地形の断面図の書き方

pixta_tegami_01

断面図とは横から見た図のうち、その内部構造が分かるようになったものです。横から見た図は外観だけしか分からず内部構造がどのようになっているかは判別できませんが、断面図にすることで内部構造を知ることができます。

 

  1. 1.地形の断面図を書くためのツール
  2. 2.断面図を書くのに必要なものとは
  3. 3.書き方のコツについて
  4. 4.地形の断面図の応用法

 


地形の断面図を書くためのツール

pixta_tegami_02

断面図とは横から見た図のうち、その内部構造が分かるようになったものです。横から見た図は外観だけしか分からず内部構造がどのようになっているかは判別できませんが、断面図にすることで内部構造を知ることができます。断面図が使われる用途としては設計図や解剖図などに多く使われています。

 

またその地形もその高低差を分かりやすく知るために作られるケースがあります。特に地形の断面図が使われるのは山を登るさいで、登山コースの高低差を現すものとして広く使われています。断面図を書く方法としては、紙に書くのがもっと簡単で誰でも行うことができます。

 

この場合には用紙と鉛筆があれば作成可能ですが、緻密に作る場合には定規などの道具が必要になります。また道具をなしに作る場合には方眼紙が有用で、道具を使わずに一定の精度を持ったものを書くことが出来ます。一方で、近年の主流となっているのはコンピューター上で書くことです。

 

平面的に書くことはもちろん三次元グラフィックソフトで書かれたものであれば、容易に三面図はもちろん断面図を作ることができます。特に三次元グラフィックの場合には、紙や平面的にコンピューターで書くと、

 

その場所によって新しく断面図を書く必要がありますが、三次元グラフィックで作成されたものであれば、その手間がなくあらゆる角度からの断面図を書き出すことができます。なお、紙にしてもコンピューター上でも断面図を書くためにはその元となる情報を用意する必要があります。

 


断面図を書くのに必要なものとは

pixta_tegami_03

断面図を書くために必要なものとしては、その元となる情報が重要になります。地形であれば等高線が書かれた地図が重要な情報源になります。等高線とは、上面から見たさいに、その場所が標高何メートルにあるかを示すものです。標高の単位は地図の縮尺によって異なり、

 

縮尺が大きければ大きいほど等高線の間隔が広くなります。精密に断面を書くのであれば等高線の間隔が短いものが必要になります。等高線が書かれた地図は、国土地図などのほか山岳マップなどに使われており、慣れた人であれば、それを見るだけである程度の地形を想像することができます。

 

紙でこれらを書く場合には、ペンや鉛筆のほか正確に高低差を現すために定規が必要です。コンピューターで図を書く場合にはソフトウェアが必要になります。通常のペイントソフトでは平面的な図しか書けませんが、三次元グラフィックソフトやCADなどを使えば三次元情報を付与したものを作ることができます。

 

これらのソフトウェアはフリーウェアとして利用できるものもありますが、有料にしても無料にしても操作を覚える必要があり、簡単に図を書けるわけではないので注意が必要です。また三次元グラフィックスソフトでは、断面図を作ることを想定していないこともあり、

 

図を作成するのにはやや不向きです。一方でCADは設計図を作るために開発された種類のソフトウェアであり、現在もその用途として広く使われており、そのため断面図も比較的、簡単に出力することができます。

 


書き方のコツについて

pixta_tegami_01

断面図の書き方を行うさいに理解しておくことは、立体的な空間を平面的に書くということです。このため精密なものを書く場合には立体的な状態を理解する必要があります。また地形の断面図の場合には、そのルートの起伏を知るために使われますが、書き方によっては相手に対して正確な情報を与えられない可能性があり、

 

作成するさいには注意が必要です。特に高低差が有ればあるほど平面的な距離よりも長く歩くことになりますし、登りであればそれだけ時間が掛かりますし、急な高低差があるほど、それだけ移動の負担が大きくなります。地形の場合には、そのルートが、その道中にどれだけの高低差があるのかを知ることに主に使われます。

 

