履歴書の書き方(見本)

pixta_tegami_01

新しい季節になると、卒業と同時に入学、就職などをすることになる人がとても多いといいます。そこで必要になるものが履歴書なのですが、その書き方をきちんとできていない場合があります。そのようなときは、バイトや就職などの面接ではあまりいい印象をもってもらえない可能性もあります。なので、必ず履歴書をしっかりと書いておく必要があるのです。見本などを参考にして、例文と書き方を下書きしておくといいということです。

  1. 1.履歴書の役割とその効果
  2. 2.履歴書の書き方で気をつけること
  3. 3.省略、間違えてはいけないもの

 


履歴書の役割とその効果

pixta_tegami_02

採用試験の第一歩というのは書類選考からはじまります。書類選考の第一印象は、ほとんど履歴書で判断されているといってもいいということです。その書き方や書いてある内容で判断している会社はとても多いといいます。採用されるためにはしっかりとした履歴書を書く必要があるといってもいいほどなのです。

 

自分のことをアピールするためには、しっかりと基本的なことを書いておくことが大切です。まずは自分がどんな人間なのか、というのはきちんと書いておくことで、面接官に自分を知ってもらうことがあります。正しく、必要なことを書いておけば、まずは書類選考を通過することができるようになります。まずは、書類選考を通過できりものを書けるように練習してみたり、参考にできる見本を探してみることからはじめてもいいです。

 


履歴書の書き方で気をつけること

pixta_tegami_03

まずは、基本的なことから見直してみることが大切です。何が大切で気をつけておかなければいけないのかをしっかりと確認しておきます。はじめに、日付のことです。日付は必ず持っていく場合は書いた当日の日付を記入するようにします。郵送する場合は、投函する日を記入しておきます。

 

日付があまりにも古いものの場合は、使いまわしているのではないか、という考えを持ってしまわれる場合もあります。なので、その仕事の面接を受けるところにひとつひとつ新しいものを利用するようにします。履歴書にはる写真ですが、驚いたことにバイトなどにプリクラのものをはってきた人もいるといいます。これは問題外ですが、スナップ写真のものは避けるようにしておきます。

 

服装はフォーマルのものであり、3ヶ月以内に撮影した証明写真を利用するようにします。面接官や種類選考をする人が最も目につくのが写真です。可能な限り清潔感のあるものを使用するようにしておくと印象はよく感じてもらえるということです。また、中途採用の場合と新卒採用の場合とでは、いくつかポイントが異なるものがあります。

 

中途採用の場合は、学歴や職歴などの欄が、あまり行があまらないように記入するのがポイントだといいます。書く内容が足りない場合は、学歴や職歴、賞罰などのそれぞれの項目の間を1行ほど空けるようにしておきます。新卒採用の場合は、欄の空白は気にせずに職歴を記入する必要がないです。アピールしたいアルバイト歴などがある場合は、自己PR欄に記入しておきます。

 


省略、間違えてはいけないもの

pixta_tegami_01

履歴書で大切なのが学歴と職歴、そして現住所と連絡先、電話番号などです。ここを間違えてしまうとせっかくのアピールが台無しになってしまいます。まず、現住所と連絡先、電話番号ですが、絶対に省略したりしないようにしておきます。建物の名称や部屋の番号なども詳しく記入しておくようにします。

 

また、住所などでふりがなをつけるところがありますが、それは漢字の部分だけを書くようにしておきます。電話番号を書くときには、自宅、もしくは携帯電話のどちらか1つは必ず記入します。そして、大切な学歴や職歴です。学歴の1行名には、学歴、と記入しておきます。学校名は省略しない、小中学校を記入する場合は卒業した年度のみ記入するようにします。学部や学科、専攻も記入しておきます。

 

職歴も、1行名には、職歴、と記入します。それから、入社した会社を全て記入しておきます。長期の間、就業したことがあるアルバイトやパートの歴も記入しておくとアピールのひとつになることがあります。また、職歴のあとに賞罰を記入して、特になければ賞罰なしと記入しておきます。

 

自己PRや志望の動機、本人希望の記入欄などはとくに戸惑うものです。職種や勤務地などの希望を書くのが大体一般的なのですが、面接の時に質問されても答えられるように、自分の頭のなかでも整理しておくようにします。書くことがなかなかなくても、空欄にしたり、特になしというのは避けておきます。自分の実績や発揮できる能力など、ほかにも仕事に対しての思いなどのアピールしたいと思っている点について書くようにするといいです。

 

その仕事を希望している理由、志望している動機を自分の言葉で書くようにします。面接官が深く聞きたくなるように考えて書くようにしておくことが大切です。個性を出したりしすぎないようにしておきます。履歴書は間違いがないか、きちんと確認しておくようにします。

 

履歴書の書き方など就職に関することは下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:手紙の書き方:3月例文
タイトル:履歴書の書き方~就活~
タイトル:履歴書資格の書き方
タイトル:学生のためのアルバイト用の履歴書の書き方

法人の別表5の書き方 消費税の損金算入

法人税申告書には別表というものが存在しており、別表5は租税公課の納付状況等に関する明細書のことを指します。   1.法人が確定申告時に作る書類で...

取材依頼文の書き方

取材依頼文を書くに当たっては、書き方以前に、完成品はどうなるのかということを想定した上で、企画を立てる必要があります。   1.企画立案と取材対...

前職の年末調整の書き方

  1.年末調整とは 2.年末調整の対象となる従業員 3.年末調整の対象とならない従業員 4.前職がある場合はどうなるの? 5.源泉徴...

訃報の書き方:密葬

訃報を書く前に前に、密葬とはどういう葬儀形式なのかを、確認しておきましょう。一般的に家族葬と取り違えられやすいのですが、密葬とは、遠隔地での不慮の事故の場合など、やむなく密...

札の書き方:社名

慶事と弔事とを問わず、会社から先方へ花を贈る時には、社名を入れた立て札を添えて贈ります。単純に花を贈るだけでは、受け取る方にとっては、どこの誰から送られたか分かりにくいもの...

退職届の受理の書き方

現在勤めている会社から退職したい時は退職届を提出しなければなりません。しかし、退職届を出したからと言って必ずしも受理されるとは言えないでしょう。   ...

結婚 祝いの書き方

祝儀袋の選び方や表書きをどのようにしたらよいのか自信がないという方もいらっしゃるでしょう。祝儀袋は文具を扱っているお店で買うことができますが、さまざまなものがあります。 ...

家電リサイクル券の書き方

  1.家電リサイクルとは 2.家電リサイクル券とは 3.家電リサイクル券の書き方 4.家電リサイクル品の回収方法 5.家電リサイクル...

書き方と持ち方について

文字の読み書きは、教育の基本です。特に文字を書くことは、読むことと比べると難しく、教える側にとっても簡単ではありません。なぜなら、文字の形を教える以前に、まずは鉛筆など書くものの持...

手紙の書き方~女性~

手紙を書くときには、ビジネスのときに使用できるものとプライベートのときに使用したほうがいいものがあります。書き出しも季節ごとに違うものだということです。その時期にあった言葉...

スポンサーリンク