手紙の書き方:3月コンサート招待

pixta_tegami_01

コンサートをすることになって、招待したい人へ手紙を書くときに、どのように書いていいのかがわからない場合は、書き方の例文を参考にどのように書けばいいのかを考えてみるといいです。

 

  1. 1.招待状の書き方は例文を参考にする
  2. 2.招待状は早めに出すようにする
  3. 3.手紙では季語を利用する
  4. 4.頭語と結語を使い分ける

 


招待状の書き方は例文を参考にする

pixta_tegami_02

コンサートをすることになって、招待したい人へ手紙を書くときに、どのように書いていいのかがわからない場合は、書き方の例文を参考にどのように書けばいいのかを考えてみるといいです。その月にあった文章を考える必要があります。たとえば、3月なら3月にあった季語や挨拶文などを考える必要があるのです。

 

まずは、いつ、どこで、誰と、もしくは自分がどのようにコンサートを行うのか、ということをしっかりと書くようにしておきます。また、手紙を出すときには必ず必要なマナーなどを、例文などを参考に考えて書くようにしておくといいです。たとえば、その招待するとき手紙には、早春の候、寒さもやっと少しはゆるんできたようですが、いかがお過ごしでしょうか、という書き始めにしてもいいということです。

 

3月の季語を挨拶文には取り入れて、相手に気遣う文章も考えるようにしておきます。コンサートに招待したい人に合わせて文章を考えるようにしておくことが大切です。言葉遣いもしっかりとしたものになるように気をつけることです。頭語や結語はもちろん、言葉も敬語などを使うように気をつけて、

 

例文は参考にするだけでそのまま使うようなことがないようにします。自分である程度考えて文章を書くようにしておきます。そうすることで、味気ない文章になることを避けることができます。相手にぜひ来てほしいという気持ちをきちんと伝えるような文章を考えるようにしておきます。いつ、どこで、どんな風に行うのかをしっかりと伝えます。

 


招待状は早めに出すようにする

pixta_tegami_03

3月にコンサートを行うときには、少なくとも、1ヵ月前には手紙を出しておく必要があります。例文を書いてあるところを参考に、自分でアレンジして文章を考えてみるようにします。たとえば、拝啓、と頭語を書いて、浅春の候、お元気でお過ごしのことと存じます、という風に季節の挨拶を書きます。それから、手紙を書いた理由などを書いていきます。

 

例文として、さて、以前から計画しておりましたピアノコンサートを別紙の日程にて開催する運びとなりました、という風に書きます。そして、つきましては、同コンサートの御案内をさせて戴きます。御多用中のところとは存じますが、お越し賜れば幸いに存じます。心よりお待ち申し上げます、という風に招待したい旨を書くようにするといいです。

 

それから、貴下の御安泰を祈念致しまして御案内の辞とさせて戴きます、と結びの文章を書いて、最後に結語で敬具、と書いておきます。その後、会場や日時などを書いて、最後に名前を書きます。色々な書き方の例文をいくつか読んでおくといいです。ほかには、親が招待状を出すときの例文として、

 

前略 近頃はますます春めいてまいりましたが、皆様にはお元気とのこと何よりです。お陰様で私どもも皆元気にしております、という風に挨拶文を書きます。そして、さて、このたび長女が出演する高校定期演奏会が文化会館大ホールで4月6日に開催されます。今年は念願だったソロパートを任されているようで、娘も大変張り切っていますので、是非とも足をお運びください、という書き方もできます。

 


手紙では季語を利用する

pixta_tegami_01

招待状の手紙では、時候の挨拶や季節の挨拶文をしっかりと書くようにしておきます。
たとえ親しい人へ出すものであっても、招待したい、という立場からお願いすることになるので丁寧にきちんと書くようにしておきます。まずは、3月にコンサートの招待状を書くので、季語は3月のものを使います。

 

たとえば、早春、春分、春風、春色、春陽、春晴、春寒、春暖、春雨、浅春、孟春、仲春、初春、麗日、軽暖、解氷、雪解、弥生、若草、春暖快適などがあります。これらを利用して、季節の挨拶を書くときには、春寒料峭のみぎり、というものや、早春の息吹身に染む今日此頃、という書き方が出来ます。

 

親しい人へのものなら、日増しに暖かくなり、というものや、桜のつぼみも膨らみはじめ、という風に書くことができます。ほかにも、春霞のただよう季節となりました、という風に書くことができます。例文をいくつかメモして、自分なりに工夫をしてみるのもいいです。

