地形の断面図の書き方

pixta_tegami_01

断面図とは横から見た図のうち、その内部構造が分かるようになったものです。横から見た図は外観だけしか分からず内部構造がどのようになっているかは判別できませんが、断面図にすることで内部構造を知ることができます。

 

  1. 1.地形の断面図を書くためのツール
  2. 2.断面図を書くのに必要なものとは
  3. 3.書き方のコツについて
  4. 4.地形の断面図の応用法

 


地形の断面図を書くためのツール

pixta_tegami_02

断面図とは横から見た図のうち、その内部構造が分かるようになったものです。横から見た図は外観だけしか分からず内部構造がどのようになっているかは判別できませんが、断面図にすることで内部構造を知ることができます。断面図が使われる用途としては設計図や解剖図などに多く使われています。

 

またその地形もその高低差を分かりやすく知るために作られるケースがあります。特に地形の断面図が使われるのは山を登るさいで、登山コースの高低差を現すものとして広く使われています。断面図を書く方法としては、紙に書くのがもっと簡単で誰でも行うことができます。

 

この場合には用紙と鉛筆があれば作成可能ですが、緻密に作る場合には定規などの道具が必要になります。また道具をなしに作る場合には方眼紙が有用で、道具を使わずに一定の精度を持ったものを書くことが出来ます。一方で、近年の主流となっているのはコンピューター上で書くことです。

 

平面的に書くことはもちろん三次元グラフィックソフトで書かれたものであれば、容易に三面図はもちろん断面図を作ることができます。特に三次元グラフィックの場合には、紙や平面的にコンピューターで書くと、

 

その場所によって新しく断面図を書く必要がありますが、三次元グラフィックで作成されたものであれば、その手間がなくあらゆる角度からの断面図を書き出すことができます。なお、紙にしてもコンピューター上でも断面図を書くためにはその元となる情報を用意する必要があります。

 


断面図を書くのに必要なものとは

pixta_tegami_03

断面図を書くために必要なものとしては、その元となる情報が重要になります。地形であれば等高線が書かれた地図が重要な情報源になります。等高線とは、上面から見たさいに、その場所が標高何メートルにあるかを示すものです。標高の単位は地図の縮尺によって異なり、

 

縮尺が大きければ大きいほど等高線の間隔が広くなります。精密に断面を書くのであれば等高線の間隔が短いものが必要になります。等高線が書かれた地図は、国土地図などのほか山岳マップなどに使われており、慣れた人であれば、それを見るだけである程度の地形を想像することができます。

 

紙でこれらを書く場合には、ペンや鉛筆のほか正確に高低差を現すために定規が必要です。コンピューターで図を書く場合にはソフトウェアが必要になります。通常のペイントソフトでは平面的な図しか書けませんが、三次元グラフィックソフトやCADなどを使えば三次元情報を付与したものを作ることができます。

 

これらのソフトウェアはフリーウェアとして利用できるものもありますが、有料にしても無料にしても操作を覚える必要があり、簡単に図を書けるわけではないので注意が必要です。また三次元グラフィックスソフトでは、断面図を作ることを想定していないこともあり、

 

図を作成するのにはやや不向きです。一方でCADは設計図を作るために開発された種類のソフトウェアであり、現在もその用途として広く使われており、そのため断面図も比較的、簡単に出力することができます。

 


書き方のコツについて

pixta_tegami_01

断面図の書き方を行うさいに理解しておくことは、立体的な空間を平面的に書くということです。このため精密なものを書く場合には立体的な状態を理解する必要があります。また地形の断面図の場合には、そのルートの起伏を知るために使われますが、書き方によっては相手に対して正確な情報を与えられない可能性があり、

 

作成するさいには注意が必要です。特に高低差が有ればあるほど平面的な距離よりも長く歩くことになりますし、登りであればそれだけ時間が掛かりますし、急な高低差があるほど、それだけ移動の負担が大きくなります。地形の場合には、そのルートが、その道中にどれだけの高低差があるのかを知ることに主に使われます。

 

このさいに表現のもととなるのが横線と垂線の関係です。横線はその断面としたい距離を指し、垂線は高さを示しています。簡単に地形の断面図を作る場合には、等高線のある図をもとに、断面を知りたい場所に線を書き、その線と等高線までの距離を出し、そこから距離と高さの数値を割り出すことで、断面を表現することができます。

