両家連名ご祝儀袋の書き方

pixta_tegami_01

結婚式にはいろいろなものが必要です。お祝いの品を送ったり、ご祝儀などを贈ることになります。このご祝儀を入れる袋をご祝儀袋といいますが、ここに贈った人の名前を書くのですが、一人なら自分の名前を書けばいいだけなのに、夫婦の場合、家族の場合はどうすればいいのか、ということをあまりわからない人もいます。そのような場合は、あらかじめどのように書けばいいのかを調べておくようにするといいです。

 

  1. 1.ご祝儀袋について知っておくといいこと
  2. 2.袋に書く名前と連名について
  3. 3.お車代や媒酌人などへの謝礼と表書き

 


ご祝儀袋について知っておくといいこと

pixta_tegami_02

まず、ご祝儀袋についてですが、袋は包む金額や贈る相手によって少し違うものを選ぶようにしておきます。結婚祝いを包むときには、右肩にのしが付いた祝儀袋を選びます。これは、のしあわび、というものを簡略化したもので昔からお祝い事に縁起の良い海産物を贈ってきた名残だといわれています。

 

水引を袋にかけますが、これは一般の祝い事は5本なのですが、結婚祝いは慶びが重なるように、という意味を込めて10本が正式なものだということです。結び方は、一度結んだらほどけないという、結び切りというものにします。のしがないものや、何度も結び直せる蝶結びになっているような祝儀袋を使うのは駄目です。気をつけるようにしておきます。

 

包み方にもルールあります。まず、祝儀袋の裏側の部分は上向きに重ねておくようにします。慶びや幸せを受けるように、という意味があるので、上向きに折り返した方を外側にし、その上に水引を掛けておくようにしておきます。また、包むお金についてですが、前もって予定されているお祝い事の場合は新札を用意しておき、それを包むようにします。
 

しわがあったり、折れているようなものは失礼にあたります。中包みの表には金額を書き、裏面に郵便番号と住所、氏名を楷書で書くのが正式な形です。ただし、中包みに金額や住所を記入する欄があるものを利用する場合は、そこに書いておくようにしても大丈夫です。それをふくさに包んで、受付であけて渡すようにします。

 


袋に書く名前と連名について

pixta_tegami_03

ご祝儀袋に書く氏名について、夫婦の場合や両家連名で書く場合にはどのようにすればいいのか、ということがわからない場合もあります。その書き方をきちんとあらかじめ調べておくようにすることが大切です。まず、夫婦で書くときには、夫の名前をフルネームで中央に書き、その左側に妻の名前を書きます。

 

夫の名の位置にそろえて、妻は名前のみにします。贈り主が3人までの連名になる場合は、贈り主のなかでもっとも格上、そして年長である方を中央に書き、順に右から左に並べて書いていくようにします。3人とも同格である場合は、姓の五十音順に右から左に並べて書いておけばいいです。

 

贈り主が4人以上の場合は、はじめに代表者の氏名を中央に書き、その左側に外一同と書いておきます。会社名入りの連名の場合は、まずはじめに代表者の氏名を中央に書いて、その左側に外一同と書きます。代表者の氏名右側に、少し小さめの文字で会社名を書いておけばわかりやすいです。

 


お車代や媒酌人などへの謝礼と表書き

pixta_tegami_01

結婚式でお車代を渡す場合、ご祝儀袋の水引の下の両家連名はどのように書けばいいのか、というと、まず、右側が筆頭になるので、新郎の氏名をはじめに書きます。それから妻、という風になるということです。

 

媒酌人やスタッフにお礼のあいさつをするときには、以前は後日訪問して渡すことが多かったということですが、最近は結婚式当日に渡すようにしておくというのが当然になってきているといいます。謝礼は結び切りの水引をかけたご祝儀袋を使用して、両家連名で書くようにします。

 

当日の媒酌のみをお願いした場合、10万から20万円ほどが一般的だということです。謝礼とは別に交通費として車代を渡すのですが、大体1万から2万円程度である場合が多いです。結婚式でいろいろと動いてくれるスタッフとしてもお願いした友人などにもお礼を渡すのですが、このときは司会を担当してくれた場合には2万から3万円、受付や会計係は3000円から5000円、撮影係は5000円から1万円が目安になっています。

 

それぞれの地域によって多少の差はありますが、それでもきちんと感謝の気持ちを込めて渡すことができるようにしておきます。このほかにも結婚式の後にお礼状などを書く場合はいくつか例文を参考にしておくといいです。また、いざというときのために心づけは多めに準備しておくようにします。

 

何も書いていない祝儀袋を用意しておくと、予想外に必要になったときにすぐに渡すことができるので役立ちます。必要になったときにすぐにお車代、お礼などの表書きを書くように準備しておくのです。3000円、5000円などの心づけの額に応じて新札も用意しておくようにすると困ることがないので安心です。ご祝儀袋と新札は本当に必要なので、銀行であらかじめ多めに準備しておくようにします。

 

ご祝儀の書き方など色々な書き方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:ご祝儀の金額の書き方:横書き編
タイトル:ご祝儀袋の書き方:夫婦編
タイトル:謝礼封筒の書き方

履歴書の書き方のポイント

就職や転職を希望している場合に、必ず必要になってくるのが履歴書です。最近では、ホームページ上の履歴書フォームに必要事項を入力して送信すればよいだけのシステムにしている企業も登場して...

貸金裁判の陳述書の書き方

貸金裁判の陳述書は、民事の訴訟で訴えた本人から提出される書類のことです。証拠の一つで、本人の署名が必要になります。決められた定義はないのですが、本人の署名と日付を記載されて...

大学AOのための自己PRの書き方:部活編

大学AO入試で必ず求められるといってもいいのが自己PRです。書くことがない、自分にはアピールすることがない、と悩む人もいるかもしれません。しかし、そんなに難しく考える必要は...

スラスラ読める文章の書き方のコツ

文章のなかには、一度読んでみてもその内容がスっと頭に入ってこないものもあります。そうした文章は、多くの場合、読み手のことを意識して書かれていません。上手な文章とは、読み手がスラスラ...

特別償却付表2の書き方

特別償却付表2は、法人税の申告を行う際に作成して申告書に添付する書類の一つで、正式には「中小企業者等又は中小連結法人が取得した機械等の特別償却の償却限度額の計算に関する付表...

台本の書き方

  1.台本の基本的な構成について 2.宛名の書き方の基本 3.台本の書き方   台本の基本的な構成について ...

研修報告書の書き方

日本語補習校で講師をする先生方にとって、そのミッションというものはとても荷が重いものともなっており、夏休み期間などを利用した研修会なども開催されています。  ...

合計残高試算表の書き方

事業を行う上で必要なのが、資産・負債を管理して財政状態を確認し、1年間の収益・費用を把握して経営成績を知ることです。これらは、毎日の伝票や帳簿への記入を経て、年度末に合計残...

論文の文章構造と書き方について

文章の書き方について書いていきたいと思います。一口に文章の書き方といっても、文章のジャンルによって、書き方は異なります。例えば、小説や物語の書き方と論文の書き方は、一見しただけでそ...

履歴書、職務経歴書には書き方のコツががあります。

履歴書、職務経歴書には書き方のコツがあります。まずは、字を丁寧に書くことです。面接官に印象の良い字を書くには字を丁寧に書き、印象をよくする必要があります。自分なりに字を丁寧に書くこ...

スポンサーリンク