年賀状の書き方

pixta_tegami_01

年末になると恒例となっているのが、年賀状というものでこれはお世話になっている友人や、仕事仲間などに送るというものであり感謝の気持ちを伝えるものとして、定着されています。いつも何気に書いている年賀状にも、基本的な書き方というものがあるので、それを参考に書いていくと間違った書き方が無くなりますので、そういった例文なども参考にしてみるというのも、良いかもしれません。

 

  1. 1.普通の官製はがきに書く場合
  2. 2.基本的な年賀状の書き方
  3. 3.年賀状の基本的なマナー
  4. 4.年賀状を書く上でその他の注意点
  5. 5.手書きと印刷などメリット、デメリット

 


普通の官製はがきに書く場合

pixta_tegami_02

おもて面の切手の下の方に年賀と表記をしておく必要がありますので、出す際には書き忘れることなく必ず書いておくようにしましょう。そうでないと、早めに出しておいたら普通郵便と間違えられて、早めに届いてしまうという可能性もありますので、気をつけましょう。

 


基本的な年賀状の書き方

pixta_tegami_03

書き方としては、文頭には賀詞を大きめに書いて無事の年越しを喜ぶ言葉、日頃のお付き合いなどの感謝の気持ちを簡潔に記し、今後の指導や変わらぬ親交を願い相手の健康や幸福を祈り、日付を年号から書くようにします。パソコンなどで印刷した物ですと、最後に自分の言葉で一言小さめに添えておくようにしましょう。

 


年賀状の基本的なマナー

pixta_tegami_01

年賀状というものは書き方としては、マナーが沢山ありますので、そういった事を守るようにすると良いものが書けるのではないでしょうか。今では電子メールという便利なものが出来ていて、書くということが減ってきてしまっていますが、ハガキを貰うということは心のこもっている感じがしますので、送る方ももらう方も嬉しいものです。

 

書くにあたって、色々と気をつけなければいけない事は、縁起の悪い言葉を並べるという事は、控えておくようにしましょう。去年の去という言葉は、去るという意味を持ちますので良い意味ではありません。そして、同じ言葉を重複させないということも重要になりますので、言葉は考えて書くようにしましょう。

 

新年明けましておめでとう、という言葉は新年と明けましてという言葉が同じ意味になります。こういった似たような言葉を並べるというのも、あまり良くない書き方ですので気をつけましょう。

 

手書きなどをすると更に、味が出たものを作ることができますので、こういった事も色々と考えて作成していくと、とてもユニークなものが出来上がるのでは無いでしょうか。文字だけでなく、その年の干支の動物の絵を添えておくというのも、何時に届いたものなのかという事が分かって良いですので、そういった工夫をするということも良いかもしれません。

 


年賀状を書く上でその他の注意点

pixta_tegami_01

親戚や友人に出すというのは、普通に出すのが良いですが、仕事の上司などに出すというのであれば更にきちんと書くようにしておかないと、注意を受けてしまう可能性がありますので、気をつけたいところです。電子メールで送って済ませるという人が多くなっている中、年賀はがきというものを貰うと何だか安心した気持ちになりますので、そう言ったことを途絶えることなく続けて行けるという事が出来たら、嬉しいですよね。

 

正月に届くように出すというのが、一般的であると言うイメージを持ちますが、案外そうでもなく多少過ぎてしまっても7日までに出すようにすると良いとされています。それまでに間に合わないのであれば、寒中見舞いとして出すようにすると良いでしょう。

 

毎年の行事ですので、年賀葉書を購入したら早急に出すことを、考えていますが忙しくてなかなか書けないとなると、どうしても遅くなってしまいます。そう言った時は仕方がないですので、少し遅れてでも上司の方には出すようにしましょう。

 


手書きと印刷などメリット、デメリット

pixta_tegami_01

今の時代では手書きというものがあまり無くなり、パソコンで手書き風に書かれたものを印刷して出しているという人が、増えています。出す人数が多いですと、手書きにしてしまうと大変なことになってしまいますので、そういう時はパソコンでやる方が時間もかかりません。

 

ですので、出す人数が少ない場合には手書きにしてみるのも、オリジナルのものが作れますので、良いのではないでしょうか。オリジナルのものを作るというのも、大変ですがもらう方にも心が伝わりますので、印刷をしたものを送るのではなく手書きにしてみましょう。

 

送ることがなくなってしまうと、毎年来ていた年賀状が突然来なくなると、どうしたのかと気にかけてしまいますので、送ったり送らなかったりすると言うのも、良いですのでなるべくお世話になっている人には、毎年年賀状は送るようにしたいですね。

 

メールというものを利用するのも良いですが、いつもメールをしているのであまり、貰ったという感覚もありません。ハガキですとそういったものが形で残りますので、見たい時にまた見れるということが、良いところです。

 

くじ番号も付いているものですと、年明けにはお年玉で懸賞が当たったりしますので、番号を調べてみるのも楽しみの一つです。滅多に良いものは当たりませんが、当たった時はやはりハガキというものは良いなと、実感できるでしょう。

 

年賀状の書き方など色々な書き方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:災害に遭われた人への年賀状の書き方
タイトル:年賀状の書き方とマナー
タイトル:お年玉袋の書き方

防火管理者届の横浜市の書き方例

消防法の第8条では、病院や学校、工場、大規模小売店舗など、複数の目的で使用されたり、多数の人が日常的に居住・勤務・出入りする防火対象物については防火管理者を選任し、これを所...

会葬者名簿の書き方:金額の欄

通夜やお葬式に行くと、まず受付で住所や名前を記帳することになります。それはどなたが会葬してくださったのかを知るためです。   1.会葬者名簿の意...

純損失の金額の繰戻しによる所得税の還付請求書の書き方

株式会社や有限会社といった法人を設立していない個人事業主であっても、税制面で優遇されるために活用される青色申告。そのいっぽうで白色申告よりも詳細に申告しなければならず、...

ポップ書体の書き方

  1.必要な道具を揃えよう 2.まずはマーカーに慣れよう 3.数字を書いてみよう 4.カタカナ、ひらがな、漢字 5.ポップ書体をより...

評価育成システムの書き方

会社にとって有望な人材を育てるにはきちんとした評価育成システムを導入することが必要です。教職員にも活用することができ取り組み状況を適切に記録、評価してその結果に基づいて指導...

「ご多様・ご多忙・お忙しいところ」の違いと使い分け方と書き方

先方に対して用件を伝える場合、あるいは、依頼などの本文に入る前の前置きとしてや詫びとして、使う言葉では「お忙しいところ申し訳ありませんが」や「お忙しいところ恐れ入りますが」という文...

紹介状の書き方~就職編~

紹介状とは,取引先や取引希望者、業者など他者に人物や会社、商品、サービスなどを積極的に紹介したり、推薦する依頼書面です。送る文章で送り先が違えばその中身も変わってきます。近...

理事長の辞任届の書き方

理事長とは、学校法人や様々な社会法人などのトップのことを示します。どちらかというと、学校法人の場合が多いのではないでしょうか。学校法人のトップは、激務という訳ではないでしょ...

年賀状の書き方について

毎年、年末の恒例行事として気になり始めるのが年賀状です。最近は、年賀状を書くよりも、手っ取り早くメールで済ませるという人も多くなってきており、実際ビジネスの担当者間でも、やり取りが...

図表資料型の小論文の書き方

このタイプの問題形式では、特に図表にこめられた「出題者の意図を汲み取る」ことが解答者には要求されます。以下に汲み取る方法をあげ、文の書き方を説明します。  ...

スポンサーリンク