 

ただし、このさいに問題となるのが縮尺です。距離が長くなればなるほどそれだけ大きな書くためのスペースが必要になります。そのため、ある程度の縮尺で書くことになります。一方で高低差も距離と合わせて同じ縮尺で書いた場合には、高低差が少ない場合にはその起伏が表しにくいケースがあります。このため、必要に応じて距離と高低差の縮尺を変えることで分かりやすく伝えることができます。

 


地形の断面図の応用法

pixta_tegami_01

地形の断面図は主に登山やハイキングといったものの案内地図や現地での案内板などに使われており、出かけるよく見かけることができるものですが、それ以外の用途ではそれほど目にするものではありません。案内図以外としては、住宅を建てるさいにその立地を示すものとして使われるケースがあります。

 

しかし、どちらにしても実際に普段の生活で普通の人がこの図を書くことはほぼありません。一方で断面を書くといったものは想像力を高めるため教育の場でも使われており、断面図を書くといったテストも行われています。この図を書くメリットとしては、平面的な図から立体的な図を書くというものであり、空間についての認識を高めることができるという点です。

 

一般的に教育で使われているものは実際の等高線のある地図ではなくテスト用に分かりやすく書かれた等高線を利用して断面を描くというものです。テストで使われる図としては、等高線の書かれた図と、断面を必要とする線、高低差の書かれた縦軸と距離を示す横軸を示す線があり、ここから断面を書いていくというものです。

 

解き方も容易で、高低差に合わせて横線を書き、それに対して等高線と断面を必要とする線が交わる場所から垂線を使って、高低差の線にまで下ろし、点を書き込み、その点を結ぶことで断面の線を表現するというものです。この場合には等高線をもとにして作成していますが、仕組みとしてはグラフの書き方と同じであり、グラフを書くための応用としても使えます。

 

上司に対する反省文の書き方・例文

会社員として仕事上でミスを犯したり、その他の様々なことで反省文を書かなければいけないことがあります。反省文を書くことになったけど書き方が分からないという人のために書き方につ...

司法修習生志望理由の書き方

  1.弁護士などの法律事務所の採用 2.一般的な履歴書のアドバイスは参考にする 3.読み手が存在する書類である 4.誤字脱字は厳禁 ...

メッセージカードの書き方:英語編

  1.メッセージカードの書き方 2.季節のイベントのときに送るカード 3.結婚式などの記念のカード 4.お祝いやおめでとうのメッセージ ...

人物の書き方

人を特定するものには何があるでしょうか。たとえば外見と内面、性格や思想、生い立ちなどを挙げられればかなり人物を特定できるでしょう。もっと細分化すれば外見は身長、性別、髪、眼...

資金計画書の書き方

それがどのような種類のものであれ、事業というものを行おうとする場合には、必ず資金というものが必要になります。   1.事業を行うには資金が必要 ...

花嫁の手紙(母親へ)の例文と書き方

結婚式などで花嫁の手紙を聞くことがあります。ご両親への感謝の気持ちと思い出、これから先、結婚してからの抱負などで締めくくられていることが多いですが、その家族ごとにいろいろな思い出が...

ラボノートの書き方

ラボノートとは、その日行った実験の様子や結果など、実験者が実際にどういった実験を行ったかを示すための物的証拠になるものです。   1.ラボノート...

推薦依頼書の書き方

推薦依頼書の書き方ですが、誰かに推薦をしてもらいたいけれどそれをお願いする際に書くのが推薦依頼書です。推薦してもらうように誰かに依頼するという機会はなかなかありませんから、...

給与支払報告書における摘要欄の書き方

給与支払報告書の項目 給与支払報告書は、所定用紙に「給与支払報告書(個人明細書)」と書かれているとおり、会社や事業主が給与を支払った相手、ひとりひとりに対する源泉徴収額(所得税)...

書き方は参考にできる手段がたくさんあります。

ひらがなやカタカナの書き方、漢字の書き順は、書道を学ぶと正しい書き方も学ぶことができます。書道は現在、学校の授業でも小学校から行われています。しかし学校では、文字を書くことだけなの...

スポンサーリンク