 

桜前線の待ち遠しい今日この頃、お元気でお過ごしですか、という書き方は、時候の挨拶の後に安否の挨拶を書いた文章です。このように、挨拶と相手への気遣いを同時に書くこともできます。

 

季語は送る相手と自分にしかわからない、その時期のイベントなどを季語として挨拶文に書いてもいいということです。季節をイメージすることができる言葉なら、どんなものでも季語として利用することができるといいます。その季節にしかないものや景色などを使うようにしておきます。

 


頭語と結語を使い分ける

pixta_tegami_01

手紙で招待状を書くときには頭語と結語も使います。頭語と結語はセットで使うのが当たり前なので、必ずそのセットの言葉を覚えておくようにします。たとえば、拝啓には敬具、拝呈には拝具、啓上には敬白という風に覚えておきます。また、丁寧な手紙の場合には、謹啓には敬白、謹呈には謹言、という風に使います。

 

コンサートを開くときの招待状を書くときには、親しい人へのものか、それとも少し丁寧な招待状を書かなければいけないのか、ということを考えて頭語と結語を変えます。また、急用として書くときには、急啓には草々、急呈には早々、取り急ぎ申し上げます、という頭語には、かしこ、という結語を使うことができます。

 

ですが、かしこ、という言葉は女性のみ使うことができる言葉なので、男性が手紙を書くときには使わないようにしておくことが大事です。頭語と結語はほかにも色々なものがあります。そのときの状況、どんな内容の手紙なのか、ということで使うものが変わることがあるということです。丁寧に、招待したい、という気持ちを込めて書くようにしなければいけないです。

 

3月に招待状を出して、4月にコンサートがあるようなら、早めに出して返事を教えてもらうようにしておくことが大切です。きちんと丁寧に文章を考えて、相手にしっかりと読んでもらえるようにしておきます。難しい言葉を考える必要はないので、日付、どこで行うのか、ということや、時間、どんなコンサートなのか、ということも伝えておきます。

 

領収証の内訳の書き方

物を購入した場合や、何らかのサービスの提供を受けた場合、必ずレシートを貰います。このレシートは領収証としても活用できる優れものと言えるでしょう。この証明書類は、事業所によっ...

退職届や辞表の書き方

本人の希望で会社を退職する際に、いくつかのプロセスを経ますが、できるだけ円満に行なうべきです。基本的には、退職の意志を表す退職届や辞表を提出し、受理されると晴れて退職手続きが開始さ...

結婚式電報(同僚・友人)の例文と書き方

  1.電報のメッセージは 2.電報の文例としては 3.出席できなかった理由については 4.シンプルな文章を選んだときは 5.文章を一から考えるの...

講演会の気づきのレポートの書き方

「気づき」とは、端的に言ってしまえば「その対象に接したことで自分なりに得たもの」のことです。   1.気づきとはどういうものなのか 2.講演...

お歳暮のお礼状の書き方

  お歳暮をいただいたらお礼の気持ちをお伝えすることが大切です。その際、親しい間柄では、電話やメールなどでのお礼でも大丈夫ですが、お礼状を書くとより丁寧な印...

一言日記の書き方

日記を書きたいと思ったことがある方は多いことでしょう。そして同時に三日坊主で終わってしまった方も多数いるはずです。そこで、日記の中でも非常に敷居が低い一言日記の書き方を紹介...

注文請書の書き方

注文書と注文請書も仕事をする上での簡易的な契約書のことをいい、注文請書というのは受注者から顧客つまり発注者に対して受注したことを証明する文書のことです。注文書と注文請書は一...

手紙の書き方をマスターすると感動する文章が書けるようになる

私たちは、よく人へ手紙を書きます。その内容もさまざまなのですが、書き方に気を付ける必要があります。手紙をもらった側がどういった内容のことを、伝えているのかというのがわかるような文面...

香典袋:夫婦連盟中袋の書き方

夫婦で葬儀に参列する場合、香典袋に書く名前は、世帯主名の場合も連名の場合もありますが、どちらがよいかは、それぞれのお付き合いの深さによって違います。   ...

INVOICEの書き方

INVOICEとは貿易業務に必要不可欠な書類の一つです、取引の形態によっては有価証券の一部にもなり得る書類と考えても良いでしょう、これは輸出の際には物を送る送り主が作成しま...

スポンサーリンク