3月の挨拶(結び・文末)の例文と結びの挨拶と書き方

3月の挨拶で具体的に結びをどんな風にしめくくるか、文末の書き方を例文を紹介して行きます。手紙やメールですので実際に顔を見て話す時と違い文字だけで相手への気配りをしなければなりませんので、出来る限り丁寧な印象になるように、細やかな心遣いを覚えておくと良いでしょう。

 

まず、3月の挨拶で、親しい間柄の場合を紹介します。

「何かと多忙な折、体調管理には十分にお気をつけください。」と書くことで、年度末で何かと忙しい相手に対しての気遣いを表現出来ます。また、「風がまだ冷たく感じる季節ですので、健康には十分注意してください。」とすれば、春をようやく迎えつつあり温度差もあるので体調には注意をして下さいという気持ちを示すことが出来ます。

 

「桃の節句も過ぎてすっかり春めいてきましたが、健康には十分注意してください。」も同様に春めいては来たものの、油断をせずに体調管理をして下さいという気持ちをあらわせます。

 

「桜の便りが待ち遠しいこの頃ですので、どうぞ皆様お元気で。」といえば、家族の皆さんへの心遣いも同時に伝えられるようになります。それから新社会人や新入学など新しい生活を迎える方には、「新生活が、実り多きものになりますよう願っています。」と期待感を込めて書くことも可能です。

 

「天候の変わりやすい春の季節です。風邪など引かれませんように。」とすれば春の天気変化が体調を壊しやすいので注意をして下さいと伝えられます。春に会う計画を立てている場合には、「 暖かくなりましたら、是非またお会いしましょうね。」という結びで締めくくれば楽しい気持ちで待っていますという気持ちが伝えられます。

 

「ひと雨毎に寒さが緩んでまいりました。お体を大切に、ますますのご活躍を期待しています。」と書くことでこれからの活躍を祈っているという気持ちを表現できるようになります。

 

そして、「新しい赴任地で存分に活躍してください。」というのは転勤などで引越しの予定がある方や転勤を済ませた方に期待を込めて書きましょう。栄転をした方には、「栄転おめでとう。今後の更なる活躍を期待していますね。」とお祝いの言葉と期待感を込めて文末を締めくくると良いでしょう。

 

次に、3月の挨拶で、改まった場合場合を紹介します。

時候が年度末でもあり寒さが緩んで暖かさを感じ始める頃ですので、文末にその内容を折り込むようにするとより季節感があり、相手方への配慮、体調への気遣いをあらわせます。

 

「早春の息吹を感じる昨今ですが、どうぞお健やかにお過ごしください。」や「春暖快適の候、皆様のますますのご健勝を心よりお祈り申し上げます。」というような改まった言い方が適しています。

 

また、「浅春の折、何卒ご自愛下さいませ。」と春まだ浅い時期であり体調を壊しやすいので注意をして下さいという気持ちを込められます。そして、転勤などで引っ越される方には「新天地での更なるご活躍を、心よりお祈り申し上げます。」と結びに入れると期待感が込められている印象になるでしょう。

 

「天候不順の時節柄、ご自愛専一にてお過ごしください。」と書くことで、春の天気は三寒四温であり不安定なので身体に注意をして下さいと言う気持ちを示せます。

 

それからビジネスで良く使われるのが年度末ですので3月の挨拶では「新年度を迎えましても、変わらぬお付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。」とすればこれまでのお付き合いを継続させて頂けるようにという願いが伝わります。

 

そして、旅行の計画のある方には

「春暖の折柄、楽しい旅行になりますようお祈りいたします。」と相手の楽しみを祈っているという気持ちを伝えられるので真心をあらわせるようになります。

 

さらに「若草の季節を迎えております。更なるご発展を心よりお祈り申し上げます。」とすれば、春の若草が旺盛なように、相手に対しても更なる発展を祈っているという気持ちを込めた上で、結びの言葉で締めくくれます。

 

このように3月の挨拶は

年度末から新年度を迎えるまえの時期ですので、環境も変わる方もいれば、春になり計画を立てている方も多いので、それぞれに応じた言葉を盛り込んで伝えるとより素敵な結びになります。

 

さらに、春は天候不順だったり陽気の変化が大きかったり何かと忙しい時期であり体調を壊しやすい恐れもあるので、それに対する思いやりの気持ちを折り込むことが大事です。

 

顔の見えない相手へ手紙やメールを出すのですから、こうした体調への配慮の言葉を用いることがいかに大切なことか分かります。例文を参考にしてより相手の状況を気配りしながら、3月の挨拶の結びを整えて手紙を完成させてみましょう。

 

対面をしなくても手紙やメールにしかない良さがあるものですので、それを活かせるように3月の挨拶の文末までしっかりと心を込めて書くように心がけるようにしましょう。そうすることで、素敵な思いやり溢れる手紙やメールをやり取りできるようになります。

協力依頼についての手紙の書き方

依頼の手紙や依頼状というのは、頼みごとを書いて相手に送る手紙のことをいいます。 資料の請求や、証明書発行といった身近なもののほかにも、祝辞やスピーチの依頼をする機会も多い...

パスポート住所欄の書き方

パスポートの一番最後のページには「所持人記入欄(INFORMATION ON BEARER)」という欄があります。これは旅券所持人の氏名や現住所等を任意で記入する欄で、万が...

月額証明育休の書き方

月額証明というのは、職業安定所に育児休業給付金や介護休業給付金の支給申請をするためのもので、これを基準に一定の金額が育児休暇や介護休暇中に支給されますので、需給のためには必...

「恐縮です」の意味と例文と書き方

恐縮、という言葉を使うこともありますが、この言葉の意味は、文字に書いたときのとおり、恐れから身がすくむような状態のことを意味しています。恐縮です、という言葉と同じような意味を持った...

保管場所(車庫)証明の申請・届出手続きの方法県(愛知県)

  1.車庫証明の申請・届出手続きの方法 2.各書類の記入についての説明   車庫証明の申請・届出手続きの方法 ...

文字、文章の書き方を指導する

日本の学校で文字を教える時、あ行のあの字から入ります。50音の一番初めの音であるので、当たり前の教え方だと誰もが思っています。しかし、西洋の書き方の授業は一寸違うようです。 ...

大学志望理由書の書き方

志望理由書とは、自分の熱意を伝えるための書面です。他の書類と比べて、自分の考えていることを自由に書くということが求められるので、志願者によっては「何を書いたら良いか分からな...

機械図面の書き方

  1.機械図面を書く前に 2.機械図面の枠の選び方や書き方 3.図面の投影法について   機械図面を書く前に ...

病院見学のお礼状の書き方

  1.お礼は文章でも書く 2.適したレターセット 3.封筒の宛先 4.本文の書き方   お礼は文章でも書く ...

書道草書の書き方

書というものは、実用性だけでなくそこに美しさを見出す芸術性を兼ね備えているものです。日本においては、古く中国から伝わった漢字から始まり、奈良時代頃には写経が盛んに行われてい...

スポンサーリンク