このさいに表現のもととなるのが横線と垂線の関係です。横線はその断面としたい距離を指し、垂線は高さを示しています。簡単に地形の断面図を作る場合には、等高線のある図をもとに、断面を知りたい場所に線を書き、その線と等高線までの距離を出し、そこから距離と高さの数値を割り出すことで、断面を表現することができます。

 

ただし、このさいに問題となるのが縮尺です。距離が長くなればなるほどそれだけ大きな書くためのスペースが必要になります。そのため、ある程度の縮尺で書くことになります。一方で高低差も距離と合わせて同じ縮尺で書いた場合には、高低差が少ない場合にはその起伏が表しにくいケースがあります。このため、必要に応じて距離と高低差の縮尺を変えることで分かりやすく伝えることができます。

 


地形の断面図の応用法

pixta_tegami_01

地形の断面図は主に登山やハイキングといったものの案内地図や現地での案内板などに使われており、出かけるよく見かけることができるものですが、それ以外の用途ではそれほど目にするものではありません。案内図以外としては、住宅を建てるさいにその立地を示すものとして使われるケースがあります。

 

しかし、どちらにしても実際に普段の生活で普通の人がこの図を書くことはほぼありません。一方で断面を書くといったものは想像力を高めるため教育の場でも使われており、断面図を書くといったテストも行われています。この図を書くメリットとしては、平面的な図から立体的な図を書くというものであり、空間についての認識を高めることができるという点です。

 

一般的に教育で使われているものは実際の等高線のある地図ではなくテスト用に分かりやすく書かれた等高線を利用して断面を描くというものです。テストで使われる図としては、等高線の書かれた図と、断面を必要とする線、高低差の書かれた縦軸と距離を示す横軸を示す線があり、ここから断面を書いていくというものです。

 

解き方も容易で、高低差に合わせて横線を書き、それに対して等高線と断面を必要とする線が交わる場所から垂線を使って、高低差の線にまで下ろし、点を書き込み、その点を結ぶことで断面の線を表現するというものです。この場合には等高線をもとにして作成していますが、仕組みとしてはグラフの書き方と同じであり、グラフを書くための応用としても使えます。

 

三回忌の香典袋の書き方

香典袋を出すときは、お通夜、葬式の時にまず出します。その後初七日、四十九回忌、初盆、一周期、三回忌、七回忌となります。香典袋は、このすべての行事で出すのが故人へのそして遺族...

手紙の書き方とは

手紙を書く場面は少なくなってきていますが、かしこまったビジネスの場面や冠婚葬祭などで使うことがあるのは確かです。そんな時に困らないように書き方を見て行きましょう。 &...

会社訪問のお礼状の例文とマナーと書き方

大学生も後半になってくると、そろそろ将来の進路について考え始める時期ではないでしょうか。どのような企業でこれから社会人生活を始めるのかということについて自分なりによく考え、そしてそ...

安全書類の書き方

工事現場や建設現場など、人災が発生しやすい環境下で自社の従業員を働かせているといった会社や事務所が、安全管理のための手段を記入し事故を防ぐ材料として役立てようと書面にしてい...

正5角形の書き方

みなさんは正五角形の書き方をご存じでしょうか?正確に記憶している方は少ないかと思いますので、ここで取り上げてみようかと思います。   1.定規と...

退職届の受理の書き方

現在勤めている会社から退職したい時は退職届を提出しなければなりません。しかし、退職届を出したからと言って必ずしも受理されるとは言えないでしょう。   ...

書き方というものを再考する

今の時代は、文字を書くという事が、だいぶされなくなってきています。と言いますのも、今はパソコンをはじめとしたキーボードで文字入力をする事が、主流になってきているからです。 &...

入学式案内状の書き方

  1.案内状の役割 2.入学式案内状の書き方 3.親族に宛てた手紙の書き方   案内状の役割 電話やメー...

看護師の転職:職務経歴書の書き方

  1.職務経歴書とは 2.作成する前に準備したいこと 3.看護師の転職に必要な職務経歴書の書き方 4.看護師の転職の職務経歴書の書式 ...

婚姻届の書き方

婚姻届の書き方として挙げられることとしては、夫と妻になるそれぞれの氏名を、記入の段階ではまだ旧姓にしておくことが大切だと言えます。早くパートナーと同じ苗字になりたいという意...

スポンサーリンク