履歴書資格の書き方

pixta_tegami_01

 

  1. 1.免許、資格欄の書き方の基本
  2. 2.記入欄に書いても困らないものについて
  3. 3.特殊な資格や免許などを書く場合
  4. 4.取得予定の資格について

 


免許、資格欄の書き方の基本

pixta_tegami_02

履歴書を書く前に、まずは資格や免許の取得年月を整理しておき、しっかりまとめておきましょう。取得したものについては、基本的に持っているものを全て書いてもいいのですが、履歴書とは仕事に応募するための書類ですから、できるだけ応募する仕事に関連性のないものを書くのは避けた方が無難です。

 

仕事によっては、質を重要視するところもあります。そういうところでは、英検4級や簿記3級など、比較的容易に取得可能なものは書かない方がいい場合もあります。資格と免許というのは、数よりも質が重要視され、業種にマッチしたものが重宝されます。しかし、逆にたくさんの資格を持っていることで好奇心が旺盛であることをアピールすることができ、いい印象を持たれる可能性もあります。

 

しかし、だからといって闇雲に取得したものを履歴書に書くのは良くありません。履歴書に取得した経緯や理由などを書く必要はありませんが、履歴書に書くからには面接の際に、突っ込んで聞かれることを想定し、採用担当者の興味を引くような取得理由はあらかじめ考えておきましょう。調理師免許、パソコン検定、カラーコーディネーターなど、ジャンルに統一感がない場合には、応募する企業にあったものだけをピックアップしましょう。

 

スポーツなどに関するインストラクターなどは、活発さや元気があることをアピールでき、好印象を与えることができるため、積極的に記入しましょう。武術に関する段位などは、体力に自信があること、健康に気を遣っていること、自己管理がしっかりできていることをアピールできるため、記入欄に余裕があれば書くようにしましょう。履歴書の書きについては、取得年度の古い方から書いていきます。名称は、略称ではなく正式名称で書く必要があります。

 

記入例
普通自動車免許× 普通自動車第一種運転免許○
 
10年以上前に取得したものについては書くのを控えましょう。ただ、運転免許を取得している場合には、どんなに取得年月が古くても、たとえ長い間ペーパードライバーであろうとも必ず記入しましょう。車の運転が必要とされる場面は大変多いです。そのため運転免許は、事務員でも営業でも、現在では業種を問わない必須なものであるといえます。

 


記入欄に書いても困らないものについて

pixta_tegami_03

英語検定やTOEICなどの語学関係、車の運転免許、IT関連で取得難易度が低いもの、秘書検定やビジネスの基礎関連は履歴書に書いても困ることはありません。どの仕事の面接でも突っこまれて質問されるということもありません。

 

万が一、突っこまれても、これらはどの社会でも通用するビジネスの基礎のようなものですから、会社で長く仕事をしていく上で役に立つと思い取得したという理由で通ります。ビジネスの基礎となるものは、統一感がなくても変に思われることはありません。積極的に記載することで、幅広く勉強していることをアピールできます。

 


特殊な資格や免許などを書く場合

pixta_tegami_01

一般的にあまり知られていないが、取得難易度が高い資格や免許を持っていて、それが応募する企業に対してアピールすることができるものである場合は、特記事項に詳細について記入するといいでしょう。詳細とは、どの場面で必要になるものなのかなどです。

 

加えて、取得するまでにどれほど勉強に打ちこんできたかや、試験の合格率が何パーセントの超難関であることを、データ資料として記載すると効果的です。努力によって高い壁を乗り越え、合格したという結果は向上心や忍耐力、困難に打ち勝つ力が備わっていることをアピールできます。そして、そういう人材は、どんな企業の採用担当者でも好印象を与えることができます。

 


取得予定の資格について

pixta_tegami_01

実は、まだ取得していない状態でも履歴書の欄に書いてもいいことになっています。
 
例文
現在、行政書士取得に向けて勉強中

 

予備校に通うなどして行政書士の勉強をしている人だったら、例文のように履歴書に書くことができます。ただし、この取得予定という書き方をする場合には、予備校やスクールに通う必要があるほどの難易度が高いものに限ります。独学で容易に取得できるものを書くと、逆効果になりいい印象を与えないので気を付けましょう。

 

受験した試験が自己採点で合格圏内であれば、合格見込みと書くことができ、いずれ取得しているであろうものも履歴書に書くことができます。特に書くことが少ない、あるいはない人でも、目標や学習意欲を持ち、積極的に取得するという姿勢と意思を示すことで、好印象を与えることができます。

 

だからといって、全く取得する気もないのに、意欲や向上心だけをアピールしようとして、試験に向けて勉強中などと嘘を書いてはいけません。確かに、意欲や熱意、向上心などをアピールすることは大事ですが、面接時に勉強の進行具合を聞かれて、嘘がバレてしまうことがあります。そうなると、当然印象は悪いものとなるので、本当に取得意思のあるものだけを書くようにしましょう。

 

履歴書の書き方や色々な書き方は下記の記事も参考になります♪
タイトル:ケアマネージャー履歴書の書き方
タイトル:司法修習生の就職活動における履歴書・志望理由の書き方
タイトル:学生のためのアルバイト用の履歴書の書き方
タイトル:臨時職員の履歴書の書き方

反省文(社会人)の例文とマナーと書き方

社会人の書く反省文は、学生が書くものとはやはり異なります。 また、業務の中で発生した不始末や失敗を記す書類には始末書もありますが、反省文は始末書とは少し異なります。 &...

「ひとかたならぬ」の意味と例文と書き方

最近は、パソコンや携帯電話、スマートフォンなどの普及で、メールが主流となり、手紙を書く機会がめっきり減ってしまっているといわれています。   その為、字を書く...

専門分野の書き方

就職活動の際、書類選考で自分をアピールするためのエントリーシートや履歴書はとても重要なものです。特に職歴などがない場合でも、自分が何らかの専門分野について学習し技術を身につ...

確認・念押しの言葉の例文と書き方

ビジネスの重要案件などを取引先と一緒になって進める際、仕事を進める段階で一定の区切りごとにきちんと確認を行いながら進行していかねばなりません。   取引先を訪...

お中元の礼状の書き方

  1.お中元のお礼状の書き方の基本 2.お中元の時候の挨拶の例 3.感謝の気持ちを表す文章の例 4.相手の体調を気遣う言葉としめくくりの...

ひらがなの書き方を子供に教える

保護者にとっての子供の教育上の悩みの1つにひらがなの書き方があります。いつ・どのように教えたらスラスラとキレイな文字として書けるようになるのか・書き順やどの文字から教えるべきかなど...

脚本の書き方

脚本を書くにあたって、まずは基本となるのはどのような物語にするのかということです。きちんとした話にするためには行き当たりばったりで書くのではなく、大まかなストーリーを先に決...

原稿用紙の使い方を理解し、読書感想文を書いてみよう

夏休みなどの課題として、読書感想文が出されることがあります。この読書感想文を書くことを苦手としている人も多いのではないでしょうか。そのような人の為に、読書感想文の書き方のコツについ...

補助金申請の書き方

これは補助金申請をする時に書類を確認する助成機関の担当者がこちら側の専門用語などを理解しているとは限らないからです。そのため、書き方は誰が見てもわかりやすいようにするのがコ...

新しい機械購入のための稟議書の書き方

どの会社でも、お金を使用するときには、その役職やポジションによって自由に使用してよい範囲内があります。それを超えて使用したいときには、何らかの制限を設けているものです。 &n...

スポンサーリンク