。特に社会人になる、立場が上になっていく、さら...

防火管理者届の横浜市の書き方例

消防法の第8条では、病院や学校、工場、大規模小売店舗など、複数の目的で使用されたり、多数の人が日常的に居住・勤務・出入りする防火対象物については防火管理者を選任し、これを所...

宅配便の伝票の書き方:ビジネス

事務員や会社員の評価表を適切に記入することによって自分の仕事に対する考え方や取り組みを会社に伝えることができます。そのため、書き方を抑えておく必要があります。あまりに自己評...

準確定納付書の書き方

準確定納付書の書き方についてですが、これは意外と知らない人が多いのが特徴です。確定申告をすべき人が死亡していたりすると代理人や相続人がする事になります。少し面倒ではあります...

スポンサーリンク